Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



今朝の夢


猿沢池南側の橋の上から。

昨日から、
絶え間なく降り続いていた雨なのに、
率川(いさかわ)の流れは、
意外に穏やかです。

源流は春日山で、
飛火野を横断する小川が、
荒池・鷺池(さぎいけ)の「ため池」を経て、
ここまで続いています。

<追記>
@sarukame999さんより、下記情報を提供いただきました。感謝です。m(__)m
率川の水って、あのあたり実は二重構造になってますよ。「川底」の下にもう一つ暗渠があって主流はそちら。「川」の方に綺麗な水が流れるようになっているようです。鹿男に出てた飛火野の真ん中の小川の方は、いろいろ経由して猿沢池に入って来ているそうです。



船に乗ったたくさんのお地蔵様は、
明治時代の廃仏毀釈(きしゃく)の際、
川に捨てられ、
そのままずっと、あの場所にいらっしゃいます。



率川とはつながっていない猿沢池のほうは、
お抹茶色の水位がいつもより少し高くなってました。





中型くらいのサイズの亀たちが、
いつもの調子で、池の木に並んでいましたが、
あとは、
池の底でジッとしている模様。



今朝、猿沢池のこの亀さん達が、
私の部屋に団体で、
ドカドカ訪ねてくる夢を見ました。

「いきなり訪ねて来るなんてどういうつもり?」と、
夢の中の私はかなり怒ってましたが、
「じゃ、事前に連絡してきたらOKだったのか?」と、
リーダー格の亀に問い返されて、
さらに困ってしまう…という難儀な話しでありました。


【関連過去記事】
私財投げうって造った嶋嘉橋






猿沢池の亀の冬眠


猿沢池の亀たちが、
続々とおやすみモードに入っている様子なので、
一応、
記録として、
猿沢池付近の画像をアップ、プ、プー。

















亀たち、
池の底で眠りについている様子。
概ね姿を消しています。


でも、体格の立派な亀は、
寝つきが悪いのか、
じゃなくて、多分寒さに強いんでしょうか、
結構いつまでも起きてるみたい(?)


聞くところによると、
亀は、だいたい気温15〜10度で、
冬眠準備に入るそうです。


他にも、ネットでいろいろ検索してみると、
亀の冬眠、
思うほど暢気なものではないらしく…、

体調が整わないまま、
うっかり寝入ってしまうと、
そのまま永眠…ってことになってしまうこともあるのだとか。





本人は、普通に眠ったつもりが、
そのまま昇天…って、
個人的には、ちょっと憧れたりしますが。

いずれにせよ、
こんな風に、
亀の冬眠を確認できる日常は、
かなり幸せなことです。

生活全般、
何らかの緊張感を強いられているような状態だったら、

えっ、亀?

亀の冬眠なんて知ったこっちゃないよ!

ってことになりますからねぇ。


穏やかな日常に感謝です。

そして、
隣国の砲撃戦。
犠牲になった方のご冥福をお祈り致します。















気持ち良さそう〜


朝の猿沢池…。

今日も、暑くなりそ〜






亀さんたち、

スイスイ、池の中で、気持ちよさそう〜










トラちゃんたち、

ヒンヤリ、木陰で、気持ちよさそう〜






暑くても、いつものように、
ぴったりくっついているところが微笑ましい♪







鹿と亀と猫と鴨の日


今日のあまりの暖かさに、
お社にゃんこ達は、
いつもの「お供ポジション」」から抜け出して、
こんな場所で、昼寝しちゃってます。
いつものポジジョンはコチラの過去記事で(一目でわかるお社ニャンコの真実)






そういえば、



春うららな今日みたいな午後は、

きっと

彼らも目覚めてるかも!?


…と思いつつ猿沢池に行ってみると、


やっぱり、


一匹のさん、冬眠から目覚めてました♪



そうか…、

やっぱり体が大きいコは(頑丈だから)早起きなんだなぁ…と、

南側にまわってみると、





うじゃ〜と、てんこ盛りの亀さんたち、

いっせいに冬眠から目覚めてました
。笑




そして、後ろを振り向くと、

この陽気で、半分眠っているような、

据わった目つきの半眼でこちらを睨む牡鹿



あ、すいません、お昼寝の邪魔して。

どうぞ続けてください昼寝。



それで、

もう一回、猿沢池の水面に、

視線を投げかけてみると、


一心不乱に身繕いする



まわりに、いっぱい羽が飛び散ってますけど、そんなに抜いちゃって大丈夫なんですか?



で、ふたたび後ろを振り向いて、

トラちゃんをさがしてみると…

薄目をあけたまま昼寝しているお友達ニャンコ



その横には、

お団子のように丸まってすやすや眠るトラちゃん発見






よし、よし、みんな元気なんだね。


深い満足感に包まれた幸せな午後のひとときでした。









ストレッチ亀とアンビバレントな気持ち


今朝、猿沢池を通りかかったら、

朝日に向かって、

亀さん、気持ちよさそうにストレッチ体操してました。




それにしても、

今朝も、

まるで「えっ秋?」ってくらい、

早朝は涼しくて、そよ風も気持ちよくて、
(今は、すでにもぅ炎天下ですけど)

小さく波打つ猿沢池の水面が、

キラキラ光を浴びて美しく輝いてました。



小刻みに震えて光るさざ波が、

美しくて、

じっと見つめていたい感じ。




でも、

じっと見つめていると酔ってくる感じ


|||[◎ρ◎;]|||


見つめていたいぃ〜、

けど、

酔って気分悪くなるぅ〜、


アンビバレントなこの気持ち…。

悩ましい朝でした。






愛情表現




どんより曇り空の今日の猿沢池は、なぜか、とっても抹茶色!

今朝も、いつものように、

亀さんたちの様子を観察しました。




まるで、再会を喜びあうかのように、

両手を広げつつ、

真正面から接近する二匹。




そのままの勢いで、
 
小さいカメが、大きいカメの頭を、

両手でしっかり…





押さえつけてました。




それぞれ、愛情表現は、千差万別ですよね?






ひそやかな闘い


今日の猿沢池は、一段と美しい夕焼けでした。



そんな静かな池の水面下で、

ひそやかに、

大きな鯉小さな亀との、

餌を巡る 激しい戦いが繰り広げられていたのであります。



チビ亀さんも、結構がんばっていたのですが、

やっぱり、鯉の圧勝でした…。


餌を食べるときの鯉の口って、
大きいですよね。ちょっとグロテスク…。(>_<)






浦島太郎のその後


ここは再び郡山市。

バタバタな日々で、
気がつけば夕暮れ…。






奈良町に行って、
トラちゃんに会いたい!

お水取りにも行きたい!





でも、行けない(涙)


ぐちぐちぶつぶつ、ふて腐れて歩いていたら、
龍宮城(?)みたいな場所に導かれました。

浦島太郎さんが、ひょっこり亀に乗って、
現れそうな感じです。

急いでいたので、
詳細は不明のままなのですが、
とにかく、あでやか…。



そういえば浦島太郎って、
いじめられていた亀を助けたお礼だとかで、
竜宮城で、呑めや歌えの大騒ぎ、
けど最後に、おじいさんになってしまって、
まったくひどい話…

と思っていたら、

なんと、そのあと
まさかのどんでん返しで、
ハッピーエンドだったそうです。


縁起物
祝い事で「鶴」と「亀」を縁起物としているが「鶴」は浦島太郎、「亀」は「乙姫(亀姫)」で一般に知られているおとぎ話の後に二人が再会し、末永く暮らしたため縁起物にされたとも言われている。
Wikipediaより


ヨカッタですね。
やっぱり、
何かと、せちがらい世の中ですから、
おとぎ話くらいハッピーエンドがいいです。


しかし、

亀姫って、いったい…
ビジュアル的に、
どんなお姫様なんでしょうね?(笑)

十二ひとえを羽織った亀さんの図を、
今、私は、思い描いてます…。



また時間があれば、じっくり調べてみたいと思います。(笑)


⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら

応援してね♪



昔々浦島は
助けた亀に連れられて
竜宮城へ来て見れば
絵にもかけない美しさ

乙姫様のごちそうに
鯛やひらめの舞踊
ただ珍しくおもしろく
月日のたつのも夢の中

遊びにあきて気がついて
お暇乞い(おいとまごい)もそこそこに
帰る途中のたのしみは
みやげにもらった玉手箱

帰って見ればこはいかに
もといた家も村もなく
みちに行きあう人々は
顔も知らない者ばかり

こころぼそさにふた取れば
あけて悔しき玉手箱
中からぱっと白けむり
たちまち太郎はおじいさん







亀と鴨と梅


昨日・今日と、奈良は寒いです。冷や汗

でも寒さに負けず、今日もトラちゃんを捜しに、
夕暮れの猿沢池をうろうろ…。





こんな雪が舞うような日に、
まさか亀さん冬眠から目覚めてないよね〜って、
思いつつも、念のため猿沢池の亀チェック

すると…

なんと冬眠から、目覚めてました拍手 一匹だけ

なんだかんだ言ったって春はもうすぐなんですねぇ〜。



鴨ヒナが、珍しそうに寝起きの亀を見つめています。(笑)



↑この鴨のヒナがですね、
私は、大好きなんです。

なぜか?って、

それは、いっつも元気いっぱい、
まるで、
「もう生きてるのが楽しくって仕方がないよ〜」って、
叫んでいるような鳴き声で、池の水面を走り回ってるから。(笑)

つられてこっちまでウキウキ気分になってきます。

おまけに、潜水もたいそう上手で、
水中に潜った!かと思えば、
まるでモグラ叩きさながら、
とんでもない場所からひょっこり顔を出す!楽しい

猿沢池のほとりで、
飽きずに眺めている人は多いので、
結構、鴨ひなファンの方たくさんいらっしゃるのでは?と思います。




ついでに片岡梅林まで足を延ばしました。
一部の白梅が美しく咲いていましたが、
全体的な、
開花の見ごろはもう少し先です。
片岡梅林案内HP



それにしても、
冷え切った空気で頭がスッキリ。

いい感じで、気分が引き締まりました。


関連過去記事
甘えっ子亀と、甘えっ子バンビ
トラちゃん動画 【番外編】 チャレンジャー亀くんの軌跡
紅葉と亀さんの冬眠
亀のサギ事件
亀のカモられ事件
今日も亀
踏みつけられても…II






⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら


励みになります♪


================================
本日のトラちゃん情報


トラちゃん不在。
================================






亀のお目覚めは?


猿沢池の亀の冬眠からのお目覚めの時期が近づいてきました。

夕暮れの猿沢池を眺めながら、

今年はいつ頃かなぁ〜と

様子を伺ってみましたが…。
まだまだ、ぐっすりお休み中の気配です。



【なら散策】記録によりますと、
昨年は、2月7日に、すでに、
早起きの亀が猿沢池の水面に顔を見せていました。



が、
今年は、まだまだ、まったく気配もありませんねぇ〜。



そういえば去年の今頃はすでに春みたいな陽気で、
気持ち悪いくらい温かでした。
一ヶ月くらい早めに勘違いした亀も多かったのかもしれません。

今年は厳しい冷え込みですが、
冬は冬らしく寒いほうが安心ですね。



関連過去記事
甘えっ子亀と、甘えっ子バンビ
トラちゃん動画 【番外編】 チャレンジャー亀くんの軌跡
紅葉と亀さんの冬眠
亀のサギ事件
今日も亀
踏みつけられても…II






⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら


励みになります♪


================================
本日のトラちゃん情報


昨年、亀が目覚めた日、
トラちゃんは、テクテク散歩してました。
今年は、どこに行ったのかなぁ〜(涙)

================================






キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM