Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



新緑の5月後半のイベントあれこれ並べてみました。


なんとなく目まぐるしい日々。



でも、
いつのまにか、
日照時間がぐんと長くなり、
お散歩が楽しめる時間拡張で、
さわやかな季節、
夕暮れ奈良散歩を満喫しやすくなりました。
嬉しいですね。



そんな清々しい季節の奈良を満喫するために、
手元に、
奈良の伝統行事・イベント告知のリーフレットがいくつかあるので、
並べてみます。
ぜひ、ご参考になれば…。

画像クリックで、
各関連サイトに飛びます。



薪御能 春日大社・興福寺
5月第3金・土曜日
(平成23年度からの「薪御能」の日程が変更になっています。)
さくら若葉が目にしみる五月、「薪御能」を春日大社舞殿・若宮社及び興福寺旧境内(奈良県庁前登大路園地) にてとりおこないます。夜空に映える薪火の輝き、自然の織りなす舞台の美しさ、そこにくっきりと浮き彫りにされる能のゆかしさは、見る人を幽玄の世界へ誘い入れることでしょう。
会場 奈良県奈良市上三条町23-4 薪御能保存会
奈良市観光センター案内より引用転載
料金 4,000円(1日協賛券)
問合せ 奈良市観光センター 0742-22-3900(平日のみ)





ならまちナイトカルチャー
平成23年5月17日(火)〜5月29日(日)
江戸時代から明治にかけての町家の面影を伝える「ならまち」で楽しく夜のひと時を過ごしていただく催し物です。
日替わりで伝統芸能を鑑賞でき、土曜日には併せて工芸体験も お楽しみいただけます。
案内より引用転載
■奈良の舞妓と奈良の唄 500円
■落語鑑賞(ならまち芸能企画研究会)500円    
■狂言鑑賞(大藏流狂言会奈良篠基会)1,000円
■雅楽鑑賞(奈良雅楽アンサンブル)500円
■奈良の民話ミュージカル絵巻(劇団良弁杉)500円
■ならまち能鑑賞(金剛流シテ方植田恭三師)500円
詳細はコチラ





誕生!中国文明
平成23年4月5日(火)〜平成23年5月29日(日)
紀元前2000年頃から12世紀までに、実に3000年以上の間、中国の政治・経済・文化の中心地があった河南省。そこに生まれた文明の軌跡をたどります。公式サイトより引用転載
こちらの展示は、私、先日観てきました!
へんてこな動物がいっぱい展示されていて、相当楽しかったです。
近いうちに、へんてこ動物の私の変なイラストとともに、感想をアップしたいデス。





第2回あるくん奈良まちなかバル
平成235月20日(金) 午後6時から
平成235月21日(土) 正午から
JR奈良駅・近鉄奈良駅周辺の参加協力飲食店
「バル」とは…
スペインの食文化を代表する「バル」を奈良のまちなかに再現し、お店が出す「ワンドリンク+各店が趣向を凝らした1品」をハシゴして歩くイベントです。
詳細つづきはコチラの公式サイトへ







他にも…


■■■ 5月の歳時記 ■■■

5月15日
珠光忌/称名寺
侘茶の祖とされる村田珠光ゆかりの寺。当日は茶席が設けられ、接待が受けられます。
詳細はコチラ


5月19日
うちわまき/唐招提寺
中興の高僧、覚盛の高徳をしのぶ法要。当日は各地から奉納された団扇や寺内で正月から準備された除厄の団扇数千本で講堂内を荘厳し、一山の僧侶により法要がおこなわれ、中庭では舞楽の奉納がある。午後3時から祈願のこもったハート型の団扇が鼓楼から参拝者にまかれる。この団扇は、雷難・火難などの魔除けとしたり、農家では、害虫除けにと苗代に立てたりする。 (現在うちわまきは、午前9時から先着100人に参加券を配布し、午後3時から200本限定で国宝の鼓楼からまかれます。また、配布の1500本は抽選で午後3時まで抽選券を配布。「うちわまき」終了後、当選者を発表します。
詳細はコチラ


5月28日
業平忌 /不退寺
不退寺を創建したと伝えられる在原業平の命日。本堂内に業平画像をかかげ、キショウブ・カキツバタなどを飾り遺徳を偲ぶ法要が行われます。また、重文の多宝塔も特別公開されます。
詳細はコチラ




おっと、忘れてはいけない。
マダム千代さんおススメのタンゴも是非♪
(以下再掲載)












病院の桜




満開の濃いピンクの桜、
可憐です。



でも今日は、
お花見じゃなくて、

助けを求めて、

この桜の木のたもとに立っていたのでした。

ここは、
かの有名な「天理よろづ相談所病院」。




というのも、
今朝、
激しい胃の痛みとともに目覚め…、
胃薬をのんでもまったく効く気配もなく、

救急車を呼ぶほどにではないにしろ、
月曜日まで、
この痛みを我慢するのは絶対無理!
気が狂いそう〜、
泣きそう〜
痛い〜



そんな状態で、
当初、市立奈良病院に問い合わせたのですが、
「停電のため今日は救急外来受け付けません」と言われ、

じゃあ、
次はここしかない!ってことで、
天理よろづ相談所病院に電話した次第。

その時、
「救急外来は研修医が担当しますがよろしいですか?」と念押しがあり、
「この痛みをとめる薬をもらえるなら、まったくかまいません!」って、
文字通り苦し紛れで叫んだ私でしたが…、




が、しかし、
診察してくださった先生は、
実に丁寧な対応で、
すでにそれだけで、
スーッと痛みがやわらいでいくような親身な問診。

いくつか検査してもらい、
お薬も頂き、
今は、痛み完全におさまってます。
(今後、何回か通院しなくてはなりませんが。)




思えば、
はじめて、
こちらの病院にお世話になったのは、
もう15年以上も昔。
看護師の知人からこちらの病院を勧められ、
その時は、
簡単な外科手術を受けました。

はじめて天理の街を歩いたときの
異国に来たような楽しさ、
忘れられません。

すれ違う人たち、
天理教信者の方の黒いはっぴ姿だらけで、
むちゃくちゃたまげました。

そこらじゅうに当たり前に見受けられる
「ようこそおかえり」の看板も
当時の私には意味不明で、
いちいち立ち止まって眺めたものでした。

普段、
風邪ぐらいの不調なら、
近所の個人病院で済ませますが、
天理よろづ病院は、
いざというとき、
たよりになる総合病院です。


ちなみに、

下記サイトは、
夜間・休日に診てもらえる病院が検索できるサイト。
↓↓↓

奈良県内の病院・診療所・歯科診療所・薬局・助産所を検索できる情報サイト




休日・夜間の緊急事態には下記の電話が便利です。
「救急車を呼んだ方がいいのか?」
「医療機関にかかった方がいいのか?」など、
奈良県民の救急医療に関する相談に相談員と看護師さんらが、
24時間体制で対応してくれます。
------------------------------
奈良県救急安心センター

ダイヤル#7119
------------------------------


花冷えの今日、
被災地の避難所では、
じゅうぶんな医療設備もないまま、
痛み・不調に耐えている方々が大勢いらっしゃるんだって、
頭をよぎります…。






奈良の朝満喫 ガイド付きツアー『 鹿よせと東大寺 』


奈良公園の朝…。

なにしろ、気持ちいいです。





はじめは、
凍えそうな身体に、
ムチ打つように震えながらテクテク歩きだすのですが、

だんだん、
奈良公園のあらゆる動植物が、
こちらに「おいでおいで」と歓迎して、
手招きしてくれているような、

そんな気分になって、

そのうち、
体も少しは寒さに慣れてくる。






夜中の間に、
奈良公園を歩きまわっていたに違いない大きな樹木も、
もとの位置にちゃんと戻っているし、











鹿たちも、
朝陽に目を細めながら、
「おはようさん…」
なんて、
落ち着きはらった口ぶりで、
挨拶でもしてくれそうな気配。









そんな奈良の朝、

飛火野の鹿寄せから東大寺までの、

黄金お散歩コースを詳しいガイドさんが、

道案内してくれるという

素晴らしい企画があるようですよ。↓↓↓


■開催日 平成23年2月の毎曜日(6日・13日・20日・27日)
■参加費 無料
■場 所 奈良市観光センターに集合
■定 員 20名 自由参加(事前の申し込みは不要。)
■出 発 9:30 (9:15から受付、定員になり次第出発)
■コース 約3.5km・約2時間
奈良市観光センター→飛火野(鹿よせ)→東大寺(南大門→中門→鐘楼→二月堂→法華堂(三月堂)解散)
詳しくは、下記サイトをご覧ください。
↓↓↓
ガイド付きツアー『 鹿よせと東大寺 』



【飛火野の鹿寄せ 関連過去記事】
奈良 初冬 朝の60分散歩 高畑界隈・ささやきの小径・飛火野の鹿寄せ
(高畑→ささやきの小径→春日大社参道→飛火野→鹿寄せ)






たとえば、コタツで便利な簡易ゴミ箱のつくり方


気象庁の発表によりますと、
年末年始の30日頃から来月2日頃にかけて、
日本付近は強い冬型の気圧配置らしいですね。

そうなると、
もぅ、コタツにでも入って、
とことん、まるで石のように動かないまま、
ボーっとしたいなぁ。

2011年のお正月(必要最低限のことだけして)、
バタバタせず、のんびり優雅(?)に、
それでいて(今まで通り)質素に、
すでにある小さな幸せを、
せいぜい愛しみながら、(?!)

これまで以上に、行動範囲せまく、
「井の中の蛙 大海を知らず されど空の青さを知る」の、
心もちでいきたいです。


そして、

そんなくつろぎの時間、手元にあると便利なのが、

折り紙でつくる簡易ゴミ箱 !。

ミカンの皮や、お菓子の包み紙、とりあえず、ここになんでも放り込む!笑




伝えたかったことは、
来年は寝正月でいきたいです…ということでした〜。






除夜の鐘がつけるお寺情報




1日3食ケーキを食べたら、
いったいどのくらい太るのか、
気になってしかたがない2010年、年の瀬です。

(知人からのまた聞きですが)
南極の隊員さんは
1日6000カロリーを摂らないと
極寒のなか、身体がもたないそうです。

そういう意味で、
昨日・今日の奈良は、
最低4000カロリーぐらいは必要だったんじゃないか?!
…と思うくらい寒かったので、
案外、太ってないんじゃないかと、
かすかな望みを抱いています。

その考え方で、
今も、カロリー消費量を少しでも増やすために、
寒さに震えながらパソコンに向かってます。
(これで、風邪ひいたら、ほんとバカですね。)


ま、
そんな、こんなで、
クリスマスも過ぎれば、
気分は、いっきに大晦日。

大晦日の奈良の「除夜の鐘」情報を調べてみました。

寒さに震えながら、
108つの除夜の鐘で、
心を改め、
清々しい気持ちで新年を迎えるとともに、
ダイエット効果も見込まれます。(?)


東大寺(奈良市雑司町)
23:00から整理券配付。先着約800人。
8名ほど組になって鐘をつく。
元旦0:00から大仏殿中門を開扉。8:00まで無料で参拝。
http://www.todaiji.or.jp/contents/function/01zyoyanokane.html

興福寺(奈良市登大路町)
南円堂と菩提院の二か所で各100人。23:30から整理券配付。
   
薬師寺(奈良市西ノ京町)
23:00頃から整理券配付。5人1組でつく。
当日写経した人が優先。参加者には焼き餅のふるまい。
http://www.nara-yakushiji.com/contents/nenmatunensi/nittei.html

唐招提寺(奈良市五条町)
先着108人。23:00頃から整理券配付。23:30頃開始。

般若寺(奈良市般若寺町)
希望者全員。23:45頃開始。午前1時頃まではお茶の接待。
当日は、本堂も無料拝観。

西大寺(奈良市西大寺芝町)
希望者全員。23:30頃開始。愛染堂前では甘酒のふるまい。

長岳寺(天理市柳本町)
先着106人。23:00時から整理券配付。23:30頃開始。

安倍文殊院(桜井市阿部)
希望者全員。23:45頃開始。

室生寺(宇陀市室生区)
希望者全員。元旦0:00開始。

岡寺(高市郡明日香村)
希望者全員。23:50頃開始。

飛鳥寺(高市郡明日香村)
希望者全員。23:30頃開始。

金峯山寺(吉野郡吉野町)
希望者全員。23:40頃頃開始。

帯解寺(奈良市今市町)
希望者全員。23:00過ぎ開始。
参拝者に福酒がふるまわれる。0時過ぎより、本堂にて修正会厳修。

聖林寺(桜井市大字下)
希望者全員。23:00開始。


年越大祓式

春日大社
身についた罪や穢れを祓い去り、新年を清らかな心身で迎える神事。
12月31日15:00〜
春日大社内 祓戸神社前




※ネットや、地域情報誌などで調べましたが、
 媒体により開始時間等、内容が異なっている場合がありました。
 お出かけの際は、目的のお寺の情報をご自身で再確認くださいませ〜。

詳しくは、→奈良県観光情報






浮見堂は工事中です。


これも、
17日の朝の散歩の続きなんですが、
おん祭 飛火野で待ち伏せの朝
おん祭 17日の興福寺猿沢池 午前と午後
おん祭 稚児流鏑馬(ちごやぶさめ)


浮見堂が工事中でした。

結構、長くかかりそうな、
大規模な修理のようです。

冬の奈良の観光コースに、
浮見堂を考えていらっしゃった方、
ご注意くださいませ。





鷺池に浮かぶ檜皮葺き(ひわだぶき)、
八角堂形式(六角形)のお堂は、
奈良公園観光の重要なスポット、
私のお散歩の憩いの場!なので、
とても残念ですが、
老朽補強は重要ですから、
しばしの我慢ですね。  


























ところで、
可憐なピンクの花を長らく楽しませてくれた鷲池の「サルスベリ」。



ほんとに、
お猿さんが、
滑りそうなくらいスベスベツルツルになるんですねぇ。



やけに納得して、
何度もツルツル撫でてしまいました。笑










12月の社寺行事


今年もあと3週間ほど…。
気を引き締めて悔いのないように、
過ごしたいものです。

そして、
師走の気忙しさに、
のみこまれそうになったときのために、
12月 大和路社寺行事を、
一覧にしてみました。






春日大社 平安の正倉院-花開く舞楽の美-
http://www.1300.jp/event/detail/yamatoji/yeve100630-26.html
〜1月16日


東大寺二月堂仏名会(ぶつみょうえ)
http://www.todaiji.or.jp/contents/function/
12月14日(火)8:30〜


唐招提寺 お身拭い
http://www.toshodaiji.jp/
12月15日(水)9:00〜


東大寺 良弁忌(ろうべんき)
http://www.1300.jp/event/roam/yamatoji/shaji/17.html
秘仏開扉 良弁僧正坐像
12月16日(木)






春日若宮 おん祭り
http://www.kasugataisha.or.jp/onmatsuri/
12月15日(水)〜 12月18日(土)
春日若宮おん祭 「お渡り式」12月17日(金)の交通規制


正暦寺 冬至祭
http://www.asahi-net.or.jp/~id9s-mti/shouryakuji/page_toujisai.html 
12月22日(水)10:00〜14:00


薬師寺 お身拭い
http://www.nara-yakushiji.com/guide/gyouji.html
12月29日(水)13:00〜


春日大社 年越大祓式(としこしのおおはらえしき)
http://www.kasugataisha.or.jp/calendar/winter12.html
12月31日(金)15:00〜






鹿寄せ
http://naradeer.com/event02.htm
〜12月14日(火)9:30〜(約15〜20分)








飛火野のはじまり


JR駅構内で入手できるパンフレット「奈良を習おう」が、
毎回楽しみです。

定期的に発行されるのですが、
いつも、
工夫をこらしたイラストと、
お話の組み合わせで、
絵本仕立てになっています。

読み応えありますよ。

今回のテーマは、
「いまとむかしが、つながる旅へ。」

「あなただけの
 奈良、
 呼び覚まそう。」

奈良・天理・十津川・桜井・橿原
それぞれのエリアにまつわる神話・伝説が、
写真とイラストの印象的な合成画像とともに、
掲載されていました。

たとえば、
奈良エリアは、
・飛火野のはじまり
・東大寺の大鐘




今朝、JRを利用したとき、
奈良駅構内にたくさん並んでいました。



右の「知れば知るほど奈良はおもしろい」のほうの中身は、
平城遷都1300年祭公式ガイドBOOK(10・11・12月 )と同じ内容のようです。
(多くのファンの方がさがし求めているであろう、堂本剛さんのあのインタビューも掲載されています。)







光モノでウハウハ


実は、わたくし、光モノが大好きで、常にジャラジャラつけてます。き

…っていうのは、嘘で、身につける光モノは(ほとんど)興味なしです。

が、電飾の光モノき好き♪なんです。

ろうそくの灯りきはもっと大好き♪(もちろん、蛍の光きも♪)

そんな私にとって、今年の奈良は楽しみ倍増♪

2010年夏の夜の奈良の輝き目白押しデス。





きライトアッププロムナード・なら
今年も奈良の東大寺や興福寺など世界遺産をはじめとする歴史的建造物などのライトアップを楽しんでいただく「ライトアッププロムナード・なら2010」を、7月17日(土)から9月26日(日)まで実施します。
昼とは違う美しい光の舞台、ロマンティックで幻想的な不思議空間にぜひ、浸ってみてはいかがでしょうか。

大和路アーカイブ [奈良公園] ライトアッププロムナード・ならより引用転載
期間と時間 平成22年7月中旬〜9月下旬・19時〜22時(9月は18時〜22時)
場   所
猿沢池
興福寺 五重塔
春日大社 一の鳥居
奈良国立博物館本館
浮見堂
東大寺(大仏殿、中門、南大門)
平城宮朱雀門
薬師寺
詳細は→コチラ




き全国光とあかり祭
全国のあかりイベントの主催者や行政関係者などが一堂に集まり意見交換などをおこなう「全国あかりサミット」。第4回目となる今年は、平城遷都1300年祭を一層盛りあげるため、奈良で開催します。
 サミットの開催に併せて、「神戸ルミナリエ」、「OSAKA光のルネサンス」「京都嵐山花灯路・東山花灯路」など、LEDライトやろうそくなどのあかりを用いた全国的に有名な13のイベントが、5日間奈良公園に集結。来場者の方々に全国初のあかりの祭典を楽しんでいただきます。

観光振興課・ならの魅力創造課ホームページより引用転載
期間と時間 平成22年7月31日(土)〜8月4日(水)・19時00分〜21時30分
場   所
奈良公園登大路園地、奈良国立博物館なら仏像館(本館)前広場、
県庁県民ホール(「全国のあかりパネル展」)
主   催:全国光とあかり祭実行委員会(TEL 0742-94-3225)
後   援:奈良県、奈良市、平城遷都1300年事業協会、奈良県ビジターズビューロー、奈良市観光協会
協   力:特定非営利活動法人なら燈花会の会、奈良国立博物館、東大寺、春日大社、興福寺
詳細は→コチラ




き幻燈会(げんとうえ)
多聞山城復興をめざして、多聞山城跡の若草中学の大階段で、夏にろうそくで大きな天守閣を甦らせています。多聞町の方々の協力もいただき、平成12年から地域のまつりとして定着。例年800人の人に来ていただき、多聞山城の存在をPRしています。
幻燈会 〜ならまち北エリアの行事・祭り〜より引用転載
期間 平成22年 8月1日(日)
場所 きたまち 多聞山城跡の若草中学
詳細は→コチラの公式サイトへ





きなら燈花会
世界遺産に囲まれた奈良公園で行われる夏の夜の風物詩。
約2万本のロウソクの灯りで彩られた7のエリアをめぐる、幻想的な灯りの祭典です。めぐる。見とれる。自分で灯す。素敵な一夜を思い思いにお楽しみください。

大和路アーカイブ [奈良公園] なら燈花会より引用転載
期間と時間 平成22年 8月5日〜8月14日・19時00分〜21時45分
場   所
奈良公園内
猿沢池と五十二段エリア
浮見堂と鷺池エリア
浅茅ヶ原(あさじがはら)エリア
浮雲園地(うきぐもえんち)エリア
奈良国立博物館エリア
興福寺エリア
春日野園地エリア
詳細は→コチラの公式サイトへ




き平城遷都1300年祭夏季フェア 光と灯りのフェア
平城遷都1300年祭の平城宮跡会場で8月22日〜26日、あでやかな天平衣装にLEDライトを付けた光る天平衣装を着て行列を行う「光の天平行列」が行われる。夏季フェア「光と灯りのフェア」の一環。期間中の19時〜19時30分、一行82人が会場内を練り歩く。
開催を前に平城(なら)遷都祭実行委員会は現在、参加者を募集している。参加は18歳以上(高校生不可)で、7月31日に奈良市内で行われる説明会に参加することが条件。平城遷都祭2010のホームページから申し込む。
【関連ニュース】平城遷都1300年祭夏季フェア、光る衣装まとい天平行列−参加者募集より引用転載
期間と時間 平成22年 8月20日〜8月27日・18時30分〜21時00分
場   所 平城宮跡
詳細は→コチラの公式サイトへ






楽しいイベント


残念ながら、会場へは行けなかったのですが、
ネット視聴させていただきました。
↓↓↓
「つぶやきでまちおこしフォーラム@奈良」

たった三ヶ月の間に、
これだけのことを成し遂げられた実行委員・関係者の皆さん 凄い!と思います。

いくらツイッターが優れたツールとはいえ、
もちろんそれだけじゃない。

同じ思いの人と人が繋がって、
響き合って、
そこから生まれたエネルギーがあったからこそだと思います。

すごく興味深くて、
ワクワクする感じがパソコンの画面からも伝わってきました。
関係者の皆さんお疲れ様です。


--------

そして、
明日の日曜日も、
これまた、たいへん興味深い催しが行われますよ〜↓↓↓



奈良在住の劇作家、小野小町さんが主宰する「小町座」演劇公演。
明日11日、ならまちセンターで開催!
(残念ながら私は仕事で行けないのですが…涙
 次回のチャンスにはぜひ拝見したいデス。)

平城遷都1300年祭県民活動支援事業
小町座第九回企画演劇公演「ならうたものがたり」木と火編

開催日時 : 2010年7月11日13:00〜
開催場所 : 奈良市ならまちセンター市民ホール
主演団体 : 小町座
平城遷都1300年祭県民活動支援事業に採択された、小町座「ならうたものがたり」。第一弾は2009年7月に「木と水編」として上演され、満員御礼となった。
小町座第九回企画演劇公演「ならうたものがたり」木と火編より引用転載




--------

そして、そして、

夏の到来とともに、
夏の奈良のイベント盛りだくさん!

最近、目にしたものなど、いろいろご紹介。

次につづく




キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM