Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



気になるのは、氷室神社のしだれ桜



















2011年4月11日 氷室神社の桜いろいろ


二日ほど前の朝、
奈良公園、春日野園地の桜をみたあと、
(→若草山山麓から春日野園地の桜
氷室神社を参拝しました。

奈良一番に咲き誇る枝垂れ桜は、
さすがにほとんど散っていて、
桜色の絨毯になっていました。

桜さん、桜さん、
今年も美しいお花を、
ありがとうございました。ペコリ。

































でも、
氷室神社は、
歴史古い神社だけあって、
他の種類の桜も豊富です。


























枝垂れ桜の見頃は過ぎましたが、
他の種類は、
今引き続き、可憐に咲き誇っています。


























【関連過去記事】
2011年4月1日氷室神社 氷献灯






2011年4月1日氷室神社 氷献灯


氷室神社の枝垂れ桜、
満開でした。












氷室神社は、今年氷献1300年を記念して、
節分より氷献灯が行われていて、
本日4月1日が最終日でした。

氷の器に灯明が
お供えされています。
とっても幻想的…。

以降は5月1日にも予定されているそうですが、
気温が暖かくなり氷が解けやすくなるため、
灯火時間を短縮、変更の可能性ありとのこと。

詳しくは公式サイトをご覧ください。
氷室神社HP























2011年3月30日氷室神社


朝、氷室神社にお参りしてきました。

通称 「奈良一番桜」は、
昨日の陽気で、
今は、3〜8分咲くらい?でした。
例年より一週間ほど遅い開花です。


今年の桜は、
とりわけ心にしみます。



































梅と桜の競演、
両方、見事に咲き誇っています。


























樹齢 百年あまり
樹種 エドヒガン系里桜(春日野の在来種)

氷室神社の主祭神は、闘鶏稲置大山主命(つげのいなぎおおやまぬしのみこと)
と申し上げる奈良の東山一帯の山の神でございます。まさにこの桜は山の神様からの春を告げるしるべでございます。
稲作農耕を主体とする暮らしにおいては、種まきの時期を知らせる花樹をサクラ
つまり、「サの神=稲魂(いなだま)」の依代(よりしろ)として大事なものでした。お花見の伝統の背景にはこうした基層文化があり、春を待ちわびる人々の心を揺り動かすものと思われます。
氷室神社立て札より































まだ大丈夫


昨日、
予定外にぐっすり眠ってしまったことが幸いしたのか、
その後、妙に頭スッキリ。
(目覚めたときは、かなり焦ったけど…)

仕事のほうも、
いつになくサクサク進み、
気持ち良い朝でございます。
今さらですが、
やっぱり睡眠は大事なんですね。

そして、雨の中、
朝から少し散歩してきました♪

奈良公園の桜は、
2〜3分咲きといったところでしょうか。



気になるのは、
先日からすでに見頃を迎えていた
氷室神社の枝垂れ桜。

昨晩も、けっこうザーザー雨降ってたし…、
今朝も一日中降るみたいだし。



でも、

ぜんぜん大丈夫でした。



雨の粒で、
つやつや瑞々しく光って、
しっとり輝いて、
ほとんど散ってない。



今日もしとしと雨模様だけど、
もうちょっと頑張ってね。



氷室神社お向かいの、
奈良国立博物館は、ただ今工事中。

耐震補強工事および展示替えのため、全館休館
(ミュージアムショップ、レストランもお休み。)
【第1期】3月15日(月)〜4月2日(金)
【第2期】6月21日(月)〜7月20日(火)

本館休館のお知らせ(詳細はこちら→公式サイト)
大規模な展示替えの為4月2日(金)まで休館。
4月3日(土)からは、平城遷都1300年記念「大遣唐使展」



西新館は耐震補強工事のため長期休館中
期間 2009年11月13日(金)〜2010年9月(予定)










2010年3月20日氷室神社


とつぜん初夏を感じさせるような今日の陽気。
夕刻から明日にかけて、
なんだか春の嵐を予感させる微妙な天気予報なので、
取り急ぎ、
氷室神社の枝垂れ桜にご挨拶してきました。

今年も、美しく咲き誇ってくれて、
ありがとう。



























興福寺から国立博物館そして氷室神社


再び今日は、
冷たい風が身に染みる荒れ模様のお天気でした。
さっきも、雷が鳴って雨が降ってました…。
まさに春の嵐。

夕方もどんより曇り空。

日中はずっと強い風が吹き抜けていたので、
奈良公園では、
せっかく咲き始めたソメイヨシノが、
まるで椿のように、
花ごとポロリ、ポロリと地面に落ちてました。

思わず、手の平に乗せてしまった不憫な桜…



けど夕方、
例のごとく猿沢池あたりをうろついているときは、
なぜか、いっときピタリと風が止み、沈みかけた日が差して、
水面に美しく、空や、南円堂や、五重塔を、
映し出したのでした…。



今日のお散歩は、そのまま猿沢池沿いにすすんで、
五十二段の石段を登って興福寺境内へ…。



ご存知、五重塔。そして手前は、東金堂。

↓そして、今は阿修羅さま不在の国宝館。



決して阿修羅さまが東京に出張中だから閉まっているのではなく、
閉館時間を過ぎていたから閉まっているんです。(笑)

拝観時間東金堂・国宝館9〜17時
拝観料境内自由。東金堂拝観300円、国宝館拝観500円
所要時間約1時間30分
【駐車場】有料60台
興福寺のHPはコチラ(リニューアルされてます)



そのまま奈良公園をまっすぐ進んで、
国立博物館へ。

道中、すれ違う鹿たちは、
まだまだ換毛期の真っ只中。
毛並みボサボサで、実に様になりません。
今日道ですれ違った観光客の方が、

ギャーなんか病気じゃないの〜?

なんてことをおっしゃってましたが…




違います。
それはあんまりです。(ToT)
病気じゃありませんから。(苦笑)
自然の摂理ですから。
もうすぐしたら、
ピカピカの鹿の子模様へと変身するんですっ!
って、つい言いましたよ、心の中で…。


国立博物館も閉館時間を過ぎていたので、
がっちり扉が閉ざされています。



奈良国立博物館本館(重要文化財)
構造 煉瓦造平屋建て、桟瓦一部銅板葺
建築面積 1,663.5m
設計は、片山東熊博士。Wikipedia
奈良国立博物館のHPはコチラ

重厚なシンメトリー…。
中のスゴイ展示物にふさわしい
おそろしいまでの威圧感…(^_^;)

完成当時は、このバロック様式が、
奈良の景観にそぐわないとして問題になったそうです。

この建物が、
周囲の神社仏閣をさらに引き立てる役目を、
はたしているようにも思いますけど…。

たしかに、
圧倒的な存在感ですし、
できたてピカピカの当時は、
かなり異彩を放って浮いた存在だったのかもしれません。
奈良の県民性からしても、(?!)
当初はすんなり受け入れがたかったのでしょうね…。

ま、そんな反感も、
時の流れが解決してくれたってことでしょうか?


片山東熊博士は、
奈良国立博物館以外にも、
博物館はじめ重要な建築物の設計者です。

●奈良国立博物館(1894年(明治27年))重要文化財 奈良市
●京都国立博物館(1895年(明治28年))重要文化財 京都市
●仁風閣(1907年(明治40年))重要文化財 鳥取市
●東京国立博物館 表慶館(1908年(明治41年))重要文化財 台東区
●東宮御所(1909年(明治42年)) 赤坂離宮、現・迎賓館
Wikipediaより引用転載

今、阿修羅さまの出張先である東京国立博物館 表慶館も、
片山東熊博士が設計なのですね。




さて、

今日のお散歩の目的はやはりこちらなのでした。

氷室神社。

さすがに、最盛期を過ぎ、
そろそろ
終盤へと向っています。

枝垂れ桜さん、
今年はとりわけ長い期間楽しませてくれて、
ありがとうございました。(ToT)/~~~

また来年もどうぞよろしくです。
といいつつ、
今年まだひつこく何度か足を運ぶと思いますが。





今日のお散歩コース

所要時間
猿沢池から興福寺・国立博物館をぬけて氷室神社。
ゆっくりキョロキョロ歩いて約20〜30分。


【関連過去記事】
東金堂かわいい獅子
五重塔 正夢の象さん
氷室神社と仏教美術資料研究センターと鹿男の木
春のウツと食欲(氷室神社周辺のオススメの店)
2009年桜 佐保川の様子
2009年夜桜 氷室神社
2009年桜 氷室神社しだれ桜
2008年ほぼ満開 氷室神社の桜
2008年桜のトンネル 佐保川
2008奈良公園 興福寺の桜
2008郡山市 桜まっ盛り






2009年満開夜桜 氷室神社


今日は、忙しいお天気でした。
晴れてると思っていたら、
みるみる雲って、
風もビュービュー吹いて、あげくに雨もザーザー降って、
ようやく夕方に止んで再び日が差したと思ったら、
吐く息が白くなるくらい
どんどん冷え込んで…
雪でも降りだすじゃないかと思ったほどです。

こんな日は心配で、心配で…。
行ってきましたよ〜、
氷室神社の枝垂れ桜!

無残に散った桜の花を覚悟して、
最期の姿をきっちり見届ける覚悟でした。

そしたら、

なんと、

満開のままフリーズしてました。



この寒さが幸いして(?)、まだ散ってません。



天気予報では、明日も冷え込むらしいので、
この分だと週末まで、持つかもしれませんね。





今年は気まぐれなお天気のおかげで、
思いのほか、長く楽しめます。



思わず、一句(笑)



樹齢 百年あまり
樹種 エドヒガン系里桜(春日野の在来種)
通称 「奈良一番桜」


氷室神社の主祭神は、闘鶏稲置大山主命(つげのいなぎおおやまぬしのみこと)
と申し上げる奈良の東山一帯の山の神でございます。まさにこの桜は山の神様からの春を告げるしるべでございます。
稲作農耕を主体とする暮らしにおいては、種まきの時期を知らせる花樹をサクラ
つまり、「サの神=稲魂(いなだま)」の依代(よりしろ)として大事なものでした。お花見の伝統の背景にはこうした基層文化があり、春を待ちわびる人々の心を揺り動かすものと思われます。

氷室神社立て札より






春のウツと食欲


パンやらご飯やら、

やたら炭水化物ばかり食べたくなる!

その上、さらに甘いものが欲しくてたまらない。

そして、寝ても寝ても眠い!


これって、軽い うつの症状なんだそうですっ。

( ̄Д ̄;) ガーン


は、ウキウキワクワクのイメージだけど、

実は、季節の変わり目と、環境の変化と、

心身ともにストレスフルな季節なのかもしれません…。


こんな時にガマンは禁物。

これほどにまで甘いものが欲しいのは、

私の脳味噌がエネルギーを必要としているんだワと、

近鉄奈良駅近くのカフェに飛び込み、

パフェを注文しました。ケーキ2





あ〜満足!

お腹が満たされると、今度は、睡魔が…。


しかも、店内は薄暗くて、

落ち着いた雰囲気。

そのまま昼寝しそうでした…(笑)




こちらのお店は、
東向き商店街の
近鉄奈良駅から徒歩3分の便利な場所
cafe FLUKE かふぇ ふるーく。
Mr.ドーナッツの正面あたりに位置しますが、
うっかり素通りしそうなくらい間口が狭いです。

不思議な雰囲気の2階席がオススメ。




Fluke [ 喫茶、コーヒーショップ ] - Yahoo!グルメ







氷室神社のほうまで歩いたときは、

こちらもときどき立ち寄ります。
氷室神社から徒歩1分。
下下味亭吉茶 [ 喫茶・カフェ・コーヒー専門店 ]





お腹がすいてるときは、定番の釜飯です。
氷室神社から徒歩3分。
志津香公園店 [ 釜飯 ]







…まったく、これのどこがウツやねん!


はい、普通に食べ過ぎです。

スイマセン。




あ、それから、

奈良国立博物館にある、
ハーフタイム(葉風泰夢) は、
穴場だと思います。
氷室神社から徒歩3分。
博物館内にありますが、
博物館の入場券は必要ありません。
博物館の本館と新館の真ん中に位置する地下への入り口から、
入って行きます。
博物館のサイト案内ページ⇒地下回廊への入口

博物館の中だからゆっくり広々!
お手洗いもきれい。
ミュージアムショップには、博物館のオリジナルグッズや歴史・美術関連の書籍を多数揃えています。
本館に近い部分は、仏像模型や解説パネル、仏教美術がわかりやすく解説されており無料で楽しめます♪

ハーフタイム(葉風泰夢) [ 洋食 ] - Yahoo!グルメ








2009年桜雨 氷室神社


行ってきました。ジョギング
(氷室神社、決して家の近所ってわけでもないんですけど、とにかく病みつきです。笑)


大丈夫、まだ散ってません!

氷室神社の枝垂れ桜。


雨に濡れた桜は、

艶やかさを増して、

なおいっそう輝いてました。





桜の花にかかる雨を桜雨と呼ぶそうです。

そして、

桜を散らしてしまう雨は桜流し



桜流しにならなくてよかった…。
















夕暮れ時に、

氷室神社から、

国立博物館をぬけて、

荒池まで、

お散歩しました。


あぁ、雨の奈良もいいもんだなぁ〜。





今日のお散歩コース(約10分)はコチラ
↓↓↓
クリックで周辺の詳細地図へ飛びます。



ついでに、

高畑まで歩きましたが…、

観光の方には、やはり、

雨の日は、

駅から遠くない範囲がオススメです。(笑)




【関連過去記事】
2009年夜桜 氷室神社
2009年桜 氷室神社しだれ桜
2008年ほぼ満開 氷室神社の桜




キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM