Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



JR東海 奈良CM 唐招提寺篇


今日、京都から知人が遊びに来たので、
ご本人の希望もあり、
どう考えても、
平城遷都1300年祭 開催中の平城宮跡へと、
ご案内するべきところ…ではあったのですが、

私の独断で、朱雀門付近だけササッと回って、
唐招提寺へと向かいました。(笑)
(だって今日は暑いし、人も多いし)

そしたら今夜、グッドタイミングで、
JR東海のCMうましうるわし奈良の「唐招提寺篇」が、
新しく公開されているのを発見。


ただひとつの
思いのために

ただひとつの
いのちを賭けた人。

鑑真和上、
あなたが
伝えたかったものは

千三百年後の
きょうも
唐招提寺に
生き続けています。

いま、ふたたびの奈良へ。


CMナレーションより









…それで、

この言葉を失うほど美しいCMをご覧になったあとで、
私のポケットデジカメの画像を見て頂くのも、
どうかと思うのですが…(笑)

よろしければ、以下、
今日、撮ってきた唐招提寺の画像です。
ついでにどうぞ。



























唐招提寺は、
いつ来ても、そよ風が吹き抜ける不思議な空間。

とりわけここから先、土塀の中のむこうの世界は、大好きな場所なんです。




ベルベットの絨毯が敷き詰められたような美しい苔。
それはそれは見事です。



ここは、鑑真和上御廟(開山鑑真和上の墓所)。





鑑真和上御廟は、境内 北東の角ですよ。


鑑真和上は、
12年間の辛苦の末、
6度目の渡航でようやく日本へ上陸したとき66歳。
その後5年間、東大寺で四百人に戒を授け、
後半の5年間を、こちらの唐招提寺で弟子の育成につとめたそうです。



唐招提寺は、平城遷都1300年祭 会場の平城宮跡から、
秋篠川沿いに、ゆっくり歩いて20〜25分程度。



舗装された自転車道が続いています。




右岸のこんもりした森が唐招提寺。




尼ケ辻(あまがつじ)の名は、
鑑真和上が、寺院建立の候補地をさがしていた折り、
この地の土を舐め「甘い」と言ったことから「甘壌」(あまつち)と呼ぶようになり、
その後「尼ケ辻」と変化したのだとか。






【JR東海のCM関連過去記事】
JR東海 奈良CM 平城京篇
菩提樹の実 西大寺
奈良飛鳥の謎
必見 奈良のCM(JR東海)

いまふたたびの奈良へ−平城宮 朱雀門




1

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM