Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



大仏ほたるコース


何かとバタつく日々で、
今年は、大仏蛍の鑑賞、無理かも…と、
諦めかけていたのですが、
「今夜の天候は、まさに蛍日和じゃないの!」と感じた今日の夕刻、
もぅいてもたってもいられなくなり、
急きょ、友人に声をかけて、
(蛍の場所は、真っ暗で怖いので…^^;)
ちょこっとだけ楽しんできました。


午後6時半ころ、近鉄奈良駅を出発。
興福寺→釜飯→東大寺二月堂→裏参道・東大寺講堂跡で大仏蛍鑑賞。
所要時間約2時間。


昼間は、、
少し歩くだけでも、
ジメジメするような高湿度でしたが、
日が沈んだあとは、
ときおり吹く風が、ひんやりと心地よく、
実に気持ちの良いお散歩でした。











文字通り、数えきれないほど、たくさんの蛍が舞っていました。

幻想的な蛍の世界にうっとり、
しばし夢心地で、時の経つのを忘れました。

今年も、光の乱舞を鑑賞できたことに心から感謝。


【関連過去記事】
2009年蛍の季節






急に増えました。


昨日、今日と、「蛍」関連のキーワードで訪れて下さる方が、急に増えました。


昨年は6月2日に確認しています。
2009年ホタルの季節

ここ数日、蒸し暑くなってきたので、
そろそろ期待できるかもしれないですね。

イラストでは、チカチカ点滅してるだけですけど、
ほんとは、光りながらふわふわ舞うんですよねぇ。
まさに幻想的光の乱舞、
いつまでも見つめていたい気分になります。

今まで何度も観てるはずなのに、
毎回、初めて観るみたいに感動するのはなぜだろう。







結局、佐保川のホタルは…


佐保川のJR関西本線の踏切と蛍の続編です。

2日前、佐保川のホタル偵察に行ったものの、

時間が早すぎてそのまま帰宅。





翌日(昨日)の夜、日没直後から、

ふたたび佐保川周辺を歩いてみましたが、









水面に、街灯や近辺の窓明かりが、たくさん反射して、

なかなか見つけ辛い状況で…、

(あ、もちろん、あの周辺の道には街灯が絶対必要ですからね。)

結局、ホタルはあきらめて帰りました。(・.・;)

また、いつか(来年?)トライしたいと思います〜






佐保川のJR関西本線の踏切と蛍



昨日の夕方、お散歩ついでに、

佐保川のホタル偵察に出かけましたが、

いくらなんでも、

ちょっと時間が早すぎました。(>_<)




佐保川のJR関西本線の踏切からみた空



ホタルが飛び交うのは、

この線路から、東側付近(のはず)。





このまま、あと40〜60分、

この場所で時間をつぶす余裕もなく、

とりあえず、

今夜は帰ることに…

また、明日にでも足を運んでみようっと…♪


ほんと、日が長くなりましたよね。




↓クリックで周辺地図に飛びます。



その後…⇒結局、佐保川のホタルは…


【関連過去記事】
佐保川 若葉のトンネルと蛍
ホタルの季節
2009年 再びの大仏蛍
2009年桜 佐保川→法華寺→平城宮跡
桜のトンネル 佐保川






2009年 再びの大仏蛍


親知らずの肉片(!)でお馴染みのK.I さんが、↓↓↓



今夜、大阪からわざわざ、蛍と戯れるためにご来県♪


今日は、定番 蛍スポット 東大寺二月堂裏参道へ、

行ってきました。

先日、6月2日に偵察に来たときには、

たった一匹だけだった蛍。

でも、今夜は、

たっくさん飛んでいました。

感動〜





【関連過去記事】
2009年蛍の季節
K.Iさんと一緒に食べた大仏プリン






佐保川 若葉のトンネルと蛍


つい 2ヶ月ほど前まで、

桜のトンネルだった佐保川沿いの並木道…




その後、

桜は散ってしまったけれど、

今、新たな生命力にあふれています。

ツヤツヤ、キラキラ 輝く緑が美しい、

若葉のトンネル。




そして、
このあたり、
運がよければ、ホタル観賞できるようですよ。



昨年ですが、
奈良新聞が、
ホタル復活、増えて-ほぼ毎年飛び交う【奈良市の佐保川】  (2008.5.28 奈良新聞)
と報じていました。


新聞の記事によりますと、
佐保川でも、
コンクリート護岸工事があまり施されていない場所、
JR鉄橋から東にかけて、
ホタルが確認されているらしいです。

一方、橋より西側は、
コンクリート護岸整備が行われているため、
ホタルの生育には不向きとのこと。

また、

佐保川は、
長年地域ぐるみの清掃活動をされていますが、
その清掃時に、
ホタルの幼虫やえさのカワニナの生育に配慮して、
川底の石をむやみに動かさないなど、
気をつけていらっしゃるのだとか。

私たちが蛍の乱舞に、
心酔いできる寛ぎのひとときは、
地域の皆さんの努力のおかげなんですね。
感謝です。

↓クリックで周辺地図に飛びます。



【関連過去記事】
2009年桜 佐保川→法華寺→平城宮跡
桜のトンネル 佐保川
2009年 ホタルの季節 二月堂裏参道 大仏蛍






ホタルの季節


そろそろホタルの季節到来かなぁ?と、
思ってた矢先、
Kさんより、
「気の早いホタルがもう何匹か舞い始めてますよ〜」との、
ご連絡をいただき、
さっそく今晩偵察に行ってまいりました。
Kさんありがとうございます♪

通常6月中旬頃からだと言われていますが、
年々早まっているような気がしますね。
(昨年の私の初ホタル観賞は6月10日でした。)

奈良市内の蛍スポットといえば、
お馴染み東大寺の二月堂裏参道。

クリックでグーグル地図に飛びます。


数はそう多くなかったですが、

というか、一匹でした…。  (。-_-。

ま、見れただけでも御の字です。
大仏蛍の美しい光を存分に楽しんできました。
残念ながら、蛍を美しく撮ることができないので、
光る蛍の画像はありません。
そのかわりに、私のスペシャルイラストを…。


※イラスト適当です。足が多かったり、あるいは少なかったりすると思います。ゴキブリとどこが違うのか?と、問われてもお答しかねますのであしからず。


暗闇に、
ほのかにゆらぐ蛍の光をジーっと見つめていると、
ほんとに、
心が、ふんわりリラックス。

遠くから聞こえる大仏池のウシガエルの合唱が、
そんな、ほんわか気分を、
若干ぶち壊してくれますが、(笑)

それでも、
ホタルの光が放つ、
α波1/f自然のゆらぎ(?!)が、
しばし幻想の世界へと、
誘ってくれるのでありました。


ホタル豆知識(過去記事より再掲載
ホタルが舞ってる確率の高い日
・湿度が90%以上(雨あがりの蒸し暑い日が最適)
・風の無い日

反対に、下記の条件下では活動しません。
・気温と湿度が低い日
・月明かりのある日
・雨の日
・風の強い日

ホタルは、オスとメスが出会うために、
光で交信しているらしいです。
ですから明るい場所では交信ができないので、
ホタルはいません。

間違っても、
懐中電灯を照らしながら、
蛍を見に行ってはいけないってことですね。(笑)
携帯電話や車のライトもダメダメです。
目的地についたら、
ホタルのために消しましょう。

とはいえ、
この周辺、真っ暗ですから、
道中くれぐれもお気をつけください。


【関連記事】
2009年 再びの大仏蛍






蛍とアルファ波


今夜は、家族で、
東大寺北側、裏参道の川辺へと、
大仏蛍の舞を鑑賞してきました。

数はそう多くなかったですが、
大仏蛍の美しい光を存分に楽しんできました。
残念ながら、蛍を美しく撮ることができないので(涙)
光る蛍の画像はありません。m(*- -*)m

それにしましても、
暗闇に、ほのかにゆらぐ蛍の光をジーっと見つめていると、
ほんとに、
心がふんわり、リラックスしてきて、
まさに、アルファ波、出まくってます!((ミ ̄エ ̄ミ)) ボーーー
って感じです。(笑)

さすが、蛍の点滅は、α波1/f自然のゆらぎ !?
(注:ちゃんと調べず適当なこといってます。あしからず ( 〃..)ノ)

↓一応、Wikipediaより引用転載
--------------------------------------
1/fゆらぎ(エフぶんのいち-)とは、パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのこと。ピンクノイズとも呼ばれ、あらゆる物理現象、生物現象、経済現象に現れる。具体的には人の心拍の間隔や、ろうそくの炎の揺れ方、電車の揺れ、小川のせせらぐ音、アルファ波、目の動き方、木漏れ日、物性的には金属の抵抗、ネットワーク情報流、蛍の光り方など。その発生機構は研究途上にある。
1/fゆらぎ(Wikipedia)
--------------------------------------



が、しかし、なぜか、頭の中で、とつぜん、

蛍の光 窓の雪…

と、あの唄のメロディーがぐるぐる回り始めて、
今も回っています。(笑)
それだけでなく、
昔の人は、いったい何匹の蛍の光で本を読んでいたんだろう?
と、癒しの蛍観賞とはまるで無関係なことが急に気になりだして…(^_^;)

おい、今は、そんなことはどうもいいだよ、私。」(。≧Д≦。)
と、自分に言い聞かせつつ、快適な夜の散歩から帰ってまいりました。


とにかく、蛍の光、本当に癒し効果絶大。

今夜は、いい夢みれそう♪


↓大仏蛍が見れる場所
クリックでグーグル地図に飛びます。



ところで、

夜道は暗いです。

女性の一人歩きはダメダメですよ。((>ω<o))





【関連過去記事】
大仏池と大仏蛍 たまには北へお散歩






大仏蛍 奈良県立都市公園条例指定昆虫類


奈良県立都市公園条例昆虫類というものがあるらしいです。
何のことやらさっぱりわかりませんが、(^_^;)
昭和三十五年に公園の設置及び管理について必要な事項を定めることを目的とするため公布されたらしいです。

この条例の指定昆虫には、

るうみすしじみ、
やまとにしき、
まつむし、
すずむし、
だいぶつほたる、
ひめはるぜみ、
るりせんちこがね、
もりあおがえる、
かすみさんしよううお などが名前を連ねています。

ダイブツホタル、
マツムシ、そしてスズムシ以外の昆虫は、
私にはちょっとケントウもつかないのですが、

この条例が実際にどのように機能しているのか、
なんだか好奇心をそそられています。(笑)


そして、今年も、そろそろ、

ダイブツホタルこと、別名ゲンジボタル をはじめとする、




舌を噛みそうな条例指定でも、そうじゃなくても、
ホタルを捕獲したりしては絶対ダメダメです。


大仏蛍が見られるのは毎年6月中旬頃からだと言われていますが、
あちこちで、
ホタルの話題を耳にする今日この頃…。

温暖化の影響で、早まっているのでしょうか?

蛍は、雨上がりの湿度が高い暑い夜がねらい目だそうですよ♪

ダイブツホタルの生息場所は、東大寺境内の北側の河川が有名です。

【関連記事】
2009年 ホタルの季節
大仏池と大仏蛍 たまには北へお散歩



1

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM