Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



長谷寺 2011年 紅葉


曇り空の午後3時、
紅葉が見頃の、桜井市 長谷寺にお参りしてきました。



入山案内
8:30〜17:00(4月〜9月)
9:00〜16:30(10月〜3月)
※牡丹まつり期間等時間延長あり
入山料金(個人)
大人:500円
中・高校生:500円 小学生:250円
障害者:250円

総本山長谷寺本尊大観音尊像 特別拝観
平成23年10月22日(土)〜12月11日(日) 9:30 〜 16:00
場 所:本堂(観音堂)
拝観料 1,000円(入山料別途。団参割引有)
記念品授与
(結縁の五色線・結縁お守り・色彩御影・内拝パンフレット)































































長谷寺観音万燈会
平成23年12月31日(土)午後7時〜平成24年1月1日(祝)午前5時

大晦日の夜、
登廊の各段両側に灯がともされます。






何度観ても感動するJR東海CM。↓新緑の長谷寺。


もっと

空の近くで祈ろうとして

寺はこの高みに建てられたのか


(ナレーションより)


CMの勤行は、元旦以外の毎日行われています。
日時 : 4月1日〜9月30日(夏時間:毎朝午前6時30分)
10月1日〜3月31日(冬時間:毎朝午前7時)
申込 : 総本山長谷寺 教務部、法務部(0744-47-7001)
参拝料 : 外からの参拝であれば入山料の500円のみ。


長谷寺 サイト
JR東海 | うまし うるわし 奈良 | アドギャラリー | 長谷寺篇
JR東海 | うまし うるわし 奈良 | 長谷寺眺望







長谷寺 朝の勤行と紫陽花



JR東海の長谷寺のCMですっかり有名になった、
あの朝拝を体感したくて、
先日、
JR桜井線奈良駅始発5時23分に乗って、
長谷寺にお参りしてきました。

4〜9月は毎朝 6時半から、
(10〜3月は毎朝7時から)
朝の勤行(ごんぎょう)が行われています。
詳しくはコチラ→長谷寺HP
-------------------------------------------------
朝の勤行
日時 : 4月1日〜9月30日(夏時間:毎朝午前6時30分)
10月1日〜3月31日(冬時間:毎朝午前7時)
1月1日は休止です。
申込 : 総本山長谷寺 教務部、法務部(0744-47-7001)
参拝料 : 外からの参拝であれば入山料の500円のみ。

平城遷都1300年祭を契機に、
奈良の朝の静謐なひととき、スピリチュアルな場所で、
1000年以上絶え間なく続けられてきた‘祈り’に出会うことができる、
悠久の扉が開かれました。

多くの方に参拝いただくことで、
より一層長谷寺の奥深さを体感いただく絶好の機会となっております。
長谷寺の奥深さや精神性などを体感いただくため、
皆様が自由に参拝でき、心に響く朝の勤行です。

HPより引用転載
--------------------------------------------------


頑張って始発に乗ったものの、
駅から参道をのんびり歩き過ぎて、
6時30分にはギリギリ間に合わず、
(長谷寺駅から速足で歩いて、
 さらに登廊を一生懸命駆けのぼったら間に合うかも?
 あるいは、駅からお寺までタクシーを予約しておくとか?)

この日の私は登廊に腰掛けて、
力強いお坊さんのお経と太鼓や鐘に聴き入りました。

お堂での長い勤行が終わると、
お坊さんたちは、
今度は、舞台の上で朝日に向かって、
大声でお経を唱えます。

1000年以上昔から、
CMそのままの世界が、
脈々と受け継がれているなんて…、
ほんとに奈良はすごいところだと、
改めて思ったのでした。

紫陽花もまさに見頃。

以下、その道中含め、
長谷寺の様子をアップしました。
曇り空のため、鮮明に撮れてませんが、
雰囲気だけでも伝われば…と思います。




JR奈良駅5時23分発 JR桜井線・王寺行に乗ると
桜井駅に到着するのが5時51分。

JR桜井駅から隣接する近鉄電車桜井駅まで移動し、
さらに6時ちょうどの近鉄大阪線・名張行に乗り換え、
長谷寺まで二駅。






長谷寺駅には、
6時6分に到着。








その昔、江戸時代には、
伊勢と長谷寺とを一緒にお出かけする参拝者が多く、
「もしかして、その頃から続く宿も存在しているのかしらん?」
なんて、あれこれ想像ふくらむ伝統の門前の町並み。
このあたり明治になって温泉が湧いたそうですよ。
この門前町界隈の宿に泊まって、
早朝の勤行に参加できれば素敵ですね。





















約15〜20分歩けば、長谷寺に到着。




朝の勤行が行われるお堂と観音様は、
この登廊を登り切ったところ。































































































































































































朝が息づく
山が目覚める
奈良 長谷寺

もっと
空の近くで祈ろうとして
寺はこの高みに
建てられたのか

舞台に立てば
緑薫る風
千三百年を深呼吸しよう
いま、ふたたびの奈良へ


CMナレーションより


CM動画、下記でご覧になれます。クリック↓









JR東海 奈良CM 長谷寺篇


JR東海 奈良のCM、
新しく長谷寺篇が公開されています。


朝が息づく
山が目覚める
奈良 長谷寺

もっと
空の近くで祈ろうとして
寺はこの高みに
建てられたのか

舞台に立てば
緑薫る風
千三百年を深呼吸しよう
いま、ふたたびの奈良へ


CMナレーションより







14日の土曜日の午後1時半、
公式サイトのWeb特別映像を何度か繰り返し観ているうちに、
長谷寺の山をこの目で今すぐ見たい。
長谷寺の風に吹かれたい。

と、狂おしい衝動にかられまして…、

今すぐ行きたい!
しかし夕方から用事がある。
午後6時半には、
JR奈良駅までに戻らねばならない。
でも、行きたい。

数分迷って、
結局この日、
長谷寺参拝を決行することになったのでした。笑


JR奈良駅発まほろば線14:40発に乗って、
桜井駅で近鉄に乗換。
長谷寺駅着が15:38。
駅から徒歩15分で長谷寺に到着。
閉門までの約1時間。
高さ10メートルの十一面観音さま参拝は(午後4時までなので)
間に合いませんでしたけど、
緑薫る風に吹かれて、
千三百年を深呼吸
してきました。
超濃縮、長谷寺参拝、
行ってよかった…。

以下、大量の画像(スクロール大変ですけど)、
駅からお寺までの門前町の様子も含め、
順番に並べましたので、
(というか、並べたダケですけど)
参拝の際のご参考にどうぞ。

駅からの地図等は↓コチラ
JR東海「うまし うるわし 奈良」 長谷寺篇 奈良散策マップ


こちらの大きな鳥居は、
JR万葉まほろば線から見える大神神社。



















































































































































































































































































































































































































長谷寺公式ホームページはコチラ


登廊の階段が、
たいへんそうに見えますが、
段差がなだらかなので、
意外にしんどくない…と感じられる方が多いと思います。
室生寺の奥の院に比べたら、
そりゃぁもぅラクラクスイスイって感じ。

牡丹の見頃はほぼ終わっていましたが、
6月になれば、
アジサイがまた美しい。


【関連記事】
長谷寺 朝の勤行と紫陽花 2011.07.07
2010年 秋の長谷寺 2010.12.01






長谷寺 2010年 紅葉




今日(12月1日)の午後2時、
急に時間ができたので…、

唐突な思いつきで、
JR奈良駅から、
万葉まほろば線に乗って、
桜井まで行ってみることにしました。

電車で桜井方面に向かうなんて、
何年ぶりだろうか。
通常、万葉まほろば線は、
たった2両!のワンマン運行が多いみたい…。
乗り降りの人が少ない駅では、
乗降時に全部の扉が開かないので要注意なのです。
昔、それを知らずに大慌てしました。
(観光シーズンの休日・祝日や通勤時間帯は違うのかもしれません?)



京終(きょうばて)、帯解(おびとけ)、櫟本(いちのもと) など、
珍しい名前の駅名をいちいち確認するように電車に揺られ…、
やがて、天理駅を過ぎると、
さらに南下して長柄(ながら)、柳本(やなぎもと)、巻向(まきむく)。

そして、大神(おおみわ)神社の赤い鳥居が右手に見えたあと、
ほどなく目的地の桜井駅に到着。
奈良駅からは約30分ほどです。





さてと、

このあとどうするかは、
桜井駅に着いたときの気分で決定することにしていたのですが…、(笑)

どうしようかな〜と、

案内看板の下記の候補を眺めてしばし思案。

●安部文殊院(桜井駅から約1.4km)

●聖林寺(桜井駅から約2.6km)

●談山神社(桜井駅から約7.0km)

●長谷寺(桜井駅から約7.0km)

●大神神社(桜井駅から約3.0km)


悩むこと約2分…、
結局、深い意味もなく、
あの長い長い登り廊を歩いてみたいなぁ…という理由で、
「長谷寺」に決定。
(実は、家族で参拝したのは30年以上も前…。
 ほとんど覚えていないので、今日は初めて参拝するも同然です。)

JR桜井駅から、
隣接する近鉄桜井駅へと移動し、
そこから数分、電車に揺られて、
二つ目の駅「長谷寺」へと向かいました。

乗換後、わずか5、6分で到着。









長谷寺駅からすぐに、
急な石段を下りますが、
あとは概ね舗装された歩きやすい道を、
ゆっくり15分も歩けば、
お寺に到着します。









そして、このあと…、

初瀬山の中腹に建つ本堂からの眺めは、
ピークを少し過ぎた感があるものの、
紅葉はまだまだ充分に美しくて、
その素晴らしさゆえ、
仁王門から本堂までは399段あるといわれる登廊も、
まったく苦にならず…(笑)
舞台からの見事な眺めを、
ぞんぶんに堪能して、
その美しさに、ただただ感動しました。
発作のように、
無鉄砲な思いつき参拝だったけれど、
本当に今日、来てヨカッタと…、
十一面観音さまに、感謝の午後でした。

以下、とりあえず、
画像だけアップしました。
(できれば、また後日少しテキストを追記したいと思っていますが…。)

時間がすでに午後3時半〜5時と遅かった上に、
お天気も曇っていたので、
鮮明な画像ではありませんが、
長谷寺の見事な紅葉の、その雰囲気だけでも、
お伝えできれば…と思います。

























































































































































長谷寺公式サイト→http://www.hasedera.or.jp/



帰りに美味しそうな柿をいくつか、
お土産に買い求めました。




1

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM