Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



失われた原っぱ
































風に吹かれて、夏の夕暮散歩


2012-07-30-a.jpg

月曜日の夕暮れ時。

昼間の殺人的な暑さが、
ようやくやわらいで、
束の間ホッとするひととき、
西の空が見事にオレンジ色に染まったので、
買い物ついでにスーパーの屋上に行ってみました。




誰もいない…。

2012-07-30-c.jpg

かつて存在した百貨店そごう名残の展望レストラン。
2000年に閉店されてからは、
まるで巨大オブジェのようにひっそり佇むのみです。

2003年にイトーヨーカドーが引き継いだものの、
ここだけはずっと時間が止まってる。






こんなにも見事な夕焼を味わえる場所なのに…。

2012-07-30-b.jpg

夏真っ盛りとはいえ、
夏至を過ぎれば、
日照時間はいつのまにか着実に短くなっていて、

あれほど強烈だった太陽も、
傾きだしたかと思った矢先、
あっという間に、
山並みの向こうに姿を消してしまいました。




とはいえ、さすが夏の太陽。

姿を消したあとも、
その存在をいつまでも私たちに知らしめるかのように、
西の空を七変化させる…。

2012-07-30-d.jpg





オレンジからピンク、パープル、ブルーへと、

2012-07-30-e.jpg





めくるめく空の変化を愉しみながら、


2012-07-30-f.jpg





朱雀門あたりまでゆっくり散歩を堪能しました。

2012-07-30-g.jpg


今年の夏もこの平城宮跡で、
平城京天平祭が開催されるようです。
8月24・25・26日。
詳しくはコチラの公式サイトへ。


関連ブログ過去記事(去年の様子)
平城京天平祭☆夏 2011













見上げる日


今日は、
久しぶりに、
たくさん空を見上げました。































でも、
最近の平城宮跡は、
なんだかな…って感じです。













雨の平城京天平祭


秋雨前線ですか?ってくらいに、
急に涼しくなりました。

生憎のお天気の今日、
行くつもりはまったくなかったのですが、
なんとなく近くまで行く用事があったりして…、
結局、吸い寄せられるように、
ふらふらお散歩してきました。



雨の平城京天平祭。
見事にブレた画像ばかりですが、
しっとり感がお伝えできればと…。笑





































光の天平行列。
文字通り、皆さん光ってました。






こんなお天気でしたが、
コンサート会場?みたいなテントのエリアは、
結構人も多く、賑わってました。



平城京天平祭は、明日(…というか今日21日)まで。
詳しくはコチラ→http://www.tenpyosai.jp/






平城京天平祭☆夏 2011


平城京天平祭☆夏に行ってきました。
初日(19日)は花火も上がるということで、
どこで見ようかなぁ〜と迷ったあげく、
やっぱり大極殿まで行くことに…。






去年とほぼ同じ雰囲気で、
特に目新しいものはなかったですが、
でも幻想的な平城宮跡の夜、
気持ち良い風にふかれて、
とても心なごみました。







第一次朝堂院上空では、
昨年と同じく、巨大バルーンがぷかぷか夜空を浮遊し、
天の川がピカピカ光ってました。














20時に始まった夜空を彩る花火も、
思っていたよりも盛大で見事なものでした。
280発上がったそうです。




残念なことに、
iPhoneで録画したデータは破損していて、
ほとんど画像も残っていないので、
ここでご紹介するのは前半部分のわずかなものですが…(>_<)




後半になるほどに、
華やかなものになり、
去年同様、鹿やカエルやお花などを形づくる珍しい花火もあり、
会場も賑わいました。






第一次大極殿前の、
約1万個のろうそくがずらりと並ぶ様子は圧巻。
厳かな気持ちになります。






原っぱ越し遠くに見える朱雀門。



私は、ごくシンプルに、
朱雀門から大極殿への往復で帰ってきましたが、

佐伯門東グラウンドでは「夏の夜市」として縁日や夜店が並んでいるようですし、
近くの特設ステージからは楽しげな演奏が、
聞こえていましたので、
いろいろ工夫を凝らしたお楽しみが他にもたくさんあるのかも。

詳しくはHPをご覧ください⇒平城京天平祭|2011☆夏






たそがれ朱雀門と大極殿




なら燈花会は、
今日が最終日だなぁ…なんて思いながら、
反対方向の、ほとんど人がいない平城宮跡を歩いてきました。(^_^;)



大極殿



そして、朱雀門




風が気持ち良くて、
なんだか、
早くも秋みたいな夏の夕暮れでした。

お盆を過ぎれば、
見える景色もまた様変わりするのでしょう。







淋しそうな嘉十郎さん





夕暮れ時、
平城宮跡に立ち寄りました。






朱雀門前の嘉十郎像あたりが、






現在、
発掘調査のため、
立ち入り禁止になってます。






なんの風情もない網の柵に囲まれ、
雑草もちらほろ茂る殺風景な平地のど真ん中で、
棚田嘉十郎翁像が、





ポツンと淋しそうに見えました。(涙)



平安京遷都後、
何もかも忘れ去られ、
農地として使われていたこの場所を、
奈良町の東笹鉾町(ひがしささぼこちょう)で、
植木業を営んでいた棚田嘉十郎さんが、
1900年(明治33年)、
私財を投じて保存運動をはじめたおかげで、
今ここに宮跡が広がっているわけですから…、

今日の嘉十郎さん、ほんとに淋しそうに見えたけど、
こうして発掘調査が行われているのも、
何もかも嘉十郎さんのおかげ。
だから、
きっと温かい気持ちで見守っていて下さってることでしょう。





そんな平城宮跡は、
1998年には世界遺産にも登録されましたが、
先日目にしたニュースによると、
ユネスコ世界遺産委員会が、
景観を損ねているとして、
早急に撤去するよう日本政府に求める決議を採択
したのだとか。

景観を損ねていると指摘された場所は、
駐車場(285台)と、
復元された大極殿を囲む木製柵(全長約800メートル)。

たしかに、
あの柵、安っぽいとは思っていたけど…、
昨年の平城遷都1300年祭の準備のとき、
お金が足りなくて、
苦肉の「柵」なんですよね、あれは、たしか。(苦笑)





でも、安っぽいとかそういう理由じゃなくて、
本来、平城宮跡は、考古遺跡として世界遺産に登録されているわけですから、
方向性がズレているだろう…ってことでしょうか?

冒頭のように、
いくら風情もなにもない金網の柵で囲まれていようとも、
発掘調査等々こそが、
本来の世界遺産登録の意義でしょってことなんでしょうね。


平城宮跡なんと無粋な駐車場…ユネスコ撤去決議
読売新聞 7月1日(金)7時44分配信
世界遺産に登録されている平城宮跡(奈良市)に整備された駐車場(285台)と、復元された大極殿を囲む木製柵(全長約800メートル)について、ユネスコ世界遺産委員会は29日、景観を損ねているとして、早急に撤去するよう日本政府に求める決議を採択した。
文化庁記念物課は「世界遺産委員会から正式な連絡はないが、地元と協議して対応を決めたい」としている。
奈良県によると、駐車場などは昨年開かれた平城遷都1300年祭にあわせ、文化財保護法に基づいた国の許可を得て、地下の遺構に影響しない仮設施設として設置。観光客の利便性などに配慮し、遷都祭終了後も残した。駐車場は5年後をめどに撤去し、柵については、奈良時代にあったとされる「築地回廊」を国土交通省が復元整備してから撤去する計画だ。

平城宮跡なんと無粋な駐車場…ユネスコ撤去決議 (読売新聞) - Yahoo!ニュースより引用転載






雨上がりの平城宮跡 ドラマチックな展開


連日、よく降ります。
まだまだ雨模様は続きそうですが、
今日の夕暮れ時、雨が一休みしたすきに、
平城宮跡を歩いてきました。



灰色の空に、
ほんの少しやんわりと、
淡いオレンジの光が、
西の空を染めあげていました。


南に目を向ければ、
はてしなく広がる緑のじゅうたんが、
さわさわ気持ち良さそうに揺れてます。






先週末、
この辺り(平城宮跡 東院地区)で、
銅製の火舎(かしゃ)の獣脚(じゅうきゃく)
(高さ、幅、奥行き各約4センチ)が2点見つかったと報じていました。
有力者が近くで居住していたことを裏付ける発見とのこと。
平城宮跡:有力者居住、裏付け 火舎の獣脚3点見つかる−−東院地区 /奈良



平城宮跡の発掘作業は、
棚田嘉十朗によって「奈良大極殿保存会」が設立され、
1924年から発掘調査が始まり、
1959年以降は奈良国立文化財研究所が発掘を継続してます。
奈良文化財研究所


今も、この広大な原っぱには、
1300年前の息吹がたくさん潜んでいるのですね。
発掘調査は、今後何十年もまだまだ続くことでしょう。


ツバメが、
華麗に空を飛び回る姿をぼんやり眺めながら…、
カエルの鳴く声に耳をすましながら…、
刻々を変化する西の空を、
眺めていました。





こんな風に、
このまま、
柔らかなオレンジの光が西の向こうに沈んでいくんだなぁ〜と、
ぼんやり空を眺めたいた矢先、

いきなり、
山の向こうの厚い雲が散り散りに割れて広がって、
燦然と神々しい光が広がり始めました。







な、なんなんだ、この劇的変化は?!

私は、
あ然としながらも、
あまりに美しさに、
どんどん西の空に吸い寄せられて…






「大極殿まで来なさい」って、
まるで天からお告げをうけているような、
そんな気分になって…(笑)







平城宮跡の東のすみっこに突っ立ていたというのに、
夢遊病者のように、
てくてく、
いや、
ほとんど小走りで、
北西むかって突進していったのでした。






私が、大極殿まで行きついたところで別に何も起こりはしないんですけどね、
とにかく、今日のドラマチックな夕焼けの一部始終を、
大極殿とともに見届けたという…、
何ともいえない満足感に包まれたのでした。

いやあ、今日はまったく、ほんとに、
見事な夕焼け空でした。




しかし、
大極殿まで行ったものの、
すっかり日が暮れた平城宮跡のぬかるんだ道を、
南の朱雀門あたりまで歩かねばならず、
むちゃくちゃ怖かったです。

それに、
今、また外はどしゃ降りで、
雷までごろごろ鳴って、
愛犬が震えてる…。




<追記>
平城宮跡、大極殿は北、朱雀門は南です。(訂正済み)
信じられないようなボケた間違い、
たいへん失礼しました。






平城宮跡 昨日の朝の空


今日も、
奈良のお天気は変な感じです。

雨は降ってませんが、
今にも降りだしそう…。

そして、
昨日はあんなに温かだったのに、
今日はちょっと肌寒い(…ような気がしているのは、もしかして私だけかも?)

以下、
昨日の朝まだ晴れ間が広がっていた時間に、
平城宮跡を少し歩いたときの画像です。

朱雀門のハナモモが満開でした。
















北に見えるは大極殿。



明日から、
この平城宮跡で、
平城京天平祭が開催されます。

広大な平城宮跡…、
よく見ると、
敷地内のあちこちで、
いろいろ準備が進められている様子でした。















































平城京天平祭公式サイト


平城京天平祭
2011 4/29(金・祝)〜5/5(木・祝)
9:00〜17:00
雨天時一部中止
入場無料(会場内でのイベントは一部有料)

場所:平城宮跡会場(近鉄大和西大寺駅から徒歩約10分)
奈良公園〜平城宮跡間 シャトルバス運行
★パーク&バスライド実施

【主 催】平城京天平祭実行委員会、奈良県、奈良市
【事務局】平城京天平祭実行委員会 TEL0742-25-0707(平日10:00〜17:00)


明日、29日11時半からは、
大極殿前庭が、
神仏宗教者の方々とともに、大震災の犠牲者の方々への追悼と、
被災者の方々の安寧を願い、共に祈る場となるとのこと。




また、
平城宮跡資料館では、
春期企画展も開催されているようですよ。





掘って見つけたモノと解ったこと−発掘速報展2009・2010 −
平城宮跡では2月19日から5月8日にかけて、奈良文化財研究所の主催で、春期企画展「掘って見つけたモノと解ったこと-発掘速報展2009・2010-」を開催します。

奈良文化財研究所では、平城宮・京の発掘調査を継続して行っております。毎年調査で明らかになった情報をいち早くお伝えするために、速報展を開催しており、今回はその第12弾です。昨年は資料館改修のため開催できませんのでしたので、今年は昨年度の調査成果も合わせて、たっぷり2年分の内容をお届けします。

公式サイトより引用転載

【開催日時】 2011年〜5月8日(日) 9:30〜16:30 
       月曜休館。月曜が祝日の場合は火曜日休館。
【開催会場】 平城宮跡資料館 企画展示室
【ギャラリートーク】 会期中、毎週金曜日 14:30〜
※展示会場にて発掘担当者が、展示解説をおこないます。



明日は、お天気回復するみたいですね。
快晴ならば、是非、
帽子や日傘をお忘れなく
水分補給できるように水やお茶を用意されたほうがいいかもしれません。



【西大寺 関連過去記事】
夕暮れ平城宮跡のライトアップ大極殿と「平城京天平祭」と「平城京歴史館・遣唐使船復原展示」2011.04.21
2011年 春の平城宮跡(朱雀門と大極殿) 2011.04.13
平城遷都1300年祭「光と灯りのフェア」を楽しむモデルプラン 2010.08.22
近鉄西大寺駅→大極殿→朱雀門→近鉄奈良駅 2009.10.21
菩提樹の実 西大寺 2009.06.18










佐保川から、平城宮跡まで


すこぶる春めいた昨日、
東の梅か西の河津桜か、
どっちに歩いていこうかなあ〜と、
思案した結果、



西の河津桜、
佐保川に行くことに決めたのでした。
(はい、ツイッターでつぶやいたとき西と東言い間違えてました。(^_^;)






通常、早咲きの河津桜は、
立春を過ぎた頃から、
蕾がほころび始めて、
約1カ月かけて満開になるそうです。

去年は、2月22日に咲いていたようなので、
「今日の陽気でいっきに蕾がほころんでいる頃かも?」と、
少しばかり期待しつつ向いましたが、

やはり、
先日の積雪のあとですし、
通常通りにしても一週間ほどまだ早いので、
まだ蕾でした。

たぶん、来週半ばぐらいに開花かな?
(過去記事 ⇒桜咲く




それでも、
その日は、かなりの見事な夕焼けが期待できそうだったので、
そのまま平城宮跡までお散歩を続行することに…。





飛行機雲に誘われるように、
旧市街を抜けて、






平城宮跡の東の出っ張ったあたりから、
中に入ります。






まさに、
太陽が、
西の山に沈もうとしている瞬間。





飛行機が、
見事な白い線を描いて、
太陽を追っかけていきました。







北の大極殿。





南の朱雀門。





日没を静かに眺める小鳥。





東の空にはお月さま。






キレイに整えられた原っぱ。





夕焼けの朱雀門。





穏やかな一日のおわり…。





キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM