Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



漢国神社の花便り




今にも降りだしそうな今朝の空模様、
高天(たかま)交差点近く、
やすらぎの道沿いの
漢国神社(かんごうじんじゃ)にお参りしてきました。

漢国神社といえば、
境内の中に祀られているおまんじゅうの祖神、
林神社(りんじんじゃ)の、
4月19日の「まんじゅう祭り」が有名です。
毎年スゴイ人なので、
私はあえてその日は避けますが…。(^_^;)



境内には、
枝垂れ桜と、
藤棚があって、
両方がほぼ同時期に咲き誇るのです。

私の知るぎり、
この界隈で一番開花が早い藤が、
こちらの漢国神社の藤。
(その次が興福寺 南円堂かな…。)

こじんまり整った境内で、
枝垂れ桜と、藤の花の両方が楽しめるので、
毎年とても楽しみにしています。

19日の「まんじゅう祭り」の頃には、
咲いていたと記憶しているのですが、
今年は、4月にしてこの気温の低さ…、
やはり開花も遅いようです。

今朝お参りしてきたところ、
ようやく少しづつ咲き始めていました。
曇り空だったこともあり今ひとつな画像ですが…。








枝垂れ桜も満開。
上品な風情で咲いてます。









場所の詳細や満開の藤の様子は、下記の過去記事をどうぞ
駅から3分 満開の藤と桜 2009.04.17
まんじゅう祭り 2008.04.19








駅から3分 満開の藤と桜


どんより曇り空から、
一転して、
急に晴れ間が広がった今日の午後…。

あさってに、「まんじゅう祭り」を控えた漢国神社(かんごうじんじゃ)

藤の花の偵察と、枝垂れ桜の様子を伺いに行って来ました。

すると、

まさかの満開!びっくり




ソメイヨシノみたいに、
同じ時期に、
一斉に咲き始めるような勘違いモードになっていまいがちな私…。(^_^;)
えっ!もぅ満開なの…とちょっと、
焦りますが、
春日大社の砂ずりの藤や、春日大社神苑萬葉植物園は、
きっとまだ先のはず…。
でも、興福寺南円堂の藤は、
今日の午後、いきなり開花が進んで、
ぼちぼち見頃を迎えつつあるようでした。
藤の見頃は、なかなか予想が難しいですね。



ところで、こちらの漢国神社は、
こじんまりしている境内なのですが、
歴史は、たいそう古く、
推古元年(593年)創建!

大昔すぎて、
私の頭では、何も想像できないデス…。(^_^;)


桧皮葺の本殿は奈良県指定文化財。






こちらが、漢国神社の境内の中に祀られているおまんじゅうの祖神、
林神社(りんじんじゃ)。↓↓↓



両サイドに鎮座する二段重ねのお饅頭が、
ツルツル光ってます。
(^.^)



日本で初めて饅頭を作ったという中国人の林浄因(りん じょういん)さんが、この場所に林家の繁栄を祈って紅白饅頭を埋めたとされる饅頭塚。

そして、
林浄因の遺徳を偲んで行われる祭りが、
毎年4月19日に行われます。
神前には全国から奉納された銘菓が供えられ、
神事の終了後には、一般の参拝者に抹茶と饅頭がふるまわれます。

今年は19日が日曜日ですので、
平日に参拝できない方、2009年はチャンスですね。
ただし、小さな神社に、
人が押し寄せるので、その点、覚悟が必要かも…。

今日、午後に参拝したときもお祭りのための、
テントがすでに張られており、
準備に忙しそうな方たちが、
頻繁に出入りされていました。

まんじゅう祭
開催期間 2009年4月19日
開催時間 11:00〜
料金 無料
主催者 林神社饅頭祭奉賛会

Yahooのイベント情報

↓↓↓こちらで動画がご覧になれますよ。

漢国(かんごう)神社(林神社) 饅頭祭(1分58秒)




枝垂れ桜も、頑張ってます。



枝垂れ桜の奥には、源九郎稲荷神社。
そういえば大和郡山市にも同じ名前の大きな神社がありました。
何か繋がりがあるのでしょうね。





こちらの漢国神社は、

なんと、

駅(近鉄奈良西口)からたった3分の世界ですよ〜。


ビルの間の奥まった場所にあるので、
見過ごさないようにご注意!

でも、まんじゅう祭の時は大勢の人があふれているので、
すぐわかると思います〜。




【関連過去記事】
2008年まんじゅう祭り







まんじゅう祭り


今日は、近鉄奈良駅近くのやすらぎの道沿い漢国神社(かんごうじんじゃ)境内にある林神社で饅頭祭り。
奈良はまんじゅう発祥の地ということで毎年4月19日にお祭りが行われます。

漢国神社の地図コチラ

日本で最初のあんこ入り饅頭を作った林浄因(リンジョンイン)さんの
命日が4月19日だったことからこの日を饅頭祭とし、
全国の菓子製造業者が、お菓子を奉納するのだそうです。







一般の参拝者にも、お茶とお饅頭がふるまわれます。
お祭りの開始は午前11時からで、
私が参拝した12時前には、すでに時おそく、
整理券の配布は終了していましたが…。

境内では、二胡演奏の奉納がおこなわれており、
そう広くない神社の中は、
多くの人でたいそう賑わっていました。

あんこ入り饅頭作りの技術を日本に伝えた林浄因(リンジョンイン)さんは、
室町期に中国から渡来し、
近くの林小路町に住んでいたことから、
漢国神社の境内に林浄因を偲び、
社殿を造り『饅頭の神』として祭るようになったのだとか。

全国の菓子業者から供えられるという銘菓のひな壇も、
ぜひ見たかったのですが、
あまりの人の多さに尻込みして断念。

それにしても、
住んでいた地域の神社に祭られるほどに
地元の人に愛された林浄因さんは、
饅頭作りの技術もさることながら、
きっと多くの人に慕われる人格者だったのでしょうね。

社殿の裏に林浄因さんご本人が、
置いたと伝えられる饅頭の形をした饅頭塚があるのですが、
こちらも、多くの参拝者で、画像に撮ることは断念。

↓漢国神社の様子。少し前まで、こちらの枝垂れ桜も美しく咲いていました。








⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら

応援してね♪


=======================================================


トラちゃんたちは、不在…
=======================================================



1

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM