Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< ニャンコ醍醐味 | main | 亀とヒナ鴨、突然の出会い >>


お水取り 東大寺二月堂修二会(しゅにえ)に関する今さらな話【1】


奈良町に貼ってあった「お水取り」ポスター
2007年お水取り
3年ほど前、私はお水取りにはまった?!ことがありまして、
夜中も続くその苦行見学に、二月堂まで通っていました。
本当にバチ当りなんですが、仏教を深く信仰しているからではなく、
なぜか単純に興味を抱きました。

私達一般人にかわって11人の「練行衆」が引き受けてくださるというこの苦行、文字通りスゴイ迫力なのであります。

苦行にはバリエーションがありまして、それぞれにびっちりスケジュールが決まっています。
狙った苦行(!)が行われるその時間帯を狙って、暗闇の奈良公園を横切って二月堂まで通っていました。

二月堂までの道中の奈良公園は、漆黒の闇の中、ときどき鹿の目が光って結構こわかったです。
さすがに、夜中の修二会見学は、お松明の観光ムードとは一変して、
かなり少ないですし、本当に厳かな雰囲気です。

ところで、修二会とは、
あまりに有名な行事で、今さらですが、
俗に「お水取り」とよばれ、約1200年余の歴史を誇る東大寺で、一度も欠かされたことがない「不退の行法」です。

二月堂の本尊、十一面観音に、僧侶たちが一般の人々にかわって苦行を引き受ける者となり、行を実践し国家安泰を祈る法要だそうです。

実は、その十一面観音が本当に存在しているのかどうか…、古来厳重な秘仏であるため、神秘の謎となっているのだとかで、
実は仏像は、この世にすでにないとか…あるとか…。根も葉もない(?)噂を聞いたことがあります。(笑)


観光の目玉、1日〜14日まで毎夜あがる大きな松明(たいまつ)が、あまりに有名ですが、この修二会の法要は、すでに先日2月18日より準備が始まっています。

修二会において、あの松明は一部分にすぎません。

11人のお坊様「練行衆」が、
2月末までの期間は戒壇院において試別火・総別火とよばれる準備期間にあてられ、声明(すべて暗記)や所作の練習や箒作りやしめ縄作りをされているのです。

おすすめDVD
小学館DVD 古寺をゆくスペシャル 東大寺修二会 二月堂お水取り




3月14日まで、少しづつお水取りマメ知識を調べていこうと思います。



追記:⇒二月堂平面図を掲載しました。

応援してね♪人気blogランキング参加中!近畿の面白ブログ満載です。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM