Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< お水取り 東大寺二月堂修二会(しゅにえ)に関する今さらな話【2】 | main | トラちゃんと梅 >>


お水取り 東大寺二月堂修二会(しゅにえ)に関する今さらな話【3】


奈良町に貼ってあった「お水取り」ポスター
2007年お水取り

えっ、お水取りはあの連日の火の祭典「松明(たいまつ)」だけじゃないの?

って、わけで…

お水取りの、夜中の行法にも興味をいだいた当時の私は、
女性見学者は外陣付近には入れないことを知り、
たいそうショックを受けました。

女人禁制が現代も受け継がれているのです。
(男性見学者は事前申し込みにより入ることができます。)


行法は、内陣とよばれる場所を中心として行われます。
内陣は基本的に戸帳で仕切られた秘密の場所ですが、
数ある行法のうち、五体投地(ごたいとうち)や達陀(だったん)などは、
礼堂(らいどう)で行われるので見学可能です。

許可された「男性」の参拝者は、礼堂を直接見学することができるのです。

男性参拝者が入るこの場所は、外陣(げじん)と呼ばれる土間のエリアです。
(ちゃんと文献等で調べた情報ではありません。あしからずです。)

じゃあ、女性はどこから見学できるのか?

外陣をとりまくようにして、さらに外陣の外側に仕切られた畳の小部屋があります。
その部屋は、比較的自由に、外部から出入りができるようになっているので、靴をぬいでその小部屋に入ります。

(部屋の正式な呼び名は知りません。(>_<)
 おそらく局(つぼね)だと思いますが、
 こちらも確かな情報ではありません。)

その小部屋の格子から、中の様子をかすかに小さくうかがい知ることはできます。
参拝者が多くて、部屋が混んでいるときももちろんあるので、
そんなときは、ほとんど見えません。

とは言え、詳細には見えないまでもシルエットは確認できますし、音や香りなどライブ感にたっぷり浸ることができます。
充分に荘厳かつ、神秘的な世界を味わえます。

また、香水授与の時には、その部屋の格子から、手の平を差し出してお香水を分け与えていただけます。

おすすめDVD
小学館DVD 古寺をゆくスペシャル 東大寺修二会 二月堂お水取り


応援してね♪人気blogランキング参加中!近畿の面白ブログ満載です。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM