Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 正倉院100年ぶりに修理 | main | 春日大社 節分万灯籠 >>


正倉院修理年表


なんとなく、
修理記録を調べてみました。

正倉院を建立した聖武天皇、
そして、そこに宝物を納めた光明皇后、
その後、1300年近く大切に守り続けてきた人々。

こういう偉業に携わる方々は、
常に、数百年単位で思考が働くのでしょうね。
先人の知恵を引き継ぎ、
未来へ繋ぐ。
カッコいいです。
日々の食事のメニューや、
老後の不安ばかりが頭をよぎる私とは大違い。
奈良の地に根付く伝統と文化の息吹を、
少しでも見習いと切に思う節分の今日であります。


■■■正倉院の修理年表■■■

■奈良時代

752正倉院宝庫、建立

■平安時代 

※ 894 遣唐使廃止

971〜974 宝庫の修理

1031 北倉(勅封倉)の修理

1057 南倉(綱封倉)の修理

1079 北倉の破損を修理

1100 北倉の修理

※1180 平氏による大仏殿の焼き討


■鎌倉時代

※1185 鎌倉幕府開く 大仏再建 後白河上皇が大仏を開眼

1193 北倉を修理

1243 雨漏りのため北倉を修理

1254 北倉に落雷


■南北朝 ・室町 ・桃山時代

※1567 三好・松永氏の合戦で東大寺大仏殿焼失
※1574 織田信長が宝物を拝観



■江戸時代

※1603 徳川家康が宝庫の修理を命じ、櫃32個を寄進

1833 江戸時代 宝庫を修理.宝物を調査


■明治 ・大正

1913  宝庫の解体修理を行う


■昭和 ・平成

1953 東宝庫完成

1962 西宝庫完成

2011〜2013 屋根瓦全面ふき替え修理予定

【関連記事】
正倉院100年ぶりに修理


大仏殿が何度か酷い目に遭っているにもかかわらず、
正倉院が、難を逃れることができたのは、
北側の境内のはずれた場所だったから。(?)

わずか数百メートルの差が、まさに運命の分かれ道…。
正倉院が、もう少し大仏殿に隣接していたなら、
今頃、正倉院は影も形もなく、
「正倉院 」などと呼ばれていたかもしれないですね。

クリックでグーグルの地図に飛びます。






コメント
コメントする








   

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM