Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 燈花会最終日と春日大社中元万燈籠と東大寺万燈供養会 | main | 晩夏と鹿男の木 >>


南大門も味わう東大寺万燈供養会


昼間、三条通りからみた、
実に美味しそうな入道雲!



しかし、
今日も、ぶったおれそうな炎天下で、
日中はひたすらじっと息を潜めてました。(>_<)



すっかり日も落ちた頃、
ようやく東大寺万燈供養会へと向かったのは夜の7時30分過ぎ。

人ごみを避けて、
北町界隈の裏道をぬけて東大寺に到着すると…、

ある程度は覚悟していたのですが、
やはり、
すでに、南大門まで横幅もびっしり人がつまった長蛇の列です。



一番、混みあっている時間帯に来てしまったことを後悔しつつ、
そのまま、
しばらくは進まないであろう列の最後尾につき、
遥か前方の大仏殿を尻目に、

ライトアップされた南大門を、久しぶりにしみじみと仰ぎ見ました。

無骨にざくざく入り組んだむき出しの木材が、
迫力です。

南大門は、1199年、東大寺を復興した重源(ちょうげん)が再建。
当時としては珍しく「強度」を最優先に考えたと言われる斬新でダイナミックな建築様式だそうです。
幅29メートル 高さ25メートル。



その南大門には、ご存知、身の丈8メートルの金剛力士像が、
ずっと上のほうの暗闇から、
ジッとこちらを睨みつけます。
ライトアップのせいで、いつもにも増して筋肉隆々

こちらの、への字に口を閉じていらっしゃるのが吽形
1203年 木造 8.38メートル


もう一人の口をあけていらっしゃるほうが、阿形
阿形は、
うまく写せなかったので、
…というか時節柄(?)、なんだか心霊写真っぽく、
白い丸いオーブと呼ばれるものが、
いっぱい写ってしまったので公表は控えます…
私自身は、霊感があるわけではないのですが、
変な話、8月の奈良はスゴイかもしれません。(^_^;)



これら金剛力士像の制作者の中心は、あまりに有名な、大仏師である運慶、快慶、のふたりですね。
お弟子さんたちと、
わずか69日間で造られたものだと言われています。

そして、昭和63年から5年がかりで解体修理された話も有名です。
その時のエピソードは、NHKのプロジェクトX
取り上げられていました。


ま、そんな風に色々と思いを馳せていること30分。
40〜50分はかかるかと予想していたので、
思ったよりは短い時間で、
入堂の順番は回ってきたのでした。

うっ〜、、、でも、やっぱり今回も、私のカメラでは、
上手に写りませんでした。悲しい

まったく雰囲気を伝えきれていない画像ですが
一応、記録として、(涙)







大仏殿参拝順路の看板。




あとは、
朝、撮った大仏殿の画像もどうぞ〜。(^.^)






コメント
こちらの写真で窓からお顔を拝ませて頂きました。夜間の無料拝観、一度は行ってみたいものですが、人込みが・・・。14日に鏡池周辺に行きましたが、やはり参道は大渋滞でした。今日は万燈供養会もあり、さらに混み混みだったでしょうね。
スゴスギマス、この雲! 生きてますね!
本当に奈良は空と雲のコラボが神業だと思います。
  • にゃら
  • 2008/08/16 9:22 AM
私も昨年、一昨年は7時とか7時半とかに行きましたが、すごい行列で、南大門よりもさらに遠く、交差点の所が最後尾でした。
それで、今年は作戦変更で、9時に行きましたら、少しマシでした。それでも10分待ち位でしょうか。帰る頃の9時半頃は待ちなしで、すっと入ってるようでした。
ま、何にしましても、大仏様が今年もお窓から拝見出来たのは、とても幸せです。

燈花会の帰りに次女と東向きの弁天さんの前を通りましたら、お社にゃんこが寝ていました。夜にあそこを通る事はあまりないので、目撃出来てちょっと嬉しかったです。
私も昨夜の大仏殿行きました。確かに南大門あたりまで行列がありびっくりしました。春日万燈籠の様子を見て9時過ぎに大仏殿に戻ったときは、列もだいぶん短くなっていたのでスムーズに入場。中ではカメラマンと警備のおじさんが「立ち止まらないと写真は撮れないVS.立ち止まるな」で揉めてました。
ここ数年は毎年見ていますが、幻想的で良い雰囲気です。写真はよく撮れていると思いますよ。ちなみに大文字の巨大うちわを500円でゲットしました。
  • futorumin
  • 2008/08/16 3:38 PM
jp3pzd様

>こちらの写真で窓からお顔を拝ませて頂きました。

恐縮です…。
美しく撮れなくて大仏様ごめなさいって感じです。(^_^;)

>夜間の無料拝観、一度は行ってみたいものですが、人込みが・・・。

大渋滞は避けがたいですが、
でも、東大寺は人の流れも早いので、
思ったよりりは案外、少しの辛抱ですよ!(笑)
jp3pzdさんが撮影された夜間の大仏様を拝見したいので、
ぜひ、いつか挑戦してくださいませ〜。
  • 管理人
  • 2008/08/17 3:09 AM
にゃら様

>スゴスギマス、この雲! 生きてますね!

スゴイですよね〜。

この時は、一瞬、
暑さのために頭がボケて、
巨大カキ氷の白昼夢を見ているのかと焦りました。(笑)
  • 管理人
  • 2008/08/17 3:09 AM
かたちゃん様

>南大門よりもさらに遠く、交差点の所が最後尾でした。

私も以前は、9時前頃に参拝することが多かったので、
南大門までの列を見たときは、実は、すぐ踵を返して、
帰ろうかと思いましたが…何とか思いとどまりました。
交差点まで行列が伸びていたとは〜(>_<)
かなり強烈ですね…
来年からは再び9時前に参拝しようと心に誓いました。(笑)

そして、そして、お社にゃんこに会われたとのこと、
情報ありがとうございますです。
最近、めっきり見なかったので、ちょっと心配してました。(^.^)
  • 管理人
  • 2008/08/17 3:09 AM
utorumin様

>春日万燈籠の様子を見て9時過ぎに大仏殿に戻ったときは、列もだいぶん短くなっていたのでスムーズに入場。

やはり9時前が狙い目ですね♪
来年は、ばったり大仏様の前でお会いできるかもしれません。(^_^)v

>中ではカメラマンと警備のおじさんが「立ち止まらないと写真は撮れないVS.立ち止まるな」で揉めてました。

私のときも、警備の方が、大声で注意を呼びかけていました。
カメラマンの人たちの気持ちもわからなくもないですが…、
お寺や神社は段差が多いので、あの人ゴミで階段でも踏み外すと、
多くの人を巻き添えにタイヘンなことになりそうですからね。

>写真はよく撮れていると思いますよ。

ありがとうございます。
励みになります。(涙)

あの大文字の巨大うちわは直筆サイン(!?)なんですよね。
500円は、実にリーズナブルです。
というかたしか売上は、寄付されるんですよね(?)
私も、来年はぜひゲットしたいです。
  • 管理人
  • 2008/08/17 3:12 AM
巨大うちわが直筆かは不明ですが、直筆ならうれしい限りです。お坊さんのサインは3種類くらいあったのですが、私は東大寺の狭川さんのものを購入しました。ただ、裏に企業広告が印刷されているのが何とも残念。でも、この大うちわで500円は価値ありです。おそらく売上げは奈良大文字保存会に寄付されるものと思われます。
  • futorumin
  • 2008/08/17 1:34 PM
こんばんは〜。

本当に美味しそうな雲ですね。
綿菓子のような特大パフェのような♪

こちらの日記にあった「阿修羅像」を観に行きたかったのですが、お盆は実家を行ったり来たりしているうちに終わってしまいました。(T_T)

いつか生阿修羅像をみたい、また、献燈会に行きたいです。
  • よっつぁん
  • 2008/08/17 10:51 PM
futorumin様

>巨大うちわが直筆かは不明ですが、直筆ならうれしい限りです。

うろ覚えなのですが、
一枚一枚手書きされているとどこかに説明があったように思います。(?)
でも企業広告も印刷されているとは知りませんでした。
たしかに、あれだけ大きなサイズなので、
スポンサーがないと500円の売値維持が困難なのかもしれませんね…(^_^;)
  • 管理人
  • 2008/08/18 1:06 AM
よっつぁん様

>本当に美味しそうな雲ですね。
>綿菓子のような特大パフェのような♪

そうなんですよ〜
かなり物欲しそうな顔で、空を見上げていたかもしれません。(笑)
お盆はやはりご実家ですよね。(*^_^*)/
やはり、お盆・正月は、意外に忙しかったりしますよね。
ぜひ、暑さがひと段落した頃、
阿修羅像に会いにいらしてくださいませ〜。
またお会いできる時を楽しみにしてます♪
  • 管理人
  • 2008/08/18 1:06 AM
コメントする








   

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM