Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< お水取り 前行「試別火(ころべっか)」 | main | お水取り 花ごしらえ >>


お水取り 試みの湯


東大寺お水取りの、僧侶「練行衆」が21日、

境内を巡って参籠(さんろう)中の無事を祈る「社参」を行ったと

報じていました。




参籠の無事祈願、練行衆が「社参」…奈良の修二会
奈良市の東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)(お水取り)で、前行の「試別火(ころべっか)」に入った僧侶「練行衆」が21日、境内を巡って参籠(さんろう)中の無事を祈る「社参」を行った。
 土の上に降りることも許されない「総別火(そうべっか)」入りしている新入を除く練行衆10人は、午後1時すぎ、戒壇院の別火坊を出発。戒を授ける「和上」の北河原公敬・上院院主を先頭に、八幡殿、大仏殿、天皇殿、開山堂の順に参拝した。途中、役職者以外の「平衆(ひらしゅ)」がほら貝を吹き鳴らした。
 社参に続いて、二月堂近くの湯屋では、参籠の意志を確認する儀式「試みの湯」が行われた。

参籠の無事祈願、練行衆が「社参」…奈良の修二会 季節のたより:季節 自然 関西発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)より引用転載
-----------------------------------------------


この21日は、昼食後、午後1時から、
新入を除く練行衆全員で「社参」「試みの湯」に出発します。

道順は、東大寺境内の、

八幡殿⇒大仏殿⇒天皇殿⇒開山堂⇒二月堂下の湯屋

その道中、行列がどこを歩いているかわかるように、
「猫段」「大鐘」「法華堂下の石段」で法螺貝を吹くそうです。

特に、転ぶと猫になってしまうという言い伝えの恐怖の石段「猫段」を、
歩くときは要注意ですね。
万が一練行衆が階段を踏み外したら、みなさん猫になってしまい、
法要が行えなくなって大変です!(笑)
※関連過去記事⇒東大寺の猫段


11名の練行衆にはそれぞれ役配があるのですが、
湯屋に着くと
修二会の進行を司る堂司(どうつかさ)が、

脱衣場で「新春の御慶(ぎょけい)」と言います。

他の練行衆が、これにそれぞれの立場の返答で応えて、
本行(ほんぎょう)への覚悟を決めることになるそうです。



そしてその後、入浴。





えっ入浴って!

湯屋って!

あの大湯屋のこと?

今でも本当に入浴できるの?!

ビックリ!!!





↓↓↓二月堂への裏参道途中の 「大湯屋」。(おおゆや)

※建物は室町期の再建。中にある鉄湯船(鋳鉄製で口径232cm)は鎌倉期に
 重源が造らせたもの。
 建物内は非公開。参考文献:芸術新潮「東大寺という宇宙」



もとは僧侶が身を清めるためのものですが、
仏教を広めるために寺院へ参詣する人々にも使わせるようになり、

その結果、
大湯屋を利用した人々がお布施を置くようになり、
それが入浴料となって銭湯の原型になったらしいです。

貧しい人たちの垢をぬぐってあげるためにと、
聖武天皇の后光明皇后が提案された法華寺の「から風呂」も
有名な話ですね。



へぇ〜現在でも、

室町期の、この大湯屋が使うとは!!びっくり

さすが1200年以上も続く伝統行事!!!



と思いきや、

もちろん、そんなわけはなく、

二月堂のすぐ下に、

別の「二月堂湯屋」がちゃんとあるんだそうです。


二月堂の舞台から見た景色




それにしても、

お風呂の脱衣場で、覚悟を確認するって…、

不思議…。

「覚悟を固めて身を清める」ということでしょうか?( ̄ー ̄?).....??


【関連過去記事】
お水取りカテゴリー



コメント
分かりやすい解説ありがとうございます。21日13時に別火坊を出発とありますが、15時ごろに二月堂にいましたが、行事が終わった後だったんでしょうね。おしいこと?をしました。
>15時ごろに二月堂にいましたが、行事が終わった後だったんでしょうね。

15時ごろは、僧侶の皆さんは、
ご入浴でさっぱりされていた頃かもしれませんね。(笑)
惜しかったですね。
たとえすれ違わなくとも、
境内で法螺貝が聞こえてくるだけでも、
かなり感動ですよね。

でも、知ったかぶりで記事にしている私はといえば、
当日、かなり離れた場所、県立美術館あたりをうろうろしてました…(^_^;)
来年はぜひ、猫段で練行衆を待ち伏せしたいです!
  • 管理人
  • 2009/02/23 12:31 AM
管理人さんのお陰で 奈良のいろいろな行事のことが分りわくわくしています。
主婦というところが少し辛い??
直ぐに行事に参加できな〜い。(笑)
暖かくなったら奈良公園に行きたいと思っています!!
  • マダム千代
  • 2009/02/23 11:50 AM
マダム千代様

>管理人さんのお陰で 奈良のいろいろな行事のことが分りわくわくしています。

そもそも私自身が知らないことだらけなので、
調べながら「へぇ〜へぇ〜」と、
一人、不気味につぶやきながら、
ワクワクしつつ更新してます。(笑)

少しづつ確実に春が近づいてますね。
そろそろ鹿さんたちも、
換毛期で、ボサボサになってきました。(^_^;)
暖かくなったら是非いらしてくださいませ〜
  • 管理人
  • 2009/02/24 12:50 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM