Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 2009年 お水取り8日目籠松明仕上げ | main | 2009年 お水取り9日目 >>


2009年 お水取り8日目「食堂作法」と「生飯投げ」(さばなげ)


修二会(しゅにえ)通称 お水取りの8日目のお昼。


修二会の練行衆(れんぎょうしゅう)は、毎日正午から、

「食堂(じきどう)作法」に臨まれます。

連日深夜まで荒行が続くにもかかわらず、
この正午の食事が、1日にたった1度の正式な食事で、
このあと一日の行が終わるまで、
水一滴たりとも飲むことは許されないのだとか…。



回廊の石段下付近では、
食堂作法のために、
童子の方々が食堂の中へ行ったり来たり、
忙しそうに準備をなさっていました。



諸道具もいろいろあるようで、
どれをとっても作法に欠かせない大切なも。
しかも細かいことまでびっちりお作法があって、
ややこしくてたいへん難しいのだそうです。(^_^;)

お食事内容は、日により異なるそうですが、
だいたいが一汁一菜で、大根の漬け物やお味噌汁など。



全部、一度に配るものではなく、
出す順番が厳密に決まっていて、
しかも、食前に30分以上の祈りが行われるので、
作法が全部終わるころには、
ご飯もすっかり冷めてしまっているんだそうです。

また必要なときは、箸で机をたたいて用件を満たすお約束ごと?があるらしく、
私が、食堂の外で待っている間も、
この箸で机をたたいているのであろうカタカタカタカタという音が聞こえてきました。

不思議な習慣ですね…(^.^)



最後に、
練行衆の「生飯(さば)投げ」の場に立ち会うことができました。

「生飯(さば)」を思いっきり屋根に向けて投げられた直後の練行衆。↓



この 「生飯(さば)投げ」とは、

鳥獣にもご飯を分け与えるという意味合いがあり、

「食堂作法」を終えた連行衆が、

食堂を退出する際に、

あらかじめ取り分けておいたお米を、

向かいにある閼伽井屋(あかいや)の建物の屋根に向けて投げることです。


順次、出てこられて、
次々、閼伽井屋の屋根に向けて投げていらっしゃいます。



生飯(さば)を、すばやく投げて、
整列されるためにくるっと振り向かれます。









投げられた生飯(さば)



目ざといカラスがすぐに飛んできて、

持ち去りました。


食堂から退出された練行衆が一列に並ばれます。



そして、お祈りをされ、



すみやかに参籠所に戻られました。






このあと、

身に着けている袈裟だけを着替えて、

すぐに上堂。

日中・日没のお勤めに臨まれます。



【お水取り関連過去記事】
お水取りカテゴリー

参考文献:
お水取り(小学館)
二月堂修二会お水取り (東大寺発行)



コメント
お早うございます。

食堂作法って、食事一つにも修行が伴うものなんですね。
一汁一菜で、1日にたった1度の正式な食事しか取らず、一日の行が終わるまで、水一滴たりとも飲むことも許されないなんて。
凡人には一日も持ちそうもありません。

お水取りって、実は大変な業なのですね。このプログに出会うことが出来て、初めて知りました。
貴重な情報ありがとうございました。

暫くは、社員食堂の食事にも文句を言わずに、頂こうと思います。
  • ZARD
  • 2009/03/10 8:49 AM
初めまして。奈良倶楽部通信と申します。
修二会の記事、写真もたくさん載っていて臨場感があって、毎日楽しく読ませていただいています。(実は追っかけ中の私の姿も写真の中にあるのですよ^^)今日アップ予定の私のブログにこちらのブログをリンクさせていただきました。事後承諾ですがご了解いただけますか?(コメント欄でのオープンなやりとりで失礼します)どうぞよろしくお願いします。
これからの修二会の記事も楽しみにしていますね。ではでは☆
  • naraclub
  • 2009/03/10 6:32 PM
ZARD様

>食堂作法って、食事一つにも修行が伴うものなんですね。

私も、これは美味しいとか、こんなの美味しくないとか、
あれこれ好き放題言ってますが、
ちゃんと3度もご飯が頂けることがすでに感謝の嵐ですよね。
しかも超リラックスで、楽しく、わいわいおしゃべりなんかしながら、
お酒も頂いたりしながら…。(^_^;)
感謝、感謝です。

>お水取りって、実は大変な業なのですね。このプログに出会うことが出来て、初めて知りました。

そんな風にご感想をいただくと励みになります。
ありがとうございます。
日頃の私達の、もろもろの罪(お肉を頂くために殺生しているなど…)や、
心のけがれを、練行衆がかわりとなって懺悔してくださる法要…
練行衆の方々から伝わってくる緊張感、超カッコいいです〜。
  • 管理人
  • 2009/03/10 11:43 PM
奈良倶楽部通信 様

はじめまして。(*^_^*)
このたびは、素敵な奈良倶楽部通信さんのブログでご紹介くださり感激です。
ありがとうございます。

>(実は追っかけ中の私の姿も写真の中にあるのですよ^^)

w(゚o゚)w オオー!!
無断で申し訳ないです。すいません!
差し支えございませんでしょうか?
鮮明に大きく載ってしまっているようでしたら、
モザイクかけますので…。(^_^;)
お手数ですが、下記によろしくお願いします。m(__)m
↓↓↓
http://blog.narasaku.com/?month=200202

奈良倶楽部通信さんの、
ブログ(http://naraclub.blogspot.com/)を拝見してますと、
実に繊細にに奈良の情報を発信されているので、
しばし、じっくり読みふけってしまいました。
知らない情報も満載で、とても勉強になりました。
特に、東大寺職員のおじさん達の会話!
ああ、そういうことだったのか…と。(笑)

こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いします。
  • 管理人
  • 2009/03/10 11:43 PM
こちらこそ、ありがとうございます!
でも毎日アップされてるなんて紹介してしまって、かえってプレッシャーでしたね^^;(ごめんなさい)

>鮮明に大きく載ってしまっているようでしたら、モザイクかけますので…。(^_^;)

いえいえ、ほんの後ろ姿で、誰も気がつかないとくらいの小ささで^^

ではまた楽しみに読ませていただきますね☆


  • naraclub
  • 2009/03/11 5:24 PM
naraclub様

お忙しい中、
ご返答コメントわざわざありがとうございます。

>でも毎日アップされてるなんて紹介してしまって、かえってプレッシャーでしたね^^;(ごめんなさい)

いえ、いえ、とっても励みになってます。(*^_^*)/

>ではまた楽しみに読ませていただきますね☆

こちらこそ、
楽しみに拝見させていただきます。
  • 管理人
  • 2009/03/11 10:11 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM