Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 2009年桜 氷室神社しだれ桜 | main | 2009年夜桜 氷室神社 >>


若草山開き


今日から若草山の山開きです!


きょう若草山開き 鹿せんべいとばし
奈良市の若草山で20日、山開き(21日)を前に、恒例の「鹿せんべいとばし大会」(若草山山びらき実行委員会主催)が行われ、参加した観光客ら約1000人が中腹の特設ステージから直径20センチの鹿せんべいを投げて飛距離を競った。
(2009年3月21日 読売新聞)

奈良 地域 YOMIURI ONLINE(読売新聞)より引用転載
------------------------
期間 2009年3月20日〜6月21日
開催時間 入山時間/9:00〜17:00
料金 大人(中学生以上)150円、小人(3歳以上)80円
問い合わせ先 奈良公園管理事務所 0742-22-0375

若草山は開山時期が設定されていて、
春から初夏にかけての3ヶ月と、夏の間の数日、そして秋の2ヶ月間、
それ以外は閉山されています。
(多分、芝の保護のため?
 閉山中は他の登山ルートもいくつかあるようです。
 私は、まだ試したことがないのですが。)


今日みたいな快晴の日、

若草山に登れば、

気持ちいいだろうなぁ〜


…と空想しつつこうしてパソコンに向ってます。(^_^;)


夏や秋の開山時期とはまた異なる趣。
春ならではの風情、ピンクに染まる若草山は本当に素敵です。

何にもしないで、
ボーっと春のそよ風に吹かれて、
奈良の絶景を眺める…
最高の贅沢ですね。
(紫外線対策を忘れずに。)


下記、撮りためた古い画像から抜粋してみました。

あと一週間もしたら、
若草山も桜色に美しく染まるのでしょう…
楽しみ


記憶が曖昧ですが、たぶん一重目くらいの場所から撮った画像です。(^_^;)
ゲートから山道を15分くらいも登ればこの場所に到着しますよ。
↓↓↓


標高約342m。
若草山は山が三つ折り重なっているので、
下から1つめの山を一重目、
2つめを二重目、
3つめの若草山山頂を三重目と呼んでいます。



山のいたるところで、目につく
1月に行われた若草山の山焼きの焼け跡。
黒こげの合間には、ツヤツヤの、
新芽を見つけることができたりして感動します〜。


ところで、

山焼きといえば、
先日、大分県由布市の原野で野焼き作業中、
火に巻き込まれた四人が死亡する痛ましい事故がありました。

他にも、今年に入ってから別の野焼きが
原因と思われる焼死事故が起きています。

毎年、私達が若草山の山焼きを、
暢気に楽しみながら見物してますが、
ひとつ間違えば、
こんな大惨事になってしまうのかと…、
改めて気づかされる事件でした。

中日新聞で「野焼き 幅広い参加で安全図れ」と題する、
興味深い社説があったので
以下、備忘録として引用転載します。
-------------------------
野焼きはまだ成長していない害虫の駆除、
草の新芽の成長などを助けるため、農地の周辺や川の堤の法(のり)面、牧草地などで実施する。野焼きの後、ツクシやワラビが育ってくるのも、初春の風物詩として親しまれてきた。

(中略)

だが、順調に運ばない事情もある。野焼きはもともと農家中心の共同作業として行われてきた。農村でも宅地化が進み非農家が増えてきた地域では、農業人口の高齢化とあいまって、作業に参加できる人々が急速に減っている。

 作業には延焼の防止をはじめ、万一に備えて消火活動に移れるよう、人員と機材の準備に万全を期す必要がある。今回のように高齢者の多い地域では十分な対応策が取れず、事故になったのはまことに残念である。

 いわば野焼きは無農薬の農業を再生し、生態系の保全につながる一歩となる。一部の地域ではすでに試みられているように、野焼きの意義をもっと広く広報し、安全管理を中心に作業全般に自発的に参加する人々を、地域の内外から募ってはどうだろうか。とくに若い世代が、一年に一日でも加わるのが望ましい。

-------------------------
中日新聞野焼き 幅広い参加で安全図れ社説(CHUNICHI Web)2009年3月21日


奈良は火を扱う行事が多いです。
その裏には、
長い伝統で培われたノウハウと、
危険を顧みず縁の下の力持ちで活躍されている方々の存在があるのですね…。
感謝。


↓↓過去記事より再掲載









若草山入山ゲートへは、
近鉄奈良駅からバス(奈良交通)で「大仏殿春日大社」を下車。
徒歩約10分ほどです。

近鉄奈良駅から直接、若草山まで歩いても20〜30分ほど。

↓クリックでグーグルの地図に飛びます。


春の開山⇒2008年(平成20年)3月15日(土)〜6月15日(日)
入山時間⇒9:00〜16:30
入山料⇒大人150円、小人80円
奈良県奈良市春日野町若草157
奈良公園管理事務所:0742-22-0375




山頂へのルートは、
春日山原始林遊歩道(無料)などもありますが、
開山時期は、若草山ゲートから登るのが一番早いと思います。



いずれにせよ、
一重目(いちじゅうめ)までは、のんびり登っても15分ほど。



さらに、二重目・三重目と、景色を楽しみながら、
山頂には1時間程度で到着。





【関連過去記事】
冒険と感動の若草山プチ登山
2009年 若草山山焼きの花火



コメント
こんにちは〜
若草山は自力で登ったことないのです。

バスツアーで夜景を見たときと、藤の花が原始林覆っている時にタクシーで登った山。

あの〜ぉスミマセン・・・山違うかしら?
道は若草山ドライブウェーでしたが。

山焼きは見に行って山焼きの方向はわかるのですが^^



  • haniwa
  • 2009/03/21 3:16 PM
haniwa様

こんにちは(*^_^*)

ご遠方からお越しですから、
なかなか徒歩での若草山登山は、
難しいかもしれませんね。

ゆっくりゆっくり登っても、
1時間もかからない距離ではあるのですが、
急な坂道ですので、
観光のスケジュールが盛りだくさんのときは、
タクシーで行かれることがやはり正解だと思います。

頂上でゆっくりボーっとできるお時間の余裕がおありのときは、
爽快感が違いますので徒歩がオススメです〜。(^.^)

>バスツアーで夜景を見たときと、藤の花が原始林覆っている時にタクシーで登った山。

私も車のルートのことは、
自分で運転して行ったことがないので曖昧ないのですが、
多分、道が違うだけで、到着された場所は同じ若草山だと思います〜♪
  • 管理人
  • 2009/03/21 9:45 PM
今日はとってもいい天気でしたね。若草山から見る景色も素晴らしかったでしょうね。

はるか昔の子供の頃、よく親に連れて行ってもらいました。子供時代に鹿と写っている写真・・大阪の人のアルバムに一枚ぐらいはあるんですよね(*^_^*)

今日は若草山ではなくて明日香の万葉文化館へ行き万葉の世界にタイムスリップして来ました〜(^^)
  • えっちやん
  • 2009/03/21 9:56 PM
えっちやん様

>はるか昔の子供の頃、よく親に連れて行ってもらいました。子供時代に鹿と写っている写真・・大阪の人のアルバムに一枚ぐらいはあるんですよね(*^_^*)

私も、はるか昔、よちよち歩きで祖母に連れられて、
奈良公園を歩いている古びた写真があります!

私の周囲8名にアンケート調査したところ、
関西人の多くが、一度は、幼児期に奈良にきて、
その次は、小学校の遠足で奈良に来て、
次は、10代の初デートで奈良にきて、
その次は、10年くらいブランクがあって再び奈良にくる…
ってパターンが多いみたいですね。(笑)

明日香は、奈良公園界隈とはまた違った空気が流れていて、
ときどき訪れたくなる場所です〜
  • 管理人
  • 2009/03/22 11:09 AM
オバカな質問にお答いただきありがとうございました。
若草山からの東大寺遠望を見て 見たことない!!と焦ってしまいました〜
遅まきながら 桜の季節の画像を拝見して
よ〜く判りました^^

チャンスがありましたら 老骨にムチ打って
是非登って 東大寺眺めたいです。
  • haniwa
  • 2009/03/22 8:40 PM
haniwa様

いえいえ、とんでもないです。
私も、若草山はいつも同じルートばかりなので、
まだまだ未知の部分がいっぱいです。
いろいろコメントいただいて、
こちらこそたいへん勉強になります。ありがとうございます。

そういえば、
お車で山頂まで行かれた場合は、
一重目、二重目の景色をご覧になるケースが少ないかもしれませんね。

急な坂道ではありますが、
お時間のご都合のつく時には、
ぜひ一度、お試しくださいませ♪
奈良市内の眺めも、原生林の眺めも、
両方、素晴らしいです。
  • 管理人
  • 2009/03/22 9:55 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM