Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 氷室神社と仏教美術資料研究センターと鹿男の木 | main | 興福寺から国立博物館そして氷室神社 >>


2009年 浮見堂の桜


今日は、頬をなでるそよ風も心地よく、

正真正銘、春の到来を確信するような清々しさでした。

奈良公園の桜の開花もいっきにすすんだようですよ。

すでに、鷺池に浮かぶ浮見堂も、

しみじみ心が和む淡いピンク色に包まれています。

五分咲きくらい(?)…




ここは、すぐ横には貸し出しのボートもあって、

奈良では有数のデートスポット(?)と紹介されることが多いです。

でも、奈良公園でボートに乗ると、

「さよなら」になるというジンクスがある…とかないとか。(笑)





鷺池(さぎいけ)に浮かぶ檜皮葺き(ひわだぶき)の六角形の堂は、

大正5年に建てられ、平成6年に再建。


今日みたいな穏やかな天気の日には、

静かな水面に、

浮見堂の優雅な姿がくっきり映りこんで一層美しい。



しばらく浮見堂の中で、

桜に見惚れながらボーっと座っていたら、

またたく間に日が沈んで、

美しい夕焼け空になりました。






あぁ、きれい…(*´∇`*)



おおっ、いけない、いけない!

暗くならないうちに帰らなくてはっ!~(=^‥^A

(奈良公園は真っ暗になったら怖いですから…)

急いで、春日大社の一の鳥居の横に位置する旅館 「江戸三」を横断して、

帰路につきました。



こちらの江戸三は、
創業当時より志賀直哉、小林秀雄、藤田嗣治(ふじたつぐじ)、小出楢重(こいでならしげ)など文人画家たちから
愛された歴史ある旅館で、
客室が、草庵風「離れ」形式になっています。
全部で10棟くらい。

特に、油絵で有名な画家 小出楢重は、
約一年の新婚生活をここで過ごしたそうですよ。
素敵ですね〜。

このような、
江戸三を舞台とした芸術家たちの交流の様子は、
多くの著作に残され語り継がれています。

そして、それらの客室名の多くが、
「太鼓」「銅鑼(どら)」という楽器名になっているそうです。
電話がなかった頃、
鳴り物(楽器)を鳴らして客室係を呼んでいた名残なんだとか。

どの客室から呼ばれたかすぐに分かるように、
客室ごとに違う鳴り物を使っており、
それがそのまま現在の客室名になったそうです。


店名「江戸三」の名前の由来は、
江戸時代中頃から商売をしていた大阪西区の地名「江戸堀3丁目」にちなんだものです。


参考
江戸三 HPの由来説明
・日本を描く奈良(角川マガジンズ)



へぇ〜、おもしろいですね〜(笑)

場所は春日大社一の鳥居のすぐ横ですから、
窓を開ければ、
普通に、鹿が顔を覗かせることも多いんじゃないでしょうか?

泊まったことはないんですけどね…。

自宅から徒歩数十分の場所に住む私ですが、
いつか一度は泊まってみたい旅館です。




今日のお散歩コース

所要時間
猿沢池のトラちゃんエリアから奈良ホテルの近道コース。
ゆっくりキョロキョロ歩いて、
さらに浮見堂で10分程度ボーっとする時間も含めて50分弱。



不審ケ辻町



コメント
おはようございます。昔、「江戸三」を旅館だとわからずにこんなところに渋〜い別荘があるわ〜私も住みたいな。って思ってました。(*^_^*)・・今でもそばを通りかかる
と住みたい衝動にかられます。(笑)
立地条件を含め全て私の理想でございます。
  • えっちやん
  • 2009/04/01 7:14 AM
おはようございます。
江戸三 お昼ごはんに行った事があります。

窓を開けると 鹿さんとバッタリと言う感じがいいですよね。
夕方のその辺りの佇まいは心が癒される空間でした!
一度Fさんと3人で歩きましたね。落ち葉踏みしめて!
  • マダム千代
  • 2009/04/01 8:19 AM
お早うございます。

桜に映える浮見堂とっても綺麗ですね。
私はこれまでに、三度訪れましたが、冬、秋冬でおまけに、雪、雨、晴天でしたので、桜の中の浮見堂を見てみたいです。

ここは鹿男で藤原先生がイトちゃんに大切なことを教えた所でした。
「あの人の何処がいいんですか?」
「それは、堀田さんもよく知ってるでしょう」
イトちゃんの、自分の顔を戻してもらって嬉しいんだけど、一人だけってところが納得出来ないで、小川先生はもうすぐいなくなっちゃうし。
そんな心の葛藤が現れている、素敵な場面でした。

そんな多部ちゃんも、今やNHKの朝の連ドラのヒロインですね。
イトちゃんの成長を鹿男ファンの一人として、本当に嬉しく思います。
つばさは必ず応援しようと思っています。(土曜日の衛星放送の連続バージョンになることと思いますが)
  • ZARD
  • 2009/04/01 8:55 AM
奈良ホテルと大乗院庭園の間をショートカットする道ですねぇ。私も定番コースです^^; 教会の横にも立派な桜が咲いていましたよね。
えっちやん様

>・・今でもそばを通りかかる
>と住みたい衝動にかられます。(笑)

自宅だったら最高ですよね。
世界遺産が自宅ってことで自慢できる
…とかそんなことではなく、
四季折々の風情を存分に味わい楽しめますからね。
しかも駅にもさほど遠くない!
軽く20年くらいは確実に寿命が延びるような気がする環境です。(笑)
  • なら散策
  • 2009/04/02 12:22 AM
マダム千代様

>江戸三 お昼ごはんに行った事があります。

あっ、いかがでしたか?
敷居の高い江戸三も、
お昼ならなんとか行けそうな気がしてるんですが。
また感想をお聞かせくださいませ。

以前、ご一緒したときは、
梅の美しい季節でしたね。
奈良ホテルの喫茶ルームが満員で、
結局、奈良町まで行きましたね…(^_^;)
  • なら散策
  • 2009/04/02 12:22 AM
ZARD様

雪の浮見堂をご覧になられたとは、
かなりの幸運の持ち主でいらっしゃいます。

>ここは鹿男で藤原先生がイトちゃんに大切なことを教えた所でした。

そうでしたね。

私も鹿男あをによしの中で、
多部ちゃんと綾瀬はるかさんのお二人の演技が、
ダンゼン光っていたように感じました。
  • なら散策
  • 2009/04/02 12:22 AM
jp3pzd様

>奈良ホテルと大乗院庭園の間をショートカットする道ですねぇ。

ちょっとだけ裏門を開けておいてくださる奈良ホテルの心遣いが嬉しいですよね。
あの場所を、通り抜けができるのと、
できないのとでは、
まったく違いますからね。

>教会の横にも立派な桜が咲いていましたよね。

あの桜、かなり早い時期から開花していて驚きました。
美しくライトアップされていますね。
  • なら散策
  • 2009/04/02 12:22 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM