Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 2009年桜 興福寺→春日大社→若草山 | main | 2009年桜 県庁屋上→奈良女子大学→佐保川 >>


2009年桜 水門町→戒壇院→二月堂


素晴らしいお天気でした。
今日も夕暮れ奈良散歩「桜便り」お届けしまっす。(*^_^*)

本日の出発点は、
登り大路町の信号の角、
東大寺西大門跡

遅さ咲きの八重桜が、
今日の陽気に誘われて、
少しづつ開花しはじめていました。



すぐ横の大きな道路(369号線)の喧騒が
ちょっと残念なんですが…。
柳の葉と桜のコラボレーションが楽しめる
趣ある「みとりゐ池」。

石碑に刻まれた池の名は、
その昔、山城方面から奈良に入ってきた人の目に、
二の鳥居が見えたことから、
「鳥居見池」と呼ばれたことから由来し、
呼び名がすこしずつ変化して、
現在では「みどり池」と呼ばれているようです。

そしてこの界隈、
官舎だったらしき謎の邸宅が多くて、
高い塀の向こうには、
いったいどんなお庭が広がっているんだろうかと…
ここを通るときは、
妄想が広がりまくり…の刺激的な場所。(笑)


そして、
そのまま正面行き止まりを北方面へ曲がると、
そこは、水門町界隈。




依水園HPはコチラ
参考 寧楽美術館の観光案内イト


北の正面は戒壇院の石段。

このまっすぐな道の途中を
東へ折れると、
東大寺南大門あたりへと通じます。



水門町には、
写真家故入江泰吉さんのお宅が
あることで有名ですね。

築150年以上の町屋を改装したギャラリー
「五風舎」さんもあります。

あれはもぅ10年も前だったと思うのですが、
当時、県外に住んでいた私は、
春の奈良を訪れ、この界隈を散策していました。

「五風舎」さんの前を通ると、
陶芸の個展を開催されていたので、
ふらりとお邪魔したんです。

作品を拝見しながら、
陶芸作家さんとしばらく、
いろいろお話させていただきました。

10年前の私は、
まるで通りすがりの一観光客…。
実際、奈良のことと言えば、
東大寺の大仏様と、鹿のことぐらいしか、
頭にないような有様でした。

そんな私に、ご親切な作家さんが、
「氷室神社の桜」のことを教えてくださいました。

「近くに見事な枝垂れ桜があるからぜひご参拝ください。」と。

この作品を創られた方の
オススメなら、素晴らしい桜に違いないっ!
私は、その足ですぐ、
氷室神社へと向いました。

それが私の、
あの枝垂れ桜との初めての出会いです。

まさに圧巻…。
教えていただいた通りの素晴らしさ。
樹齢100年の枝垂れ桜を前に、
言葉を失うほどの感動を覚えたこと、
今でも鮮明に覚えています。

そして、
こんなさりげない神社に、
これほど見事な桜があるなんて…!
という二重の驚き。
これだから、
奈良の魅力はツボにはまるんですよね。(笑)

おそらく、
これが京都という土地なら、
氷室神社も、きっと観光地然とした佇まいに、
なっていると思うんですよ…(偏見かしら?)。
夜は、すんごいライトアップを設置して、
昼間ももちろん、
「枝垂桜お守り」とか、
「枝垂桜おみくじ」とか、
いろいろ売り出したりして…(?!笑)
だってあれだけの人を呼べる桜ですからね。
商売人でなくとも、
ほっとくわけがない!
(やっぱり、卑しい私の偏見?…ですね。(^_^;)
でも、私、京都もかなり好きなんですよ。
 しばらく住んでましたし…。)


でも、
あれから、10年。
氷室神社は何も変わらない。
いえ、10年どころか、
樹齢100年の間、
きっとあまり変わっていないに違いない。


でも、私は、毎年、
年を重ねるごとにますます病みつき。(笑)



陶芸作家さんお元気かな〜?
懐かしい思い出です…。


あ、話が脱線してしまいました。


さて、


つきあたりの戒壇院は、
1000年以上もの昔、
鑑真が日本最初の完全な戒を
授ける場となった場所。
同院は、創建以来3回も焼けていて、
現在は、1732年の再建。

5時を過ぎて、すでに閉まっていますが、
私は、戒壇院の四天王がかなり好きです♪
カッコいいんです!
(関連過去記事⇒今は四天王 広目天


キュートな戒壇院の鬼瓦も変わらず愛嬌ふりまいてました。↑↑↑

そのまま、
大仏殿の北(裏側)をぬけ、
二月堂への裏参道をずんずん進みます。



途中の大湯屋の桜も美しい。
でも、この付近は、まだまだもっとたくさん、
咲き誇るハズ。
これからが楽しみです。



つい先月のお水取りで、

連日通いつめた二月堂が

見えてきました!



ふと後ろを振り向くと、

どんどん日が落ちている!

急がねば〜(汗)

ダッシュ!−=≡ヘ(* - -)ノ




帰路につく人たちとすれ違いながら、
ほどなくして、

二月堂到着〜

そのまま、

二月堂欄干への石段を駆け上ります。








夕日、間にあいました!





あぁ、今日も美しい夕日に感謝〜




今日のお散歩コース


水門町→東大寺 戒壇院→大仏殿の裏(講堂跡)→裏参道→二月堂
片道30分弱。



【関連過去記事】

2009年桜 佐保川→法華寺→平城宮跡
2009年 浮見堂の桜
氷室神社と仏教美術資料研究センターと鹿男の木
春のウツと食欲(氷室神社周辺のオススメの店)
2009年桜 佐保川の様子
2009年夜桜 氷室神社
2009年桜 氷室神社しだれ桜
2008年ほぼ満開 氷室神社の桜
2008年桜のトンネル 佐保川
2008奈良公園 興福寺の桜
2008郡山市 桜まっ盛り
鹿男 若草山情報

今は四天王 広目天
東大寺 二月堂 お水取りカテゴリー



コメント
お早うございます。

咲き誇る桜いいですよね。おまけにこの陽気。すっかり春って感じです。

戒壇院の鬼瓦いいですね。一目惚れしちゃいました。あのユーモラスな表情をみれば、鬼も笑って逃げていくことは間違いありません。
次の奈良行きで、戒壇院の鬼瓦に会いに行くことに決めました。

帰りを急ぐ人の写真さえ、絵になりますね。
まるで、映画のワンシーンでも見てるようです。
急いでるって感じは全くしなくって、悠然と家に向かって歩いてるって感じがしますよ。
奈良はゆっくりと時間が流れているって言われている意味が分かるような気がします。

夕焼けに映える大仏殿の風景が、またいいですね。
こんな景色を普通に見られるなんて、本当に羨ましいです。
暫くこの風景に見とれて、仕事になりそうもありません。

  • ZARD
  • 2009/04/07 8:51 AM
夕日の写真、素敵です。
奈良の桜はこれからなのですね。
福岡の桜は半分以上散ってしまいました。

少し違う話題で、このコメント欄に書くのは失礼かと思いますが・・・
行ってきました!阿修羅展。
改めて、惚れ直しました。
普段はお目にかかれない後姿をじーっと見つめてしまいました。
阿修羅ファンクラブ特典の音声ガイドのボーナストラック、面白くて危険です。
聞きながら一人、笑ってしまいました。

阿修羅に会い、日本橋にできた「奈良まほろば館」にも行ってきました。
今、とっても奈良へ行きたいですっっ。

  • 2009/04/07 12:33 PM
失礼しました。
先ほどコメントしたのに、名前わすれてました。
↑↑あいちょでした。
  • あいちょ
  • 2009/04/07 12:48 PM
毎日、元気に歩いておられますねえ。
私も毎日歩いてますよお。
もうこの季節、桜巡りで大忙しですよね。
奈良公園と言う無料の素晴らしいお庭があって、私達は幸せですよね。
ただの公園と違って、世界遺産の神社仏閣がわんさかあるんですものね。
街中を歩くのって、疲れますが、奈良公園界隈だと2時間位歩いても平気です。
先日梅田に行ったら、頭が痛くなりました。
大阪のど真ん中に育った私ですが、もうすっかり奈良人です。
この季節素晴らしいお写真が一杯で良いのですが、私としては、なら散策さんのイラストが見られないので、ちょっと寂しいです。
また描いて下さいねえ。
写真きれ〜〜い!!
奈良っていいな〜と思う瞬間です!
何時もありがとう!

戒壇院の側のK君が昨夜用事があり自宅に来てくださいました。横の×××の御用植物園?でつくしやよもぎやふきのとうが取れるそうですよ!
あっ 言っていいのかしら(笑)。ナイショです!!
  • マダム千代
  • 2009/04/07 5:44 PM
戒壇院の桜って ちょっと地味というか
素朴な感じで好きです。
四天王はなんといっても 広目天!
二月堂の夕暮れは 良いですね〜


奈良まほろば館 開館、カヤさんのブログで知りました、ここなら行きやすいです。
八重洲口の案内所がなくなり 不便でした。
  • haniwa
  • 2009/04/07 8:25 PM
ZARD様

>戒壇院の鬼瓦いいですね。一目惚れしちゃいました。あのユーモラスな表情をみれば、鬼も笑って逃げていくことは間違いありません。

鬼瓦いい味出してますよね!
私は「太りすぎのチワワ風 鬼瓦」と呼んでるんです。(笑)

>帰りを急ぐ人の写真さえ、絵になりますね。
>まるで、映画のワンシーンでも見てるようです。

この裏参道は、
多くの人が写真を撮ったり、
絵にしたり、
とにかく、まさに「絵になる」場所として、
人気ナンバーワンの場所かもしれません?!
  • なら散策
  • 2009/04/08 1:53 AM
あいちょ様

>奈良の桜はこれからなのですね。
>福岡の桜は半分以上散ってしまいました。

さすが九州は早いですね。
奈良は今週末がピークだと思われます。
でも、遅咲きの桜は、まだまだずっと当分は、
楽しめそうです♪

>行ってきました!阿修羅展。

おおっ、
おめでとうございます。
阿修羅の周囲を一周なさったのですね。
素晴らしいです。

>阿修羅ファンクラブ特典の音声ガイドのボーナストラック、面白くて危険です。
>聞きながら一人、笑ってしまいました。

わぁ〜、ムチャクチャ聞きたい。
絶対、聞きたい〜
でも、私の阿修羅追っかけ日程はまだ未定です。(涙)
でも一応ちゃんとファンクラブ会員だし、
きっと阿修羅が私を呼んでくれるハズ?
そう信じて日々お仕事してます…。

>阿修羅に会い、日本橋にできた「奈良まほろば館」にも行ってきました。
>今、とっても奈良へ行きたいですっっ。

おそらく奈良県民のほとんどが新しく「奈良まほろば館」がオープンしてること、
知らないかも〜?。(苦笑)
たくさんイベントやセミナーがあるみたいですね。
私も、機会があれば行ってみたいです。
  • なら散策
  • 2009/04/08 1:54 AM
かたちゃん様

>もうこの季節、桜巡りで大忙しですよね。

ほんとですね。
こんなに迷えるほどお花見の環境に恵まれていることを
感謝しなければいけませんね。

>先日梅田に行ったら、頭が痛くなりました。
>大阪のど真ん中に育った私ですが、もうすっかり奈良人です。

私も、もう都会はダメです。(^_^;)
ウルトラマンの胸のランプが鳴るように、
一定時間を越えるとピコピコと体内の非常ベルが鳴ってるような感じです。
奈良に帰るとホッとしますね。

>この季節素晴らしいお写真が一杯で良いのですが、私としては、なら散策さんのイラストが見られないので、ちょっと寂しいです。
>また描いて下さいねえ。

励みになるお言葉嬉しいです♪
またちょこちょこ描きたいと思います〜。
ありがとうございます。
  • なら散策
  • 2009/04/08 1:54 AM
マダム千代様

>奈良っていいな〜と思う瞬間です!
>何時もありがとう!

こちらこそ、いつもご覧頂きありがとうございます。

>戒壇院の側のK君が昨夜用事があり自宅に来てくださいました。横の×××の御用植物園?でつくしやよもぎやふきのとうが取れるそうですよ!

すいません。勝手に「×××」にさせていただきました。m(__)m
あれは超極秘情報!
ネット上に公開しては、Kさんに身の危険がふりかかるかもしれませんから。(笑)
と、言いつつ、こっそり私が採りに行かせて頂きます…。(嘘ですよ。)
  • なら散策
  • 2009/04/08 1:54 AM
haniwa様

>戒壇院の桜って ちょっと地味というか
>素朴な感じで好きです。

この界隈は、渋くていいですよね。
今の季節は、たくさんの画家が、
イーゼルを立てて、絵が描いていらっしゃることが多いです。

>二月堂の夕暮れは 良いですね〜

二月堂の夕暮れは定期的に見ておかなくては、
私は、どうも調子が狂うみたいなんです。
調子を整えに一定期間ごとに足を運ぶ必要性アリです。(笑)

>奈良まほろば館 開館、カヤさんのブログで知りました、ここなら行きやすいです。
>八重洲口の案内所がなくなり 不便でした。

コメントに寄せてくださった方の情報ですね。(^.^)
最近では、奈良市内より、東京の奈良まほろば館のほうが、
楽しそうなセミナーやイベントされていることがあって、
羨ましかったりします。(笑)
  • なら散策
  • 2009/04/08 1:55 AM
危機管理の無い私でした(笑)。
お手数おかけいたしました。

S先生が 先日自宅に寄られた時 「カヤさんと会ったよ」と言っておられました。

次回は25日(土)2時からです(笑)。
  • マダム千代
  • 2009/04/08 12:02 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM