Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< お釈迦様の誕生日 | main | Myスプーン >>


2009年 新薬師寺のお松明と声明


4月8日、興福寺の「仏生会」に参拝したあと、
桜満開の奈良公園を散策し、
さらに、日が落ちた午後7時からは、

新薬師寺お松明に参拝してきました。

新薬師寺は天平19年(747)、
聖武天皇の病気平癒を祈り、
光明皇后が建てたとされます。

高畑ののどかな田園風景にしぶくたたずむ新薬師寺。

堂内で薬師如来を中心に、
円陣を組む最古最大の十二神将像は圧巻です。
十二神将は11体が天平期の製作。


落雷や台風のため衰退し、
現在の本堂は、創建当初は食堂だったという天平建築で、
ゆるやかにそりあがった屋根が美しいです。

昨年、近くの大学構内で、
新薬師寺の金堂跡とみられる大型遺構が見つかり、
一躍注目を集めました。

見つかった大型遺構は、
奈良時代の創建当初のもので、
基壇は推定で東西50メートルを越える巨大なもの。

発掘調査によると、
こちらの新薬師寺、実は、
奈良時代に東大寺と並ぶほど本格的につくられた
巨大な寺院だったらしいです。

専門家によりますと、
当時、税制が整って朝廷が潤い、
このくらいの寺院が作られてもおかしくない時代背景が
あったとのこと。



ちょうど、県外遠方より、お花見に来ていた友人とともに、
新薬師寺の到着したのは6時40分頃。
この日は拝観無料です。

参拝者の数は、決して多くはないのですが、
本堂の前は広くなく、高低もありませんので、
見通しよくお松明を見ることができる場所は、
かなり限られています。



私たちは、池を挟んだ少し離れた場所、
鐘楼の近くで、
見学することにしました。

スケジュールは、
午後5時 日中法要があり、
午後7時になると、
梵鐘が鳴り響き、大松明を十一本奉納 
その後、初夜法要
散華、導師の祈り、神名帳が唱えられます。

お水取り参拝でお見かけした僧侶が、
いらっしゃいました。
毎年、東大寺の僧が、新薬師寺の修二会(お松明)の奉仕に
参加されるんだそうです。

11本の松明も、東大寺お水取りと同じように、
京都府下から奉納されたもので、
当日朝から童子(どうじ)が準備されるのだとか。
私が遠くから見た印象でも、
お水取りのお松明とまったく同じもののように見えました。

40キロはあろうかという大きな松明が、
そう広くない本殿の前を横切っていきますから、
かなりの熱気です。





お松明の後に続いてこられる僧侶は、
本堂正面で足を止め、ご本尊様の前で一礼されます。

10本の松明が終わると、
最後はとりわけ大きい篭松明(?)が出て来て
僧侶全員が本堂に上堂。



そのあとは、一般参拝者も、
普通に堂内にはいることができ、
お祈り真っ最中の法要のすぐ横で、
声明に耳を傾けながら、
十二神将をじっくり拝むことができました。


本堂内は撮影禁止ですが、
屋外中庭から、
開け放たれた正面から見えた、堂内の様子を、
フラッシュなしで撮影した画像です。↓↓↓



クリックで別ウィンドウが開きます。
大きな音が鳴りますのでご注意ください。(1分28秒)
↓↓↓




関連ニュース↓↓↓

火の粉に大歓声 新薬師寺・修二会
激しく火の粉を散らす松明。担ぐ童子の後ろを僧侶が歩いた(奈良市の新薬師寺で) 奈良市の新薬師寺で8日夜、「修二会(しゅにえ)」が営まれた。僧侶の足元を照らす松明(たいまつ)をもった補佐役の童子が、本堂正面で松明を勢いよく回すと、火の粉が滝のように舞い落ちた。
午後7時、鐘の音を合図に、長さ7メートル余りの松明11本を持った童子が次々と登場し、本堂の外周を歩いて東大寺などの僧侶を先導。参拝者らは間近に炎が迫るたびに歓声を上げていた。
僧侶らは、本尊・薬師如来坐(ざ)像の前で、奈良時代から伝わる声明を唱えるなどして、人々の幸せや平和などを祈願した。日本中の神々の名を記した「神名帳」の奉読も行われた。(2009年4月10日 読売新聞)

火の粉に大歓声 新薬師寺・修二会 奈良 地域 YOMIURI ONLINE(読売新聞)より引用転載






【新薬師関連過去記事】
駅のポスター 薬師如来坐像

【修二会 過去記事】
東大寺 修二会 お水取りカテゴリー
2009年 薬師寺修二会の声明(動画つき)

【新薬師寺界隈】
春日大社 ささやきの小径(こみち)
奈良市写真美術館



関連する記事
コメント
新薬師寺の修二会 まだ行っていないのです、みどころ満載奈良・・
奥が深すぎデス。
  • haniwa
  • 2009/04/10 2:40 PM
奈良市内に自宅があると夜からの行事に参加しやすくていいですね。

去年、新薬師寺の中で湯葉そうめんを食べました。おいしかったのと、いい感じで畳の上でボーとさせてくれるので癒されました。
長時間居座ってしまいました〜(*^_^*)
  • えっちやん
  • 2009/04/10 6:35 PM
haniwa様

>新薬師寺の修二会 まだ行っていないのです、みどころ満載奈良・・

私も、今回が初めてでしたが、
まさか、お水取りとまったく同じお松明が、
11本も出てくるとは思ってなかったのでビックリしました。(^.^)

声明も、心に染み入る感じで相当うっとり聞きほれました。
けど、ミーハーな私も含めてですが、
参拝者のマナー悪すぎです。
こんな調子では、近い将来、
堂内立ち入り禁止になってしまうかも…。
  • なら散策
  • 2009/04/11 1:33 AM
えっちやん様

>奈良市内に自宅があると夜からの行事に参加しやすくていいですね。

はい、恵まれていますよね。感謝、感謝。(^.^)
でも、この日は同行者が、
夜9時すぎには、奈良を発つ予定でしたので、
結構ハードスケジュールでした。

>去年、新薬師寺の中で湯葉そうめんを食べました。

私も、一度頂いたことがあります。
美味しかったです。
お寺の境内も、外の高畑界隈も、
心落ち着く場所ですね。
  • なら散策
  • 2009/04/11 1:36 AM
こんばんは。
この土日に奈良に行って来ました!まだ桜が咲いていてとても嬉しかったです。
新薬師寺に行ったら、本堂の裏にお松明の竹が束ねて置いてあって、「持ち出し厳禁」の張り紙がありましたが、周囲に焦げた枝がたくさん落ちていたので、こっそり小さな枝をもらってきました。こちらも二月堂のもの同様、ご利益あるかな〜。
はな様

こんばんは〜。
週末に奈良にお越しだったのですね。
お天気でよかったです♪

新薬師寺ご参拝、
普段は土日でも、
いたってひっそり…静かな場所ですから、
ゆっくりくつろがれたのでは?(^.^)

私も、焦げた枝、ご利益あるかも〜っと期待して、
いくつかもらってきました。
東大寺のお水取りほど競争激しくなくて、余裕で頂けましたしね♪

しかし、お松明「持ち出し厳禁」の貼紙って…いったい!?
勝手にあんな大きなものを持ち帰ってしまう輩がいるのですね。
ビックリです。
  • なら散策
  • 2009/04/13 10:26 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM