Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< あと半分 | main | 愛情表現 >>


東大寺 俊乗堂特別開扉


今度の日曜 7月5日は、

鎌倉時代、
1180年南都焼討ちによって焼け落ちた大仏殿をはじめ東大寺の伽藍を
復興させた東大寺の僧、
俊乗房重源(しゅんじょうぼうちょうげん)上人の命日ということで、

俊乗忌(しゅんじょうき)が営まれます。

焼討ちにより、見る影もなく損壊した大仏さまを、
わずか5年という短期間!超スピードで、
大仏開眼供養を実現させた偉大なお坊さんです。


8:00からの法要のあと、11:00頃〜16:00まで、
日頃非公開の、
重源上人坐像(国宝 鎌倉時代制作)が一般公開されます。(無料)。

開扉は年に2回(開山忌12月16日)ですが、
拝観料が無料なのはこの日だけです。
東大寺HP俊乗忌(しゅんじょうき・東大寺俊乗堂)
東大寺HP秘仏開扉・特別開扉の案内

今年2009年の7月5日は日曜なので、
平日、足を運べない方には、
チャンスの年ですね。


俊乗忌が営まれる場所は俊乗堂(しゅんじょうどう)
日頃、あまり馴染みがないその場所が、
「東大寺境内のどのあたりか?」と、
友人が、私に聞くので、
「自分で調べれば。」と言いつつも、
地図を描いてみました。









東大寺 大仏殿 東側の猫段を上っていくと、


奈良太郎の愛称で親しまれる巨大鐘楼が見えてきます。






その鐘楼の左が、俊乗堂(しゅんじょうどう)です。





こちらのお堂は、
元禄年間に公慶上人が、
重源上人の功をたたえ菩提を祈るために建てたもの。


そして、
そこに安置されているのが国宝 重源上人坐像
(作者は、当時の最高の仏師 運慶である可能性が高いと言われています。)

たとえば、
開山堂に安置されている良弁僧正坐像のほうは、
かなりの男前(?!)ですが、
重源上人坐像は、
まるで美化されていない感じ…(笑)
最晩年の年老いた雰囲気が、実にリアルです。


       木造 彩色、座像高81.8cm

さぞ丁寧に、細かく、
彫りあげて完成させているのであろう…、
と思いきや、
実際は、大きな彫刻刀で大胆に彫り進められているのだとか。

見事な仏師のテクニック必見ですね。


2009年 東大寺 俊乗堂特別開扉と南大門


【東大寺境内の周辺 関連過去記事】
東大寺の猫段
東大寺 除夜の鐘
東大寺 長池の変な看板
2009年 お水取り5日目(鐘楼 奈良太郎の鐘の音つき)




コメント
これは良いことを教えていただきました。
重源上人坐像は以前国立博物館で拝見したことがありますが、お堂内ではまた印象が違うでしょうね。
ありがとうございます。
お堂の中で拝見してみたいです〜
私も がんさんと同様に国立博物館で お会いしました。
なぜか 忘れられないお顔で 特に丸い背中が印象的でした。 
  • haniwa
  • 2009/07/02 6:31 PM
東大寺の写真を掲載するの大変でしたでしょう。

私も春から神仏霊場会探訪をやってて、東大寺の朱印を貰いに行って来たんですよ。
で、建物の写真をブログやホームページに掲載するのに寺務所に行って手続きの方法を聞いたんですよ。
個人でも理由の如何に関わらず東大寺の所有物の写真は東大寺の許可が必要だとの事なので、掲載の写真には全部【申請中】みたいな事を書いてホームページに掲載してから申請するんだけど、もし却下されたどうしようって思いましたよ。

■神仏霊場会 訪問地図
http://www.industries.jp/next/shinbutsureijyoukai/shinbutsureijyoukai_index.htm

■神仏霊場会探訪
http://www.industries.jp/next/index.html

今は興福寺も掲載許可を申請中ですぅ・・・。
  • kei
  • 2009/07/02 7:39 PM
がんさん@大和の国 様

>重源上人坐像は以前国立博物館で拝見したことがありますが、お堂内ではまた印象が違うでしょうね。

すみずみじっくり観察できるのは、
なんといっても博物館だと思いますが、
でも、お堂内が、一番ふさわしい場所ですから、
もしかしたら、お顔つきが違うかもしれませんね。(笑)
  • なら散策★カヤ
  • 2009/07/03 1:21 PM
haniwa様

>私も がんさんと同様に国立博物館で お会いしました。

すごい、さすが網羅されていますね♪

>なぜか 忘れられないお顔で 特に丸い背中が印象的でした。

丸い背中…、博物館ならではですね。

>お堂の中で拝見してみたいです〜

そうなんです!
好きな仏像とは、両方の場所でお会いしたいですね。
  • なら散策★カヤ
  • 2009/07/03 1:22 PM
kei様

>東大寺の写真を掲載するの大変でしたでしょう。

神社仏閣、きちんと掲載許可をいただくまで、
結構、手続きがたいへんですね。
興福寺は、
趣味の範囲で、個人がブログで掲載する分にはOKだと、
聞いたことがあるのですが、
私の勘違いでしょうか。
近いうちに確認してみたいと思います。

「神仏霊場会探訪」じっくり時間をかけて、
拝見させていただきます。
  • なら散策★カヤ
  • 2009/07/03 1:22 PM
間違いではないですよ。
興福寺は個人ならOKです。
私の場合は一応の念の為です。

ただ、それよりも東大寺の三脚禁止は辛いっす・・・。

今月は西大寺と唐招提寺に行くんだ。
実はどんなところか知らないんですよ。
だから楽しみです。
  • kei
  • 2009/07/03 3:23 PM
kei様

興福寺はOKなんですね。
よかったです。

>ただ、それよりも東大寺の三脚禁止は辛いっす・・・。

特に、日が落ちると、
三脚なしですと、かならずブレたりしますし、
なかなか辛いところですね。

>今月は西大寺と唐招提寺に行くんだ。
>実はどんなところか知らないんですよ。
>だから楽しみです。

西大寺も唐招提寺もシブいお寺ですね。
特に、唐招提寺は、
訪れると、いつもきまって境内を、
実にさわやかな風が吹き抜けており、
何か特別な構造、というか仕掛けがあるのでは?と、
不思議な気持ちになります。
  • なら散策★カヤ
  • 2009/07/03 8:16 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM