Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< フェイク・ダック | main | 喜怒哀楽 >>


フェルメールの額縁


京都市立美術館で開催中
「ルーヴル美術館展」のことを少し。

21日、連休明け 雨の火曜日でした。
待ち時間はなかったですが、
それでも、結構人が多かったです。
(京都市立美術館は広くないですしね。)

レンブラント、ベラスケス、フェルメール、
ルーベンス、プッサン、ラ・トゥールらの巨匠たち
35万点におよぶルーヴル美術館の所蔵品から71点が展示されています。

特に、今回注目の作品、
フェルメール晩年、究極の1枚「レースを編む女」
(晩年といっても短命でしたので、たしか30代後半)



フェルメールの作品の中でも、
最も小さな作品で、
展示場では、
厳重にガラスケースに入って展示されています。

おそらく、混雑が予想される週末などでしたら、
人垣を乗り越えて、
近くで、じっくり鑑賞できるかどうかは、
もぅ神頼みするしかないかも?!(>_<)

私は、平日で、
しかも、かなり粘ったこともあり、
幸運にも、作品の真正面に迫りじっくり心ゆくまで、
観ることができました。

でも、私の貧困な語彙では、
まるで、フェルメールの絵の素晴らしさを表現する自信がなく、
今日は、せめて、
「レースを編む女」の額縁のほうの感想を…
ご報告したいと思います。(笑)

作品は、A4サイズよりも小さくて、
その周りをぐるりと囲む額縁のほうが、
断然、面積が大きいぐらいなのですが、
その額がまた素晴らしい。



木材の表面に模様を彫りこむ
象嵌細工(?)。
それは、まるで、
正倉院展の宝物にも並んでいそうな優美な雰囲気。
その装飾が、
作品の美しさをしっかり引き立てている。

あくまでも雰囲気ですが、こんな感じ。↓↓↓(縦横比率 適当です…)



そんなわけで、
額のほうも、
かなり楽しめる展覧会です。

----------------------
ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画
2009年6月30日(火)〜9月27日(日) 80日間
京都市美術館(京都市左京区岡崎公園内)
9時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日、ただし祝日7月20日、9月21日は開館(代休日なし)
当日券 一般1,500円
※会場の状況が掲載されています
会場の状況について
----------------------




キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM