Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< バンビの幸福スイーツ | main | 朝靄の奈良景色 >>


2009年 正倉院展 金薄絵馬頭【追記】


2009年 正倉院展で、
個人的に強く印象に残った宝物が
金薄絵馬頭(きんぱくえのうまのかしら、楽舞用の駒形)

南倉174 金薄絵馬頭 1面
(きんぱくえのうまのかしら、楽舞用の駒形)長31.6cm

キリの一材より彫り出した馬の面。
鼻から額にかけては金箔を貼って墨で唐草(からくさ)を描いているらしいです。
頭頂にはたてがみが移植されていたらしく、
現在はその移植の小孔が確認できます。

下記イラストでは、
前髪と、破損している耳を、
勝手に修復してみました。(笑)

見れば見るほど、
表情豊かで、
…というか、
ちょっと過剰とも思える各パーツの細部が、
マンガちっくで、
楽しくなってきます。

1250年前のデフォルメのセンスが、
現代の漫画と共通しているという事実が、
嬉しくて、楽しい。

もしかしたら天平文化の頃は、
日本の古典芸能、能や狂言の類よりも、
現代人と直感で通じあっているのかな!?
(あ、私は、その方面の知識、まるで皆無なので、
 実にいい加減、適当なこと言ってます…あしからず。)

たとえば、
洗練されればされるほど、
(研ぎ澄まされればされるほど)
一般大衆には、
難解になっていく…そんな側面ってありますよね?!

そいういった意味で、
私みたいな素人には、
天平文化の後の時代、
能楽などの日本の伝統芸能は、
ちと難しくて敷居が高く感じられるのです。

でも、正倉院展に展示されているいくつかのお面には、
そのような気取ったところがまるで感じられない。
(この後に続く時代のものよりも)
始まりの頃の素朴さが正倉院展のお面には感じられ、
しかし、目を見張る驚くばかり技術力は、
他の宝物同様、神業のごとく緻密で素晴らしく、
これらのミスマッチな融合が、
実に魅力的です。


当時、
国際色豊かに多くの鑑賞者がいたはずですから、
異文化の皆が共通認識で楽しめる必要があったわけで、
だからこそ、
素朴に直観に訴えかける、
わかりやすいユーモアが必要だったのかもしれません。

このあと、長い年月を経て、
日本独自の文化へと変容していったのですねぇ…。

…なんて、
いろいろ当時のことを勝手に、あれこれ想像してみるのも、
正倉院展の楽しみにひとつですね。

このお馬さんのお面の狛楽(こまがく)は、朝鮮半島に起源を持つとのことです。




明日のNHK日曜美術館では、
「正倉院展」が特集されます♪
2009年11月1日放送
華麗なる天平の女たち 〜正倉院の秘宝〜

西山厚さん(奈良国立博物館学芸部長)
猪熊兼勝さん(京都橘大学名誉教授)
安達祐実さん(女優)
当時の女性たちは、いまと変わらず音楽を聴き、遊び、そして恋をした・・・。シルクロードを通って伝わった多様な文化。それに影響をうけた「女性」にまつわる宝物に焦点をあて、華やかな宮廷で暮らした、天平女性の機微に触れる。 HPより引用転載



【関連過去記事】
2009年 正倉院展 初日
2009年 第61回正倉院展ポスター
白瑠璃碗【1】 第60回正倉院展



【追記 「2009年第61回正倉院展の入場者数は…】
↓↓↓
2009年11月13日


正倉院展最終日のJR奈良駅で、上記のようなお知らせを見かけました。

そして、
2009年の「正倉院展」もとうとう閉幕しました。
入場者数は、過去最多の29万9294人だったそうです。
今年は、会期が3日間長かったうえに、
無料の日もありましたので、
当然の結果かもしれません。
単純計算で、
一日平均約15000人が奈良国立博物館を訪れたのですねぇ…。


奈良市の奈良国立博物館で開催されていた「第61回正倉院展」(主催・奈良国立博物館、特別協力・読売新聞社)は12日、20日間の会期を終えて閉幕した。今回は天皇陛下即位20年を記念して例年より会期を3日間延長。入館者数は、昨年(会期17日間)より3万5529人多い29万9294人で、これまで最も多かった2006年(同20日間)の28万3515人を上回り、過去最高を記録した。
「正倉院展」閉幕、過去最多の29万9294人 ニュース 関西発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)より引用転載




キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM