Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 閉館 | main | 立春と桜茶 >>


2010年 興福寺 追儺会(鬼追い式)



(南都銀行 本店のウィンドウ)

今年の節分は、興福寺東金堂の鬼追い式に、
ほんの少しだけ立ち寄りました。

ホラ貝と太鼓の音が鳴り響く境内、
闇に浮かび上がる金堂の舞台。

松明をかざした六匹の鬼が激しく動き回る中、
毘沙門天が勇ましく登場して、
鬼たちを退治する様は、
ちょっとしたミュージカルを観ているような楽しさがあり、
しばし寒さを忘れます。

そして、
そのまま見上げた東の夜空には、
赤い火星がハッキリ確認できましたよ。

でも、このあとの、福引き券入りの豆まきは、
二度と参加したくない。(>_<)
以前、押しつぶされそうになった苦い経験があるので…。(笑)

なので、興福寺にいたのは、
結局15分ほどでした。

残念ながら、
私のカメラでは、この程度のブレた画像↓↓↓が精いっぱい…。


節分は、平城京に都ができる4年前、
706年に文武天皇の宮中で厄払いの儀式としてスタートしたのだとか。

ご存知のように、関西では、
節分の日に、その年の恵方(えほう)を向き、
巻き寿司一本を、無言で食べきるという(ちょっと変な)習慣があります。
(実は、大阪の海苔商人が企てた陰謀らしいですが。)

私はといえば、さっき美味しい巻き寿司を、
節分方式じゃないけど、
普通に美味しくいただきました。

でも、お豆のほうは、ちょっと…苦手。

いつのまにやら、
かなりの数の豆を頂かなくてはならない年齢で…、
なかなかそう多くも食べ切れず、

だから、
自分の数え年の年齢分の豆の代わりに、

一杯の福茶を頂くことにしています。

以下、過去記事より再掲ですが「福茶の淹れ方」ご参考までに。

福茶とは、大晦日・正月・節分などにいただく縁起のいいお茶。

豆まきの豆3粒と、

塩昆布梅干1個熱湯を注いだらできあがり♪



昆布は、よろこぶ。

は、まめまめしく働く。

は、松竹梅の縁起のいい花。



【節分関連過去記事】
鬼のパンツの秘密【その1】
鬼のパンツの秘密【その2】
泣いた青鬼
青鬼くんに朗報
感無量の青鬼くん
2009年元興寺 柴燈護摩会(さいとうごまえ)



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM