Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 2010年2月28日の興福寺 | main | 2010年3月1日の平城宮跡 >>


2010年 お水取り1日目


二月堂に到着したのは、午後6時前でした。

今夜はあいにくの雨でしたが、
有難いことに非常に暖かく、
お松明が始まるまでの1時間ほどの待時間も、
例年ほど苦には感じられませんでした。

しかも、
不思議なことに
お松明が始まる午後7時前には、
いったんピタリと雨が止みました。
そのあとも断続的に時雨れたものの、
傘なしでも、なんとか耐えることができる程度のものでした。



2010年のお水取り初日に狙いを定めた場所は、
童子の担ぐ松明を先立てて、
練行衆が入堂される様子を、
真近で見ることができるところ!

幸運にも、
雨模様かつ初日という条件下のせい(?)か…、
非常にスムーズに、
目当ての二月堂北側の北手水のあたり、
その場所に立つことができました。

私のしょぼいカメラでは、
その場から目にうつった一部始終の様子…、
残念ながら美しく画像に残すことができなかったのですが、
少しでも、その臨場感をお伝えできますようにと、
願いをこめて。笑



7時きっかりの鐘の音を合図に、
あたり周辺、またたく間に煙がたちこめ、
揺れる赤い炎の影が、
お堂の壁にゆらゆらと映し出された矢先、
お松明の炎が登廊から登場。





この激しい松明の炎の先導で、
お一人づつ、
練行衆が登ってこられます。

そして、
階段を登りきった場所でいったん、
東側(多分、東にある遠敷社に対して?)に手を合わせたあと、
南側の堂内へと入っていかれるのですが、



四識(ししき)という役職の練行衆のお松明のときは、
画像のように、
先導の童子が、堂内への入り口手前で、しばし待機し、
練行衆の入堂を見送ります。





そして、激しく燃え盛るお松明は、
いよいよそのあとすぐ、
舞台のほうへと廻り、
待ちうける真下の一般人を、
激しい炎の乱舞で、魅了するわけですね〜。


と同時に、私たちが、
お松明の炎に歓声をあげているあいだにも、

堂内から響き渡ってくるドッドッドッという激しい音。

入堂した練行衆が、独特のお作法を用いて、
内陣へと入って行かれる時の沓(くつ)の音です。



お松明、
始まってしまえば、約15分〜20分ほど、
10本が終わってしまうまでは、アッという間です。

でもそのあとも、
練行衆が揃って礼堂の床を踏みならすリズミカルな音が聞こえてきて…、
つい、
北の局(つぼね)に居て、
内陣の様子を目を凝らして見つめていたい…、
声明に耳をすませたい…と、
願ったのですが、
諸事情がそれを許さず、
今夜もお松明が終わり次第、
すぐにさっさと帰ってきたのでありました。


手もとの書籍によりますと、
お水取りは、
この沓の音はじめ、
鐘、法螺(ほら)、鈴、錫状(しゃくじょう)など、
音を立てることが、
非常に重要な特徴の一つなんだそうです。

その「音」は、
一種「お祓い」の意味合いをもっているのではないか…
との定説があるのだとか…。



ご存知、縁起もののお松明の燃えかす…。

狙ったわけではなかったのですが、
目の前にどっさり落ちてたので、
ついわしづかみで持ち帰ってきてしまいました…。
今、部屋中、香りが満ち満ちています。
いろんな物に匂いが染みついたら、ちょっと困る感じ…(^_^;)
欲張り過ぎました。


今年は、多分、
昨年みたいに、ほぼ連日お水取りに通うことは無理かなぁ。(涙)
でも、
初日にこうして二月堂修二会に参拝できたことに、
深く感謝です。
次は週末くらいに参拝する予定…。


関連過去記事⇒沓(くつ)の音(2009年 お水取り5日目)

お水取りカテゴリー⇒コチラ


(参考図書 「東大寺 お水取り」小学館・「東大寺お水取り」佐藤道子 朝日新聞社出版)




コメント
初日は雨で見物客は少なかったのではないでしょうか。臨場感たっぷりですね。松明の多重露光写真にも飽きてきたので、私も今年は近くで見物しようと思っています。行事を深く知れますしね。
jp3pzdさま

>初日は雨で見物客は少なかったのではないでしょうか。

それが…、ずっと二月堂の北側にいたので、
最後まで二月堂正面の様子はわからないままでした。
ただ私が居た周囲のみに関して言えば、雨の月曜日にもかかわらず意外と人が多いなぁって感じです。
やっぱり「平城遷都1300年祭」の影響…?(笑)
  • カヤ@「なら散策日記」管理人
  • 2010/03/02 12:44 AM
やはり初日から行かれましたね!
お松明の時間、仕事してたんですがカヤさん行ってるだろうな〜って思ってました♪
すっごく躍動感溢れる写真!
さらに楽しみになってきました♪


  • にゃら
  • 2010/03/02 7:55 AM
まるでそこにいるような気分なりました。
音を立てることが重要な特徴なんですね、
国立劇場で聞いた音、今度は2月堂でしっかり 聞いてきま〜す。
  • haniwa
  • 2010/03/02 8:15 AM
おはようございます

今朝、出勤途中でブログを拝見し朝から良い気持ちに浸っています。(^-^)
写真やカヤさんの臨場感のあるコメントは、数年前に訪れた“お水取り”の神秘的な世界を思い出します。

あれ

ダッタ(漢字忘れました)m(_ _)mというのでしたっけ?夜中にやる床に膝を打ちつける修行は?

何か不思議な世界。
真夜中、東大寺や奈良公園内をホテルまで懐中電灯をつけてトコトコ歩いて帰ったのですが…満たされた気分でいっぱいになりました。

ちなみに、その時の“お松明の燃えかす”は今でも我が家の思い出の品であり家宝?になっています。
  • おりおり
  • 2010/03/02 9:17 AM
気になる2週間が始まりました。
昨日は行くつもりでしたが結局行けず、今日こそはと思っていたら会議(^^;)
来週からは人も増えそうなので今週中に一度は行きたいと思っていますが
さて、行けるかどうかは神のみぞ知る。(笑)
こんばんは☆今年もお水取りの季節がやってきましたね。
カヤさん、待ってましたー♪毎年、カヤさんはじめ、ブロガーさんの記事で参拝し楽しんでいます(笑)

お松明の燃えかす。。。春から縁起がイイですね☆週末も楽しみです♪
行きたい〜〜〜〜〜〜〜っ!
にゃらさま

>やはり初日から行かれましたね!

はい♪
とりあえず、初日は、雨が降ろうが槍が降ろうが、
参拝しようと…、心に誓いつつ、
暖かい日でだったので、
待ち時間も辛くなかったデス。
  • カヤ@「なら散策日記」管理人
  • 2010/03/03 1:26 AM
haniwaさま

>国立劇場で聞いた音、今度は2月堂でしっかり 聞いてきま〜す。

今年は(今のところは)、暖かいので、
一段と集中して、
あらゆる音に、のめり込めました。(笑)
一年ぶりの沓の音、感動〜でした。
  • カヤ@「なら散策日記」管理人
  • 2010/03/03 1:27 AM
おりおりさま

>数年前に訪れた“お水取り”の神秘的な世界を思い出します。

お水取りの神秘の世界、まさに、
知れば知るほどますます引き込まれてしまいますね。

>夜中にやる床に膝を打ちつける修行は?

五体投地?(笑)
ずいぶん前に、国立博物館で、
二月堂の内陣が再現されているのを見たのですが、
その打ちつける板も設置されていました…
こんなものに、あれほど力強く体当たりしたら、
ほんとに「痛い!」だろうなぁ〜って思いました。(涙)
  • カヤ@「なら散策日記」管理人
  • 2010/03/03 1:27 AM
さんきち さま

>気になる2週間が始まりました。

ほんとに、そわそわする毎日ですよね。
朝から、ずっとどうしよう、今日はどうしよう…そわそわ。
ちょっと無理したら行けそう、
でも、連日最低でも3〜4時間をお水取りに費やすと、
どうしても他がおろそかになり、支障をきたしてしまうわけで、
苦しい葛藤の毎日です。(>_<)
  • カヤ@「なら散策日記」管理人
  • 2010/03/03 1:28 AM
りえ舎那仏さま

>毎年、カヤさんはじめ、ブロガーさんの記事で参拝し楽しんでいます(笑)

ありがとうございます〜。
励みになります。
私もいろんな方のブログをときどき見ては、
勉強させていただいてます。

お松明の燃えかす…。
今年は、わしづかみできて、いまだに部屋中、焦げくさいですが、
やっぱり嬉しいもんですね。(笑)
  • カヤ@「なら散策日記」管理人
  • 2010/03/03 1:28 AM
こんばんは。
今頃この記事へのコメントですみません(^^;)
実は週末にかけて奈良に行っていたのですが(もちろんお目当てはお水取り!)、行く直前にこの記事を拝見して、「よし!今回は二月堂北側で見よう!」と決心しまして、4日目のお松明をこの場所で見学してきました。
ここ、良いですね!間近にお松明の炎を感じることができたし、練行衆がお堂に入って行かれる様子も見られて感激でした。
そのうえ、たしかに“燃えかす”もわしづかみできました♪
  • はな
  • 2010/03/08 11:32 PM
はなさま

この場所、最高ですよね♪
私も、病みつきです。(笑)
お松明の燃え盛る炎を背景に、
練行衆が、遠敷社に静かに手を合わせるお姿が、
実に感動的です。

「“燃えかす”わしづかみ」おめでとうございます。
これで、はなさんもバッチリ無病息災ですね。(*^。^*)/
  • カヤ@「なら散策日記」管理人
  • 2010/03/09 3:54 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM