Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< どしゃ降りの猿沢池 | main | 海の見える美術館 >>


玄掘覆欧鵑椶Α冒と、おススメ奈良本


あのう…、
昨日の記事で、
私の勝手な僧玄靴量兪曠ぅ薀好箸鯢舛い討靴泙辰燭里任垢…、↓↓↓



その後、興福寺に、鎌倉時代の玄形が安置されていることを知り、
穴があったら入りたい気分になってます。(-_-;)

興福寺HP→木造法相六祖坐像(もくぞうほつそうろくそざぞう)

私が勝手に思い描いたイメージとは似ても似つかないストイックなお姿でした。(またもや雑なイラストで恐縮ですが。)



玄(げんぼう)像84.8cm 鎌倉時代・興福寺南円堂 (国宝) 桧材 寄木造 彩色 玉眼



興福寺に、玄形が安置されていることを
私に教えてくれた書籍はコチラのシリーズ↓↓↓


むちゃくちゃ詳しい奈良町情報が満載、しかもとってもわかりやすいです。

6〜7年ほど前(?)に、購入して以来、
何度も読んでは、奈良の街を歩いたものでした…、

が、
今回、久しぶりにパラパラめくってみると、
玄靴里海箸実に詳しく記載されているではありませんかっ!

ぜんぶ目を通したはずの本なのに、
まったく記憶に残っていなかった自分にあ然としつつ、
(ま、ここ数年ありがちな現象なんですけど。)
改めて新鮮な思いで、こんな深夜まで読みふけってしまいました。

ところで、
上の冊子(合計4冊)が、このほど「西ノ京」情報も加筆され、
一冊にまとまって出版されています。

私、本屋さんで見つけた時には即買いでした。(笑)



とにかく「えっ?そうだったの!へぇ〜」と、
驚く情報満載です〜。

たとえば、

奈良町の元興寺旧境内の東南の端に建つはあの有名な寺院は、
吉備真備(きびのまきび)が、遣唐使として唐にわたっていたときに、
親しくなった女性との間に生まれた子が、海を渡って日本にきて創建した…とか、

ひらがなの「ならまち」と、漢字の「奈良町」の違い…とか、

高畑町は、興福寺の五重塔のてっぺんと同じ標高…とか、

破石町「破石」の伝説と、現存するその石の場所…とか、

元興寺境内の「カエル石」淀君の霊の話…とか、

奈良の恩人、川路 聖謨(かわじ としあきら)の話…とか、
(サクラだけでなくカエデも植えていたんですねぇ!)

他にも、
何も知らなければ素通りしてしまうようなお地蔵様に伝わるお話…、
伝説、言い伝えの数々・驚きの真実 etc.

こちらの本を読んで、
奈良の街を歩くと何十倍も世界が広がりますよ。

ドラマチック奈良―昔むかしをつぶさに歩く
新薬師寺 小倉つき子 著 
ならフィールド発行 京阪奈情報教育出版 発売 1,260円



関連する記事
コメント
素敵な奈良本ですね。表紙の地図も素敵!今と比べながら散策が楽しめそう♪
  • よっつぁん
  • 2010/05/27 5:05 PM
よっつぁんさま

本当に中身が濃〜い充実の内容ですよ♪
奈良町の奥の深さをじっくり堪能できる書籍です。

  • カヤ@「なら散策日記」管理人
  • 2010/05/29 3:15 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM