Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 陰陽町(いんようちょう) | main | 今日の風景 >>


庚申(こうしん)さん


引き続き、ならまちの話題を…。



ならまちの家の軒下に吊るされている身代わり猿は、
魔除けのお守りで、
民間信仰「庚申講(こうしんこう)」の名残りと言われています。



ならまちの庚申(こうしん)信仰は、
中国の道教からはじまったとされ、
奈良時代末期に日本に伝わり、
その後日本固有の信仰と融合しながら発達しました。

(そういえば、数年前、
この身代わり猿と同じお守りが、敦煌(とんこう)の洞窟でも発見され話題を呼びました。)



仏教道教の大きな違い…、

それは、
仏教が、あの世である極楽往生を説くのに対し、
道教は、今、生きているこの現世の利益を叶えられるのだとか…。


・・・?

なんか、わかったような、わからないような。(笑)
たとえば、私なんかは、
「宝くじが当たりますように」などという現世の利益ばかり、
(むしのいい願いごとや、苦しいときの神頼みとか、)
しょっちゅうですが、
それは、本来道教ご担当の分野だったってことなのかも…?






「干支(かんし、えと)」すなわち「十干(じっかん)」・「十二支(じゅうにし)」の組み合わせの一つである。十干とは、甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)である。また十二支とは、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)であり、干支は都合60通りの組み合わせで表される。Wikipedia


それで、

60日に1日巡ってくる庚申の夜にできた子は、
盗人になるという言い伝えまであるそうです。

悪事にも、多種多様あると思うのですが、
盗み限定ってところが、なんだか生々しくも極端な感じ?(笑)







そこで、
庚申生まれの子は、
盗人にならないようにと、
「金」の字が入った名前をつけることで、
厄除けにしたそうです。





かの有名な「我輩は猫である」の夏目漱石は、
慶応3年1月5日の庚申生まれで、ご本名金之助さんです。

金之助という名前は、生まれた日が庚申の日(この日生まれた赤子は大泥棒になるという迷信があった)だったので、厄除けの意味で「金」の文字が入れられた。
Wikipedia

実際のところは、盗人どころか、
お札の肖像にまでなっていらっしゃるのですから、
ご本名金之助の名前の威力(?)は絶大ですね。











身代わり猿は、
こちらの奈良町資料館で入手可能です。
↓↓↓
奈良町資料館HP




そもそもならまち とは?
↓↓↓
奈良町またはならまちは、奈良県奈良市の現市街地南に広がる伝統建築群地域の通称(「奈良町」という行政地名はない)。狭い街路に、江戸時代以降の町屋が数多く建ち並ぶ。ほぼ全域が元興寺の旧境内にあたる。
Wikipedia



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM