Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 天王寺の路面電車 | main | 梅雨入りバンビ >>


「遣唐使」海の神様


(昨日の「天王寺の路面電車」つづきデス)

私たちが、天王寺から路面電車で向かった先は住吉大社
(天王寺から10分ほど。「住吉鳥居前駅」下車。)



平城遷都1300年の今年、
改めて、脚光を浴びている遣唐使ですが、
1300年前、
遣唐使船が出港する前に、
海上安全の祈願を行ったのが、
1800年の歴史をもつ海の神様、
こちらの住吉大社でした。
いわば、遣唐使出発の地といえる場所。


友人と私は、
先月から、
奈良国立博物館で開催されている「大遣唐使展」と、
平城遷都1300年祭メイン会場平城宮跡の「歴史館」を、
一緒に満喫し、

「この流れでいけば、ぜひ住吉大社にも参拝するべきよね♪」ってことで、
妙に盛り上がりまして、(笑)
この日の参拝が実現したのでした…。



住吉三神(住吉大神)と神功皇后を祀り、
日本全国の住吉神社の総本社。

地元では「すみよしさん」「すみよっさん」と呼ばれ、
毎年初詣の参拝者は、三が日で200万人!を超えるそうです。





お馴染みの太鼓橋の映像は、関西以外の方でも、
テレビ等で一度は、ご覧になったことあるかもしれませんね?

私は、30年(!)くらい前に、
一度初詣に来ているハズなのですが…、
太鼓橋以外は、何も覚えておらず、
この日は、まるで初めてのような、
新鮮な気分で参拝させていただきました。




1300年前、遣唐使一行は、
神社で海上安全の祈願を行い、
住吉大神」を船の舳先(へさき)に祀り
住吉大社の近くの住吉津を出発し、
難波津に立ち寄り、
瀬戸内海から福岡の那の津に向かったそうです。

那の津から大陸へは、
時代とともに、
「北路」「南島路」「南路」の3種類のコースがありました。

出港の季節は、
ちょうど今、6月、7月が多かったようです。
遣唐使は朝貢の使いであるという性格上、気象条件の悪い6月から7月ごろに日本を出航(元日朝賀に出席するには12月までに唐の都へ入京する必要がある)し、気象条件のよくない季節に帰国せざるを得なかった。そのため、渡海中の水没、遭難が頻発したと推定している。
wikipedia






それにしても、
この日は、
大安吉日だったこともあり、
(わずか2時間ほどの間に!)
古式ゆかしい結婚の儀式に遭遇すること3組。



国宝の本殿へと向かう花嫁行列を前にすると、
見ず知らずの私たちも、
神聖な気持ちを感じて、
思わず、祝福の言葉を贈りたくなりました。























住吉大社HP

【関連過去記事】
平城京歴史館/遣唐使船復原展示
大遣唐使展 穴場
平城京と河内国
大阪 土佐堀川





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM