Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 季節の変わり目 | main | JR奈良駅と地震雲 >>


左京三条二坊宮跡庭園





曇り空だった数日前、
買い物ついでに立ち寄った「遺産」の画像を…。


国の特別史跡、特別名勝に指定されている
平城京左京三条二坊宮跡庭園


1975年、田んぼを発掘すると、
川のように延びるS字池が見つかり、
さらに周囲では、建物遺構も確認され、
天平の庭がほぼ完全な形で残っていることがわかりました。

奈良時代の原形をとどめた貴重な遺構で、
都市でこれだけの遺産が残っている「奇跡の庭園」と言われていますが、

あまり知られていないためか、
訪れる人はめったにいないみたい…。

ここから北側、
大宮通りをはさんだ隣は、
スーパー「イトーヨーカドー」…、
ご存知「長屋王邸」だった場所。




このような、
奈良時代の庭園の様子をそのまま伝える貴重な場所が、

スーパーと、
車が往来する大通りのすぐ横に…、
そこだけピタリと時間が止まったように、
ひっそり存在しているところが、
奈良らしいです。

1300年前をそのまま伝える場所があちらこちらに、
普通に存在していること。
それが、
奈良では「ありふれた奇跡」なんですね。(笑)


この場所は平城宮の外ですが、
長屋王邸にも近い場所で、
1300年前の一等地とされたエリア。

平城宮内と同じ瓦なども出土していて、
天皇家の離宮とする説もあるのだとか。


平城宮内の東院庭園と同じような浅い曲池が、
なんとも優美で美しい…。

設置されている看板の解説によれば、
宮跡庭園の導水は、
(発掘調査で確認されておらず不明としつつも…)
水を溜めて木樋暗渠を通して、
池に流しこむという、
手の込んだ仕掛けがあったようです。




賓客をもてなすために華やかな宴が執り行われた東院庭園とは対照的に、

こちらの庭園では、
ごくごく内輪の私的に風流な空間を愉しむための、
場所だったのではないか…?との説も聞いたことあります。



























この場所は、奈良時代(710〜784)のわが国の都である平城京で、左京三条二坊六坪と呼ばれたところにあります。
昭和50年に行われた発掘調査によって、敷地の中央に園池を配した大規模な庭園遺跡であることが判明しました。
園池は、玉石を敷きつめ、要所に片麻岩や花崗石などの景石を配する技巧的なもので、幅15メートル、延長55メートル、水深約20センチメートルあります。
池の西側には、東方の山並みを背景に池を鑑賞できるように建物が建ち並んでいました。
出土した木簡や瓦等からみて公的な宴遊施設であったと推察されています。



















時間 午前9:00〜午後5:00
休み 水曜日(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日(土・日は除く)、年末年始(12月26日〜1月5日)
※平成22年4月1日〜平成22年12月23日 年中無休
無料




どっぷり日常にまみれて、
時間に追われつつの、
スーパーで日用品のお買い物のついでに、

春日山の稜線を望みながら、
わずか20cmの深さのおままごとのような、
S字形の水の流れに耳を澄まし、
歌を詠んだ風流な古代人に、
想いを馳せてみるのも、
思いのほか、
素敵な時間でしたよ。



【関連過去記事】
平城宮跡 東院庭園
名勝大乗院庭園



関連する記事

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM