Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 正倉院 萌え | main | プロポーズと鱗雲 >>


2010年 第62回正倉院展ポスター


最近、
意外に「正倉院 ポスター」の検索キーワードで、
当ブログに、訪れて下さる方が多いので、
手元にある今年のチラシをアップしてみます。






聖武天皇・光明皇后のご遺愛品として、
世界唯一の古代の五絃琵琶の遺例として名高い螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)。

もしかしたら県外(東京あたり)のほうが、
もっといろんなバリエーションが出まわっているのかもしれませんね。
私が奈良市内で、目にしたのは今のところ上の2種類です。


ちなみに、
昨年のポスターも、琵琶がメインでした。

ツゲ・象牙・鹿の角など多様な素材をはめた木画(もくが)技法、
目を見張るばかりの驚くべき技術。
紫檀木画槽琵琶(したんもくがそうのびわ)
黄金の背景がとっても豪華で素敵でした。↓↓↓
(過去記事「2009年 第61回正倉院展ポスター」より再掲載)



そういえば、
正倉院展会場の奈良国立博物館にて、
下記の日程で、
公開講座が開催されるそうです。
(「第62回正倉院展」の観覧券、もしくはその半券を提示すればOKとのこと。)


10月30日(土)「正倉院の紙」
  湯山 賢一氏(奈良国立博物館館長)

11月6日(土)「五絃琵琶と紫檀工芸」
  関根 俊一氏(帝塚山大学教授)

時間:13:30〜15:00(13:00より講堂入口にて入場券を配布。)
場所:奈良国立博物館 講堂
定員:196名(先着順)
料金:無料


さらに、
ご存知の方も多いと思いますが、
連日、
正倉院展の見どころをボランティアの方が解説してくださっています。

会期中毎日5回(30分程度)
[1]10:00〜 [2]11:00〜 [3]12:00〜 [4]13:30〜 [5]14:30〜
場所:奈良国立博物館 講堂
定員:196名 入館者の聴講自由
(公開講座等のある日(10/30・11/6)の午後は中止)

詳しくはコチラ→奈良国立博物館 第62回正倉院展


知識が増えれば、
感動がより深まりますよね。


常々、
まず、一度目は、
知識がない状態で鑑賞し、
そのあと、公開講座などで、
少しお勉強し、
もう一度、
「へぇ〜なるほど〜」なんて感心しながら、
鑑賞するのが理想だなぁ…って思っているのですが。
(一回目は右脳で、二回目は左脳で…って感じ。?)

でも、いつも、
一度目の無知な状態で鑑賞して…、
そのあと即効でブログに好き勝手な感想を(無知丸出し状態で)アップして、
「それっきり」です。
(残念ながら、私は講座等の日程と都合がつかないので、今年も同じパターン。)
とほほ。





キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM