Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< なら奈良館でお勉強 | main | 境界線 >>


京都から木津川を越えて…


先日、
滋賀県まで所用で出かけた折、
通りすがりの京都駅を撮りました。



京都の玄関、JR西日本・JR東海・近畿日本鉄道・京都市営地下鉄、
各社合計の1日平均の乗降人員は63万人を超えるそうです。

早いもので、
平安遷都1200年記念事業の一環として、
京都駅が生まれ変わって、
もう10年以上が経ちました。

この斬新な空間は、今なお賛否両論、
京都の友人は、
京都駅で待ち合わせするたびに、
しょっちゅうボロカスに文句言うてます…。(苦笑)

追記「ボロカスになんかゆうてないやん」と本人から苦情メールが届きました。

その点、
訪れるたびに、いつのまにやら、
親しみの感情が芽生えつつあるような…、
今じゃ、前の京都駅のことさえ思い出せなくなっている有様です。

これは、
記憶力に問題があると同時に、
私にとって、
京都はお客様気分の場所だからかもしれません。




それにしても、巨大です

京都駅ビル(JR西日本)は、日本の鉄道駅舎としては異例の国際指名コンペ方式で行われ、新駅ビル設計者には原広司、安藤忠雄、池原義郎、黒川紀章、ジェームス・スターリング、ベルナール・チュミ、ペーター・ブスマンの7名の複数の建築家が指名された。設計審査の結果、先ず原広司案、安藤案、スターリング案の3案に絞り込まれ、更なる協議を経て、原広司案が最終案として採用された。京都駅周辺は高さ120mまでの建築物が建築可能となる特例措置が設けられているが、高さ制限の緩和は古都の景観を損なうものとして反対意見も根強かったため、建物の巨大さ、高さに起因する圧迫感を回避し、いかに周辺環境との調和を図るかが作品の評価のポイントとなった。採用された原広司案は、最大高さを60mに抑えた上で、南北方向の道路に合わせて建物を分割して視線を通すなど、圧迫感を回避するような配慮が随所に見られる。wikipedia






季節柄、大きなクリスマスツリーも設置されていました。




用事が済んだ後、
少しだけでも、
京都市内の紅葉、清水寺の夜間ライトアップなんぞを堪能してみようかな…と、
当初、甘い計画を立てていたのですが、
清水寺に行きつくまでに、
人の多さにクラクラ酔ってしまってあっさり退散。





結局、人の波から逃げるように!奈良への帰路につきました。
その時は、気を取り直す意味で、
ちょっと贅沢して、
(と言っても、京都から奈良の特急料金は乗車券+500円。)
近鉄特急に乗車。


それで、
車中で、ぐっすり眠るつもりが、
あまりに美しい夕焼けに驚いて、
結局、目が痛くなるほど、ずっと西日を見つめる羽目に…。
(まったく人生はいつも予想外のことばかり。)





京都から、奈良へは、
宇治川と木津川のふたつの大きな川を渡ります。
下の画像は、
夕日の木津川。




古代から、木材を運搬するための大動脈とされ、
東大寺大仏殿を築くための木材運搬に利用された河川。

木の津(港)であることから「木津」と呼ばれたそうです。






キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM