Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 2011年4月11日 氷室神社の桜いろいろ | main | 朝の県庁屋上からの眺め >>


小さな大発見 飛火野の桜


今朝、雨が降りだす前、
飛火野あたりを散歩しました。

今日は奥飛火野エリアから侵入。

「侵入」って人聞き悪いですけど、
でも「侵入」ってことばがぴったりの、
足場が悪くて、
靴がドロドロになること受けあいの場所なので…。笑

はい、
案の定泥だらけになりました。
朝からちょっとした冒険気分です。


その南角から東に進むと、
大きなクスノキに出会います。
特異な形なので、
意外とご存知の方多いかもしれませんね。

おはようございます、
クスノキさん。




深呼吸して、
今度は、
北を向くと、
飛火野の芝が、
先日来た時よりもさらに青々と輝いていました。

この数時間後に、
パラパラ降りだしたので、
芝にとっては恵みの雨だったかな。
今頃、水分たっぷり含んで、
メキメキ成長しているのかも。




そして、
もう一度、
南を振り返ると、
そこは、知る人ぞ知るの秘密の花園。
あと半月〜一カ月もすれば、
野生の藤が、
美しく咲きだします。



数頭の鹿が、ひっそり芝を食んでいました。









飛火野の真ん中で色どりを添えるこちらの桜、
紅い葉っぱが珍しくて、
キレイ。


















で、どこかで見覚えがある感じ…?と、
あれこれ巡らしていたら、



そうそう、
お水取りの『二月堂縁起絵巻』(天文14年・1545年)に描かれている桜に、
そっくりダって思い当たった次第。↓




私は、花の種類にめっぽう疎いので、
詳しいことはわからないのですが、
でも、見た感じが似てますよね?!笑



ということは、
最低500年前から存在している品種ってことでしょうか?
そういえば、
氷室神社にも同じような種類の桜がありました。


こんな瞬間、
奈良ってスゴイ所だなぁ…と、
改めて思うのであります。







そして、そして、
さらにもう少し北に歩くと…、

小川が流れるこの付近は、
先日、カラスが鹿のお尻の毛を一心不乱にむしり取っていた場所ですが、
(詳しくは過去記事コチラ→変な関係
今朝は、カラスも鹿もいませんでした。






同じように見えても、
彼らなりに、
異なった日々を送っているのでしょうね。







そんなわけで、
ささやかな大発見したような、
気分のいい朝の散歩でした。




キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM