Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 春日大社 砂ずりの藤 1〜3分咲 | main | 黄砂の聖武天皇祭 >>


もうひとつの元興寺





奈良時代には、東大寺・興福寺と並ぶ大きなお寺、
南都七大寺のひとつに数えられる
ならまち元興寺

「古都奈良の文化財」として、
世界遺産にも登録されている有名なお寺です。





でも、ならまちには、
元興寺と名乗る寺院が、2つあるってことを
ご存知の方、意外に少ないかも(?)

上の画像は、
世界遺産に登録されているほうの元興寺で、
西大寺の末寺で真言律宗のお寺。
奈良市中院町所在。

そして、
少し南に下がったところにある
もうひとつの元興寺は、
東大寺の末寺。
よって宗派は華厳宗です。
奈良市芝新屋町所在。




もうひとつの元興寺はコチラ↓


この二つの元興寺、もともと一つでした。
平城遷都の際、飛鳥にあったものを、
こちらに運んできたものです。

室町時代の宝徳3年(1451年)、
土一揆のあおりで寺が炎上し、
この頃を境に分裂したのだとか。

南の華厳宗の元興寺には、
分裂する前の奈良時代の五重塔跡があります。

高さ57メートルもあったとされる立派な塔で、
(ちなみに興福寺の五重塔が約50メートル)
江戸時代まで、その天平の姿を残していたそうですが、
残念な事に1859年(安政6)に、
隣の民家の火事で焼失しています。

こちらの画像が五重塔跡。↓

2週間ほど前に撮ったもので、桜がすっかり散ってしまったあとですけど…、
少し前まで、
ソメイヨシノはじめ、
スイセン、チューリップが満開でした。
今は、きっと八重桜が満開なのかな。
牡丹やハルシャギクも咲き始めてるかもしれません。
いつも、さりげなく四季折々のお花が咲いている丹念に手入れされた空間です。

時間が止まったような静かな境内には、
現在、17個の礎石が残る塔跡と、
観音堂の跡に建てられた本堂があります。



昨年、修復された「啼灯籠」(なきとうろう)。↓
昭和19年の震災で無惨に倒壊したままだった灯籠が、
平成22年、66年ぶりに元の姿に戻されたそうです。
「どうして泣き灯籠なのか?」
灯籠の横に解説板が設置されていますよ。笑



もとは一つだった奈良時代の元興寺は、
五重塔跡からも察しがつく通り、
それはそれは立派な伽藍だったようです。

南大門、中門、金堂(本尊は弥勒仏)、
講堂、鐘堂、食堂(じきどう)が、
南北に一直線に並び、
中門左右から伸びた回廊が金堂を囲み、
講堂の左右に達していた。
回廊の外側、
東には五重塔を中心とする東塔院、
西には小塔院があったとのこと。
(参考 Wiki



※元興寺に設置されている解説板を参考に作成

見事な伽藍をほこった名刹 元興寺も、
平安京に遷都されたあとは次第に衰え、
平安時代中期以降には、
破損・衰退のすさまじさが記録されています。

さらに近世に入ると、
昔の伽藍地に民家がびっしり建ち並び、
江戸時代以後、
奈良町の中枢の一角となりました。

近年、
この元興寺を中心とする町屋が残るエリアは、
ならまちと称する観光スポットとして、
賑わうようになりました。

(参考図書 ドラマチック奈良 昔むかしをつぶさに歩く
小倉つき子
地方・小出版流通センター/京阪奈情報教育出版)



こちらの南の元興寺のあたりの町並みは、
テレビドラマ「鹿男あをによし」の、
下宿先として使われていました。



元興寺を詠んだ句

虫鳴くや 七堂伽藍 なにもなし  正岡子規

みみず鳴く あたりもかつて 大伽藍  阿波野青畝

初冬や 唐辛子干す 塔の跡  松瀬青々




【関連過去記事】
⇒すぐお隣 御霊神社 2011.04.20
⇒北の元興寺 柴燈護摩会(さいとうごまえ)2009.02.03
⇒北の元興寺 地蔵盆まんぷく供養夢まつり 2008.08.24




キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM