Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索
<< 2013年05月02日(木) | main | 2013年05月04日(土) >>


2013年05月03日(金)


posted at 23:59:58


奈良博「當麻寺展」行ってきた。 出張イベント當麻寺西南院ご住職「當麻寺の雑学」にも参加。へぇ(゚o゚) 驚き話の連続で1時間がアッという間。展示のほうも実に盛りだくさん。4時間かけて堪能しました。 もちろん8世紀當麻曼荼羅にも感動〜 pic.twitter.com/dSYOAsyKie



posted at 23:57:02


posted at 00:02:35


(つづき)個人的に目が釘付けになったのは名もなき画工が残した2つの落書き。 1つは台座残欠に残されていた平安時代の鳥の落書き。8cm四方ほどの小さなかわいいイラスト、目にも止まらなぬ早業で見つからないようドキドキしながら描いたのかな。勢いのあるタッチに技量の高さがうかがえます。


posted at 00:07:23


(つづき)もう1つは、まんだら厨子建材の(外からは見えない)敷板に、コソっと描かれていた男性2人の横顔。 落書きが描かれたのは、厨子が制作された平安初期のものと推測されているのだけれど、彫りが深いマンガっぽい絵…、これってあの法隆寺五重塔の天井板落書きにそっくりに見える。


posted at 00:12:34


(つづき)「平安じゃなくて、飛鳥の落書きじゃないのぉ?」 「この濃すぎる顔どうみたって飛鳥時代の渡来人っぽいよねぇ?見たことないけど」 友人との、好き勝手な戯言もまた楽し。 ※「当麻寺落書き板」2010年の初公開時ニュース発見⇒ www.47news.jp/CN/201008/CN20…


posted at 00:39:47


大昔の落書きと、先日読んだばかりの村上春樹本のセリフとが、自分の中でオーバーラップした。 「本当はいけないことなんだけど、僕は自分が工事を担当した駅の一部にいつも、自分の名前を入れているんだ。生乾きのコンクリートに釘で名前を書き込んでいる。多崎つくるって。外から見えないところに」




奈良博「當麻寺 −極楽浄土へのあこがれ−」 www.narahaku.go.jp/exhibition/201… 国宝「綴織當麻曼荼羅」展示6日まで。 会場で「下手に動かすと空中分解しそ〜」な繊細さを感じました。 今後お寺の外に持ち出されることはないのでは?なんといっても8世紀の織物ですから、是非♪



釜めし志津香さん長蛇の列〜。たしかに、炊きたて釜飯が恋しくなるくらい、5月だとは思えない肌寒さでした。 志津香さんの東隣りは、会津八一ら文人が定宿にしていた旅館「日吉館」跡地に建てられた店舗兼用住宅。 pic.twitter.com/jSLfebWe9s



posted at 23:54:22




関連する記事

キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM