Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



白ちゃんプロジェクト





観光センターで、
「シカの白ちゃん」キャラクター募集の
チラシを目にしました。

奈良の目抜き通り「三条通ショッピングモール」が、
シンボルキャラクターを募集しているそうです。

〆切まであと、10日

ふわふわの白い毛の冠をかぶったを「白ちゃん」に、
想いを馳せながら、
キャラクターイラストに挑戦!
一足早い芸術の秋を満喫してみてはいかがでしょうか?


応募方法・選考方法など
詳細はコチラ⇒三条通りショッピングモール イベント情報
--------------------------------------------------
「シカの白ちゃん」かつて、奈良公園に、珍しい白い花冠の雌シカが生まれ、「白ちゃん」という愛称で親しまれていました。
白ちゃんが生涯唯一もうけた子ジカも、白ちゃん自身も残念なことに交通事故で亡くなりました。
古都奈良のシンボルロードとしての整備が進められていいる、三条通ショッピングモールでは、安全にゆったりと歩いていただく願いを込めて、この「シカの白ちゃん」を新たにシンボルキャラクターとして活用し、地域活性化とあわせて奈良のシカの愛護をアピールしたいと考えてます。

三条通ショッピングモールのイベント情報より引用転載
--------------------------------------------------



奈良新聞の紹介記事

奈良公園の鹿で絵本にもなった「白ちゃん」が、奈良市の三条通ショッピングモールのシンボルとしてよみがえることになった。同モールの商店街振興組合(松山和央理事長)がキャラクター・デザインを募集している。
白ちゃんは頭に冠のような白い毛がある雌鹿で、観光客に親しまれた。たった一度だけ出産した子鹿を交通事故で失い、自身も昭和47年に交通事故で死亡した

奈良新聞WEB 社会 白ちゃんをシンボルに - 三条通ショッピングモールより引用転載



「シカの白ちゃん」の物語
シカの白ちゃん






それにしても、今日も暑かったです。

今朝の灼熱三条通り、紅葉の飾りものが何とも…言葉になりません。









公共事業への住民参加 他府県の好例








行基菩薩像の噴水広場に、
ガラスの大屋根建設の件、動きがあったようですね。
(公告がいったん中止になったとか?)


ところで昨日、「他府県はどうなんだろう?」と、思って、

行政と対立するような図式じゃなくて、
一体となって、取り組めるような好事例がないのかな…って、
ちょっとネット検索してみたら、素敵な事例が、
ありました、ありました♪


[PDF] 公共事業と市民の想いが駅を中心とした新しい景観を築く 18
http://www.mlit.go.jp/crd/townscape/gakushu/data3/hyuuga_eki.pdf

宮崎県日向市の事例


イラスト・写真・図入りで、非常にわかりやすく、7ページにわたり、
住民・商業者・専門家・コンサルタント・大学教授・行政・商工会議所などが、柔軟につながりあいながら公共事業に取り組み、良好な結果を得ている様子が記載されており、最後に、
「公共空間における良好な景観形成が、市民の景観に対する意識を高め、民有地における自主
的な景観まちづくりを誘発することに繋がります。」
と結ばれています。


ちょっと検索してみただけでも、
上記のような素晴らしいケースを見ることができたので、
もうちょっと丁寧に調べてみたら、
もっとたくさん、
他府県の参考になりそうな先進的な様々な取り組み方、
発見できるかもしれません。





いずれにせよ、

行政の、既存のシステムを変えていくには、
それなりの時間と努力が要ると思うし、

もちろん、
住民側の私たちの意識も、
変えていく必要があるなぁと思う夏の朝でした…。









奈良市在住の絵描き5*SEASON(ファイブシーズン)さんが募っていらっしゃる賛同者のコメント入力は今日までですよ。私もあとで一言入力させていただこうと思ってます。

※関連過去記事
遺産過多
公共事業のこと






遺産過多




思えば…、
1300年前、平城京ができたときも、
常に一部の権力者によって決断され築かれてきたんだなぁ…
民衆は従うばかりだったんだろうなぁ…

その頃の名残で、
自らの環境に、積極的に取り組む姿勢がない土壌が、
現代もなおはびこっているのかも?

…などと、
例のごとく突拍子もない方向に、
妄想が広がりつつ、

こんないい加減で適当なことブログに書くと、
(また大乗院庭園のときみたいに)お叱り受けそうだけど、

で、結局、
変な方向に想いが巡り過ぎて、
行基菩薩の噴水の大屋根工事の件は、
まだ考え中です。







…というか、

考えるにしても、
情報がなさすぎる。

屋根の工事に関すること、
いくら考えるにしても、
何も知らないじゃないか、私。

そして、
それこそが一番の問題点なんだと、
今さらながら気づくわけですね…。(苦笑)

行政が決断したからには、
それなりの、
必要性があったんだろうし、
屋根をつけることで、
何らかの改善・効果が見込めるという青写真があったハズ。
(ないとしたらそれこそ大問題ですけど。)

問題は、そのことについての、
説明責任を、果たしていない…

まずは、
それににつきると思う。

私たちは、
その説明を聞いてからでないと、
賛成も、反対も、
考慮しようがないじゃないかと思うわけです。

機能性だけの問題じゃなく、
街の景観としての視点も必要だろうし。






…と言いつつも、
私自身、今ひとつ無関心だったわけですが。

それで、
「どうして私、無関心だったんだろう?、
 奈良のことはすごく好きなのに…」って、
ちょっと考えてみたところ、

ひとつのこと、
思い当たるふしがありました。

やっぱりそれは、
遺産過多とも揶揄される奈良の文化に胡坐をかいている…ってこと。

というのも、
たとえば、近鉄奈良駅に到着して、
駅の景観が、
「なんだかなぁ〜」ってな具合に、
ちょっとズレていたとしても、

すぐに興福寺の境内で、
そこには、五重塔やら、阿修羅像などなどが、
あるわけです。

さらにすぐむこうには、
国立博物館。

そして、春日大社や東大寺。

さらに春日山原始林。

広大な奈良公園には、野生の鹿たちも戯れている。


駅付近の景観が多少、陳腐でも、
すべてを帳消しにしてくれるほどの、
スゴイ世界遺産が、あまり広くもない範囲内に、
コンパクトにまとまってゴロゴロ存在している。


圧倒的存在感で、
プラスマイナス、
最後には、
プラスにしてくれるという安心感。


相対的にその他の場所は、
あまり力を入れなくてもいいんじゃないか…みたいな気分が、
無意識にあるかもしれないなぁ…と。

これって、
まさに大仏商法の思考回路…かもしれません。

こんなんじゃいけません、やっぱり。
胡坐かいてちゃダメです。
住民は住民の立場としての取り組み方があるわけですからね。

…と、反省しつつ、
ま、こんな感じで、
あともう少し、
思いを巡らせてみよかと思います。






公共事業のこと


すでに夏バテです。








ところで、
ご存じ近鉄奈良駅前広場。



行基菩薩像の噴水広場に、
ガラスの大屋根建設の話が持ちあがっているそうです。

奈良県は、
大屋根設計の入札参加業者を募る公告を出しており、
完成は来年の11月、費用は1億7千万円とのこと。

このことについて、
奈良市在住の絵描き5*SEASON(ファイブシーズン)さんが、
ご自身の意見を表明し、
賛同者のコメントを募っていらっしゃることを、
奈良倶楽部通信 part:IIさん のブログを拝見して知りました。

5*SEASONさんとは、もちろん面識もなく…。
でも、ならまちでギャラリーを開設されたり、
積極的に作品を発表されている方とのお噂は、
かねがねうかがっておりました。

そして、
(フォローさせて頂いていたにもかかわらず)
twitterでも情報発信されていることを、
今頃、改めて知った次第。
(twitterをまるで活用できていない私!)



それで、本題ですが…、



私は、どう思う?


ガラスの大屋根建設の件どう考える?



と、自問自答。


…してみたものの、

今は、頭が、いつも以上に回らない感じ。

もちろん公共事業(とりわけ奈良の玄関口の行基菩薩のこの場所)は、
私たち市民にとって、
とても大切なことです。


でも、バタバタ日常に追われていると、
今回のように
問題提示してくださっているにもかかわらず、
(5*SEASONさんの実行力に敬意を表します)


自分の立場で考えることなく問題を素通りしたり、
見て見ぬふりをしたり、
係わり合いになるのを避けたり…と、
正直、事なかれ主義に陥ってしまいそうになったりもする…。



だからといって、
強迫観念にかられるように、
私もなにか、い、意見を…!言わなくっちゃ〜と、
躍起になるのも、
なんだかちょっと違うような気がするし。


とにかく、

明日丸一日ぐらい、

このことに思いを巡らせてみようかと思ってます、今夜のところは。


ご覧の皆さんも、
ぜひご一緒に、思いを巡らせてみましょう〜。
詳しくはコチラ
↓↓↓
5*SEASON(ファイブシーズン)さんのブログ「奈良の夢を応援する『LOVE! NARA!』」


とりあえず、
今朝と夕方に撮った(ちょっとピンぼけですけど)
「近鉄奈良駅前広場」の画像を掲載します…
想いを巡らすために。


















三条通りの入道雲


入道雲?

梅雨明けも近いのかな…。

今日の暑さは格別です。



今日の昼下がりの三条通り。



そうえいば、
先日の奈良市の事業仕分け第2弾で、
三条通り拡幅事業の未着工区間が「不要」と判定されたそうです。

奈良市の事業仕分け第2弾は4日、2日間の日程を終えた。この日は16事業(19項目)を対象に仕分けし、三条通り拡幅事業の未着工区間が「不要」と判定された。2日間で不要とされたのは9事業・項目で、予算額は約2億1500万円(10年度当初予算ベース、人件費除く)。今後は仕分け結果をどれだけ予算に反映できるかが焦点となる。
 三条通り拡幅で不要とされたのは、やすらぎの道以東の778メートルで、総事業費は推定75億円。市民判定員から「待機児童対策などが必要な時に、道路に何十億もかけるのは非常識」など厳しい声が上がった。

事業仕分け:9事業・項目が不要 奈良市、第2弾終了 /奈良(毎日新聞) - Yahoo!ニュースより引用転載。


三条通りの拡幅事業の未着工区間が「不要」と判定されたことに対して、
異論を唱える気、
毛頭ないです。(どちらかと言うと賛成です。)


ただ、
数年前から始まったこの三条通りの拡幅事業を機に、
閉店してしまったいくつかのお店のこと…、
思いを巡らせました。

こんなことなら、
はじめからしなければよかったのに…なんてことを、
つい考えてしまったり。



何を「無駄」と考えるかは、
つくづく、
とてもとても難しい問題ですね。

たとえば…、

あの小惑星探査機「はやぶさ」の開発費が、
17億円から5,000万円になり、
さらに事業仕分け第1弾で3,000万円に下がり、
今はふたたび、
2011年度の予算は増額を検討…と、

減ったり増えたりするのを、
ニュースで耳にしたときにも、

私の小さい頭は、
宇宙のことと、桁外れのお金のことが、
同時に渦巻いて、
思考停止状態になってしまう。笑


こんな私でも、
「はやぶさ」の開発費が妙に気になるのは、

私の中で、
1300年前の遣唐使と、
2010年の小惑星探査機「はやぶさ」が、
同じようなイメージでリンクしているからなんだと思います。(笑)
(「はやぶさ」に人間は乗ってないけど携わっている人たちは、
 きっと一緒に乗りこんでいるような気持ちかも?…なんて思ったりします。)


で、さっきも、
「暑いなぁ〜」って
炎天下の三条通り歩きながら、


1300年前に、
事業仕分けがあったなら、
遣唐使や、大仏建立は、行われただろうか…とか、
つい妄想してしまいました。

1300年前に、
その価値と意義を理解していた人は、
人口の何パーセントくらいだったんだろうか?

でも、こういうことって、
日中炎天下で、
思いを巡らすような内容じゃないですね。
すごく急いでいたこともあって、
疲労倍増って感じ。






興福寺南大門発掘調査【追記】


奈良文化財研究所が、
興福寺 南大門跡を発掘調査中。



とりわけ残暑厳しい蒸し暑い一日でしたが、
本日も、
もくもくと作業していらっしゃいました。

「手ガリ」と呼ぶ鎌を使って地面を慎重に削りながら進めるのだそうです。





フェンスに掲げられたホワイトボードには、
「本日の作業」が提示されています。
どうやら、興福寺参拝者や通行人へのご配慮みたい。

こんな風に調査状況を、
わかりやすく書いてくださっていると、
知識がない私のような通りすがりでも、
発掘調査に親しみと興味を抱くことができますね。


【追記】



奈良・興福寺:南大門跡で基壇の遺構見つかる 貴重な発見
金剛力士像が立っていた基礎部分の石(手前)=奈良市の興福寺で2009年9月25日午後0時6分、花澤茂人撮影 奈良市登大路町の興福寺南大門跡で、基壇の遺構が見つかった。寺の正門に当たる南大門の発掘調査は初めて。25日発表した奈良文化財研究所によると、東西5間(23.4メートル)、南北2間(9メートル)の規模だったことが分かった。基壇は何度か改修されながら創建当初の規模を忠実に踏襲しており、壮大な伽藍(がらん)を誇った大寺院の歴史を考える上で貴重な発見としている。
奈良・興福寺:南大門跡で基壇の遺構見つかる 貴重な発見 - 毎日jp(毎日新聞)より引用転載








近鉄奈良のスタバ閉店


近鉄奈良駅構内の東改札付近で、
6年以上営業していたスターバックスが、
突然閉店したのは、
先月末のことでした…。

かなり昔、JR奈良駅のほうのスターバックスが、
早々に閉店してしまったときには、
「たしかに、しょうがなかったよねぇ」と、
多くの人が感じたでしょうが、
(えっ?そう感じたのは私だけじゃないですよね?)

今回近鉄奈良駅構内のスタバが、
閉店してしまったのには、
ちょっとビックリ。

なんだか残念です。
いつも友達を見送るとき、
このスタバでお茶するのが習慣だったのに。


現在、違うお店の開店準備がちゃくちゃくと、
すすめられています。




2009年4月29日撮影の
近鉄奈良駅構内、在りし日のスターバックス↓↓↓






雪景色がかわいいスターバックスのCM↓↓↓
ちょっと涼しい気分になるかも?(笑)







名物旅館「日吉館」


奈良国立博物館近く、
釜飯で有名な志津香の東隣り、

まるで、そこだけ時がピタリと、
止まってしまったかのような一軒家があります。

ここは、かつて全国的に名を馳せた
奈良の名物旅館「日吉館」



たとえば、
この日吉館の常連さんの筆頭にあがる
著名人が、歌人の会津八一
そのほかにも、学者や若い学生の定宿として、
「奈良古美術大学の学生寮」
「奈良の芸術院」と、
呼ばれるほど、愛されました。

その魅力は、
苦学生にも優しい良心的な宿泊価格と、
女将さんの、お人柄、
そして立地条件でしょうか。

特に女将の田村キヨノさんは、
世話好きな明るい性格と、
朝寝坊の学生をしかりつけるような、
大らかさで、
宿泊客の肝っ玉母さん的存在だったようです。

奈良の宿・日吉館 (1980年)
太田 博太郎



昭和47年には、
NHKで日吉館をモデルにしたドラマが放映され、
全国的に知られる有名な旅館となりました。

しかし平成7年、
女将の田村キヨノさんの高齢化で、
旅館を廃業。
その3年後、平成10年に88歳で亡くなられ、

ポツンと取り残された日吉館は、
その後ずっと、
一等地であるこの場所で、
じっと深い眠りにつくかのように、
雨戸を閉じたまま、
長い年月が流れました。

当初セミナーハウスとして活用する計画が持ち上がるも、
結局、立ち消え状態になってしまったとのこと。

そして、つい半月ほど前、
老朽化で取り壊されることになったとの新聞記事を、
目にしました。




老朽化で取り壊されることになった日吉館=12日、奈良市登大路町
 会津八一ら多くの文化人に愛された奈良市登大路町の旅館「日吉館」が、老朽化のため取り壊されることが分かった。名勝奈良公園の一角で、所有者の申請を受けた文化庁が現状変更を許可した。店舗兼用住宅に生まれ変わる予定で、古都の名物旅館は多くの思い出とともに姿を消す。
 日吉館は奈良国立博物館北側にあり、平成10年に88歳で亡くなった田村キヨノさんが切り盛りしてきた。
 延べ床面積約250平方メートルの木造2階建て。歌人で早稲田大学教授だった会津八一や「古寺巡礼」を著した和辻哲郎、評論家の小林秀雄ら多くの文化人が定宿とした。
 学生にも愛されたが、田村さんの高齢化で平成7年に廃業、約80年の歴史に幕を閉じた。セミナーハウスとして活用する計画もあったが、立ち消えとなっていた…

「日吉館」取り壊しへ-文化人が愛した宿  (2009.5.13 奈良新聞)より引用転載


残念なことです…。







みやげ物屋さん




三条通りの猿沢池周辺
横に一列に並ぶ数件のみやげ物屋さん。

普段は平日・休日問わず、
あっさりシャッターを、
下ろしているところですが、
修学旅行シーズンは話が別です。

今夜も、
お揃いで、
開店営業なさっていました。

でも、
お客さんの姿はほとんどなく、
見事な閑散ぶり。

修学旅行は、
中止になってしまったのでしょうか…。
きっと、
たくさんの修学旅行生が、
来県予定だったのでしょうね。


新型インフルエンザ、
いろんなところで、
影響が出ているようです。

早くおさまってほしいです。



【関連過去記事】
修学旅行シーズン






マスク完売




どのお店も、
マスク売り切れ状態。

昨日の「うららか幸せモード」から、
街の雰囲気、
一夜にして「緊張ムード」です。

今日は、
唐招提寺の「うちわまき」でしたが、
新型インフルエンザの影響で参拝者は少なめだったようですし、
奈良の唐招提寺で「うちわまき」100人取り合う5月19日19時32分配信 毎日新聞

昨晩のニュースによると、
奈良県内の高校生と、その教職員ら1117人に、
新型インフルエンザとよく似た症状が出ているとのこと。
5月18日23時51分配信 産経新聞

奈良方面への修学旅行を予定していた学校も、
予定通り行うべきかどうか頭を痛めているのだとか。
中日新聞新型インフルで判断割れる 京都・奈良方面の修学旅行社会(CHUNICHI Web)


今日夕暮れの近鉄駅構内や、
三条通りをザッと見た感じ、
道行く人の8〜10人に1人くらいの割合で、
マスク装着されていました。

こんな時、実に不謹慎ですが、
マスクしている人⇒警戒・用心タイプ
マスクしてない人⇒油断・楽天タイプ
と勝手に決めつけて、
ジロジロ観察モードになってしまう私。
(我ながら嫌な性格。しかも自分はマスクしてませんでしたし。)

しかし、
関西で、
驚愕のスピードで、
感染が広がっている新型インフルエンザ。

自分も予防を怠ってるくせに、
道行く人々見ながら、
「もしかして楽天タイプですかぁ?O型ですかぁ?」なんて、
心の中でつぶやきながら、
一人ゲームやってる私は相当おバカですよね。
すいません。


やっぱり、
なんてたって、「予防に勝る治療なし」です。


マスク予防以外にも重要な心がけ。
・積極的に手洗いやうがいを行う。
・発熱や咳などインフルエンザ様の症状がみられた時は、
 地域の電話相談窓口へ。

これ以上拡大しないように、
そして、
奈良県内で発症者が出ないように、
切に願います。


---------------------------------

奈良県 発熱外来相談センター開設されていますよ〜!
(平成21年5月7日更新情報)
5月7日(木曜日)から当分の間、24時間対応

発熱したら、
まずはお住まいの地域の相談窓口に電話で相談しましょう!


⇒都道府県による新型インフルエンザ相談窓口

⇒厚生労働省 新型インフルエンザに関する情報

奈良県庁
⇒新型インフルエンザに係る「発熱相談センター」


---------------------------------




キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM