Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



おん祭りと、母の激写…


今年のおん祭りは…(今、この瞬間も真っ最中ですが、)

深夜の遷幸の儀は、迷いに迷ったのですが、
結局、根性がなくて足を運ぶことができず、

さらに本日、昼間のお渡り式も、残念ながら見学することができそうもなく、

せめて、
「お渡り式のお馬さんの画像を撮っておいて欲しい」と、今朝方から、

願いを託しておりました。



で、さっそく母のデジタルカメラから、

SDカードを抜き取り、

お渡り式の雰囲気を味わっています。

















母は、娘の願いを叶えようとして(?)かどうかは不明ですが、
(どちらかというと、親子間いたってクールな家風ですので…(笑))

とりあえず張り切って、

たくさん撮ってくれたようです。


SDカードから直接、

スライドで次々現れる平安時代から江戸時代の古式ゆかしい時代行列の、

文字通りの山ほどの画像を楽しんでいますと…





えっ!?w(゚o゚*)w!!


突然、出現した美智子様の笑顔!





どうやら、我母は、

先々月10月の正倉院展開催中に、

天皇皇后両陛下が御来県なさったとき、

ご宿泊先の日航ホテルから春日大社に参拝される道中を、

時間を見計らって道端に立ち、

しっかり、ちゃっかり、激写していたようデス。


ミーハーぶりに、ちょっと、呆れ顔の娘でありました …(Θ_Θ;)




【昨年のおん祭り】
「おん祭り」の幟(のぼり)
2007年おん祭り 動画 お渡り式
2007年おん祭り 動画 深夜の暁祭
2007年本日の空と、「馬ご注意」看板
2007年神様の考え方






「おん祭り」の幟(のぼり)




12月の奈良の一大行事おん祭りの幟(のぼり)を街中で目に付くようになりました。

正式名は春日若宮祭

1135年(保延元年)若宮の社殿が改築された翌年1136年9月17日から
はじまったとされ、
その後、絶えることなく今年で873年目を迎えます。

重要無形民俗文化財に指定。
もとは「若宮(わかみや)様の御祭」あるいは「大祭」の意味から転じて、
現在「おん祭」と親しまれているのだとか。

12月17日正午お渡り式があまりに有名ですが、
実は、15〜18日の間、厳粛に日本最古の文化芸能がつぎつぎと執り行われる「生きた芸能史」と呼ばれる行事です。

特に17日の午前0時遷幸(せんこう)の儀」は、一切の照明・写真・ビデオ撮影などが禁止されているためメディアで紹介されることもないたいへん貴重なライブ!?。

昨年は、午前1時に春日大社参道の漆黒の闇の中、
暁(あかつき)祭に参拝しました。
文字通り凍える寒さでしたが、
神様のために奉納されるきらびやかな伝統芸能に、
目を見張りました。

また、
真っ暗闇の中、お馬さんのために敷き詰められた参道の砂が、
ふわふわと靴を包み込むようで、やけに歩きづらく、
その不思議な感触が今でもリアルに記憶に残っています。

今年は「遷幸(せんこう)の儀」参拝に挑戦してみたいものですが…
体調と相談して決めようと思います…(^_^;)

【昨年のおん祭り】
おん祭り 動画 お渡り式
おん祭り 動画 深夜の暁祭
本日の空と、「馬ご注意」看板
神様の考え方


参考書籍「おん祭と春日信仰の美術」(奈良国立博物館 発行)






おん祭り 動画 お渡り式


お天気にも恵まれ、
月曜日にもかかわらず「お渡り式」は、たくさんの人出でした。

※別ウィンドウで開きます。Flash動画・1分











今年は、春日大社の鳥居が、20年に一度の解体修理中で、
「一の鳥居」がありません。




↓↓↓参道に入って、婦警さんに叱られている鹿。(^.^)



↓↓↓出番待ちのお馬さん。(^.^)



トラちゃんエリアの猿沢池周辺は、
ホントに凄い人・人・人。

おん祭り中、奈良市内の小・中学校は休校になるんですね?
(実は大阪育ちの私はそのあたりの事情にうといです。)

普段、奈良市内でめったに子供達を見かけないので、
不思議な感じでした。(笑)

こうして老若男女が集うって素敵なことですね。
お祭りならではデス。
地域社会の正しい在り方って感じがします。




================================
本日のトラちゃん情報


さすがのトラちゃんも、
今日の人の多さには、
ビックリしてることでしょう…
大丈夫かな?
================================

⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら

応援してね♪






おん祭り 動画 深夜の暁祭


春日若宮(かすがわかみや)おん祭(国指定重要無形民俗文化財)は、一般的には県庁からスタートする「お渡り式」が有名ですが、実際は若宮様に芸能を奉納する3日間のお祭りです。

今回、はじめて2日目の深夜、17日(月)の午前一時!に執り行われる暁祭(あかつきさい) 参拝してきました。

動画コチラ 【12秒 wmv形式226KB】
※Windows Media Playerが起動します。
雰囲気が少しだけ伝われば…という程度の動画です。(^_^;)

到着した1時頃にはすでに、多くの参拝者で、
私は、遠くからわずかに様子を伺う程度でしたが、
きらびやかな「だ太鼓」、パイパチと燃え盛る薪など、
深夜の春日野に響き渡る太鼓や笛の音がなんとも神秘的で、
夢の中にいるような気分でした。









しっかし、寒かったです。
体の芯まですっかり冷え冷え状態!

来年は、
午前0時 遷幸の儀(せんこうのぎ)に絶対参拝したい!!!


暁祭(あかつきさい)とは
庭燎に火が入って暁祭がおごそかに執行される。 
遷幸の儀の際、行宮の前には神を迎えた事を示す植松(うえまつ)が
立てられ、ご殿の中央には瓜灯籠が幽かな光を投げかけているその神前には、
海川山野の品々が献じられる。

続いて旧祢宜大宮家より古式による「素合の御供(すごのごく)」が奉られ、
そして、宮司の祝詞に続いて社伝神楽が奏せられる。
清らかな歌声と鼓や笛の音が春日野に静かに鳴りわたっていく
おん祭りHPより引用転載




================================
本日のトラちゃん情報


暁祭の帰り道、深夜2時ごろ、
トラちゃんエリアに行ってみましたがやはり居ませんでした。
寒い夜は、どこかとっておきの場所で、
仲良く寄り添ってぬくぬくしてるようにと、
切に願います。
================================

⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら

応援してね♪






本日の空と、「馬ご注意」看板


今日の空。

地上では、冷たい風が吹き荒れてましたが、
はるか上空のたくさんの雲達は、
がっしり踏ん張って動く気配もなく静止状態。





そして、いよいよ本日より、
870年以上前から続く、奈良県最大規模の祭りおん祭りです。
お渡り式ではくれぐれも、
「馬にご注意!」(^.^)

お馬さんたちは、
遠くから車に乗ってやってくるらしい?ので、
お疲れかもしれないです。
刺激しないように、見守りましょう〜

そうそう、
今年は、春日大社の鳥居が、20年に一度の解体修理中ですから、
春日大社の「一の鳥居」がないという珍しいおん祭りの画像をぜひとも、
残しておきたい!と狙ってます。(笑)



お渡り式のルート地図はコチラ

昨年のおん祭りお馬さん達⇒コチラ

おん祭りスケジュール
↓↓↓
15日(土)------------
午後1時 大宿所詣(おおしゅくしょもうで)
午後2時半/午後4時半/午後6時 御湯立(みゆたて)
午後5時 大宿所祭(おおしゅくしょさい)

16日(日)------------
午後2時半頃 大和士宵宮詣(やまとざむらいよいみやもうで)
午後3時頃 田楽座宵宮詣(でんがくざよいみやもうで)
午後4時 宵宮祭(よいみやさい)

17日(月)------------
午前0時 遷幸の儀(せんこうのぎ)
午前1時 暁祭(あかつきさい)
午前9時 本殿祭(ほんでんさい)
正午 お渡り式(おわたりしき)
午後12時50分頃より 南大門交名の儀(なんだいもんきょうみょうのぎ)
午後1時頃より 松の下式(まつのしたしき)
午後2時頃より 競馬(けいば)
午後2時半 お旅所祭(おたびしょさい)
午後2時半頃より 稚児流鏑馬(ちごやぶさめ)
午後3時半より10時半頃まで 神楽(かぐら)・ 東遊(あずまあそび)・ 田楽(でんがく)・ 細男(せいのお)・ 猿楽(さるがく)・ 舞楽(ぶがく)・ 和舞(やまとまい)
午後11時 還幸の儀(かんこうのぎ)

18日(火)------------
午後1時 奉納相撲(ほうのうずもう)
午後2時 後宴能(ごえんののう)



================================
本日のトラちゃん情報


今日も、ツーショットならず。

トラちゃんには会えませんでしたが、
お友達ニャンコは寒さに耐えるかのごとく、
ジッと丸くなってました。

プロフィールが、なかなか渋くきまって絵になってる♪


================================

⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら

応援してね♪






祭りの後


昨日の人だかりは嘘のように、
いつもの静けさを取り戻した猿沢池周辺です。



池の周囲に取り付けられていた飾り電球を取り外す業者さんの姿に、
祭りのあとの侘しさが…

おん祭 お渡り式は20万人を魅了したとのこと。



これから年末年始、
春日大社・東大寺に、たくさんの参拝者がいらっしゃって、
さらに、
若草山山焼き・二月堂のお水取りと奈良はイベント続きです。




-------------------------------------
■今日のトラちゃん

ここ数日の騒ぎによほど警戒しているのか、
本日は、トラちゃん含め、
ニャンコにはまったく会わない一日でした。


-------------------------------------


応援してね♪人気blogランキング参加中!近畿の面白ブログ満載です。









2007年 おん祭 お渡り式


おん祭、本日午後からのお渡り式でした。
平安から江戸までの風俗衣装を身につけた時代行列が見られます。

その後、お旅所で神楽や舞楽、細男、田楽、猿楽など古典芸能の奉納が行われ、明日18日には後宴能が行われます。




日中は絶好のお天気で猿沢池周辺はものすごい人でした。

-------------------------------------
■今日のトラちゃん

あの猿沢池の向う岸が、トラちゃんの縄張りです。
これだけの人だかりです。
今日は会えるハズもありません。
さすがに、今日はトラちゃんはおろか、
一匹のニャンコにも会えませんでした。


-------------------------------------

以下は、高天(たかま)交差点付近です。

パッカ、パッカ、パッカ、パッカ…

馬の歩く音がとても心地良く響いていました。

先日、平日に偶然、道で出会った白馬とは会えませんでしたが、
茶色の馬達も、ブチ柄?の馬も、
それはそれは美しく聡明な雰囲気で素敵でした。

馬と人間は、きっとDNAレベル(?!)で深くつながっているのだと感じます。

先月の正倉院展でも、あらゆる種類の馬具に目を見張ると同時に、
1000年以上も昔の人々の馬への愛情を深く感じました。

それら馬具には装飾性優先のものもたくさんありましたが、
馬の体を傷つけないようにいたわる工夫をこらした馬具も同じくらいたくさん展示されていました。

人間と馬・人間と犬・人間と猫、どれも深い絆を感じます。

それにしても、これだけの立派なお馬さんたちは、普段はいったいどこで暮らしているんでしょうか?













昨日、見かけた練習風景はおそらく大名行列の方達と思われますが、
タイミングがあわず見学することができませんでした。
残念。

応援してね♪人気blogランキング参加中!近畿の面白ブログ満載です。






おん祭の練習風景


通りがかりに、お渡り式の練習風景に出くわしました。







「足を揃えろ!」とか、
何度もダメだしが出て、結構、厳しい練習風景でした。

17日の「お渡り式」は、古式ゆかしい装束をまとった約1000人が町を
練り歩く時代行列ですから、
それはもう想像つかないくらい大変な準備作業が必要なんでしょうね〜。

歩き方ひとつとっても、しかり。
スローテンポで、足並み揃えるって考えてみればすごく高度な技かも。

応援してね♪人気blogランキング参加中!近畿の面白ブログ満載です。












今日から「おん祭」


奈良の最大級のお祭りといわれる春日若宮おん祭です。
昨日までの冷たい雨もやみました。

今日15日は、午後5時から餅飯殿町の同大社大宿所で、祭りの無事を祈願する「大宿所祭」が実施されました。
ぜひ行ってみたいと思っていましたが、
生憎、時間がとれず無理でした。

餅飯殿町と言えば、トラちゃんの縄張り近くです。
人ごみを嫌うトラちゃんは、また数日間姿をくらましてしまうのかもしれません。



17日にクライマックス「お渡り式」は、正午県庁前を出発します。
古式ゆかしい装束をまとった約1000人が町を練り歩く時代行列です。

この日は市内の小中学校は半日となってになるのだと知人から聞きました。
今もそうなんでしょうか?
17日は、午前11時〜午後6時まで、国号369号、169号、三条通などで、交通規制が行なわれていますので、お気をつけください〜

応援してね♪人気blogランキング参加中!近畿の面白ブログ満載です。






春日若宮おん祭 日程


春日若宮おん祭(若宮祭)の日が近づいてきました。

12月15日(金)〜12月18日(月)
(天候などの理由により内容、時間を変更することがあります。
 昨年は寒気のため行列が中止でした。)

春日大社の摂社である若宮神社の祭礼で、
水の神 天押雲根命(あめのおしくもねのみこと)を
お祀りしています。

このおん祭は、平安時代の末に当時の関白であった藤原忠通が、
うち続く洪水とそれによって引き起こされる飢饉や疫病の流行で
苦しむ人々を救おうとして、
若宮の神に五穀豊穣を祈る祭りを行ったのが始まりだそうです。

神楽田楽舞楽などが数々の古典芸能見られます。

なかでも、総勢約千人余りが、平安時代から江戸時代に至るまでの多彩な風俗姿で練り歩くお渡り式は見物。
国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

先日、バッタリ道でであった白馬と再会できるかもしれません。(*^_^*)





若宮おん祭り日程はこちらでご覧になれます。→→→


私が、噂に聞いて、常々興味を抱いているのは、12月17日の午前0時 遷幸の儀(せんこうのぎ)

若宮の神様が、神職の手によって春日若宮神社(御殿)から仮御殿(お旅所)に遷さる儀式で、

参道は皆灯火を滅して参列する者も写真はもちろん、懐中電灯を点すことすら許されない中、
全員が口々に間断なく「ヲー、ヲー」という警蹕(みさき)の声を発する神秘の行事です。


毎年、夜中に行こうかと迷いつつ、寒くて結局、
行かないことが多いのですが、
今年こそルポしてみたいです。

応援してね♪人気blogランキング参加中!近畿の面白ブログ満載です。




キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM