Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



安らかに


奈良市の奈良公園でボーガン(洋弓銃)の矢が刺さったシカが死んだ事件で
文化財保護法違反(天然記念物のき損)容疑で犯人が逮捕されたようです。
関連ニュース記事一覧(外部リンク)


あらためて、可哀そうな無念の鹿たちの冥福を祈ります。




ボーガンでシカ殺す、男に実刑判決
↓↓↓






ある親子鹿の会話と若草山と春日大社





何のオチもなくそのまんまデス。失礼しました。(>_<)

とにかく、すくすく成長したバンビたちの、
微笑ましい姿、
あちこちで目にすることができます♪




以下、若草山ふもと付近(ゲートの外)から、春日大社の様子です。






若草山のソメイヨシノは、
満開を過ぎつつある感じ…。

優しいそよ風がふくたびに、
桜吹雪がハラハラ舞い降ります。





だがしかし…、
若草山山麓(ゲートの外側)付近は、今も工事中です。









若草山のふもとから、
南へ進み、
水谷川を渡るとすぐに、
春日大社の摂社水谷神社

子宝を授かることができるといわれる子授け石がまつられており、
4月5日の鎮花祭では、東側の広場で狂言が奉納されます。


何度お目にかかっても、
迫力の巨樹(幹周り約6.5m)水谷神社の寄生木(やどりぎ)イブキ
イブキの幹が空洞になっており、
その中で育ったスギを抱え込んでいます。


そのまま春日大社本殿へと続く参道の土産物屋さんで、
いつも挨拶する鹿くん。
まつ毛がキュートです。(今は、鹿せんべい売り現役引退…?)





ほどなく、見えてくる鮮やかな朱塗りの回廊から、
春日大社本殿へと進みます。







樹齢600年の銘木「砂ずりの藤」は、今は、まだまだ小さな蕾。
通常、花期は5月上旬。(たしか、興福寺の藤の花よりかなり後…、だったと思います。)
今年はどれほどの花房をつけてくれるのでしょうか。



南門外のすぐ東には、
見事な枝垂桜があります。



でも、こちらは、
かなり散り桜になっていて、
見事な枝ぶりの下のたくさんの苔むした石灯籠に、
花びらが舞い降りていました。









矢が刺さったシカ亡くなる



矢刺さった奈良公園のシカ死ぬ ボーガン、肺まで達する2010年3月15日10時52分
腹に矢が刺さった奈良公園のシカ。奈良の鹿愛護会が麻酔で眠らせて保護した=奈良署提供
奈良市の奈良公園で腹部に矢が刺さった雌のシカが見つかった事件で、
保護していた「奈良の鹿愛護会」のメンバーが15日朝、同公園内の保護施設でこのシカが死んでいるのを見つけた。命に別条はないとみられていたが、その後の診察で肺も傷ついていることがわかったという。
asahi.com(朝日新聞社):矢刺さった奈良公園のシカ死ぬ ボーガン、肺まで達する - 社会より引用転載



こんな悲惨なニュースは読みたくないと、
反射的に、
「避けたい」思っている自分がいる。

けれど、
これは、目を見開いて、
知っておくべき現実だと言い聞かせる。

初回の報道では「命に別条がない」との記載があったので、
もしかしたら、
この惨い画像から受ける印象より、
「傷はそう深くないのかもしれない」と気休めに思ってました。

でも、
鹿の腹にささった矢は、実際は、
深く肺にまで達しており今朝亡くなったとの続報…。



暗澹たる気持ち。



奈良公園のシカ達は、野生であるにもかかわらず、

私たち人間に、

全幅の信頼を寄せてくれているというのに、

安心して近づいてくる無抵抗な動物に対して、

平気で、武器を向け、

矢を放つ人間
が、

その辺を、普通に歩いているかもしれないなんて。

このような残酷な行為で、
鹿の命を奪い、
鹿と人間の信頼関係を壊し、

奈良公園の穏やかな調和を、
乱すような人間がいることに、
ぶつけようのない怒りとやるせなさを覚える。

同時に、
その矛先が、
人間…とりわけ弱い立場の子供や女性にも、
及ぶかもしれないという恐怖。

だって、
刺激を求めて、
おとなしい鹿に、
矢を放つような感覚の人間だったら、
充分ありえる話です。

他の犠牲鹿・犠牲者が出ないうちに、
(もしかしたら出ているかもしれない…
 矢がささったまま山中に逃げた鹿は、助けようもないし。)
早く犯人が捕まらないと、
不安でいてもたってもいられません。


不審人物を見かけたら、そのまま見過ごさずに、
すぐに警察に通報しましょう

⇒奈良県警察HP
奈良県警察本部 奈良市登大路町80番地

0742−23−0110(代表) 


【関連過去記事】
2008年 奈良公園シカ虐待事件




【追記】2010年5月14日
感謝状:県警と奈良署に愛護会が シカ殺害の容疑者逮捕で /奈良
奈良市の奈良公園でボーガン(洋弓銃)の矢が刺さったシカが死んだ事件で容疑者2人が逮捕されたことを受けて、「奈良の鹿(しか)愛護会」は13日、県警生活環境課と奈良署に感謝状を贈った。
大川靖則会長ら3人が同署を訪ねて西野安信・生活安全課長らに感謝状を手渡し、「逮捕後、全国から安堵(あんど)の電話やメールなどを頂いた。奈良のシカへの愛着を一層持ってほしい」と述べた。西野課長は「当然の仕事をしただけ。感謝状はこれからの励みになる」と話した。
同会の池田佐知子事務局長は「またシカが狙われないか、模倣犯が出ないかと心配したが、不安は払しょくされた。再発防止につながってほしい」と話している。【上野宏人】

感謝状:県警と奈良署に愛護会が シカ殺害の容疑者逮捕で /奈良 - 毎日jp(毎日新聞)より引用転載







鹿さん横断中


お母さん、たくさん車が走ってるから怖いよ〜




あ、君も一緒にむこうへ行くの?




大きい車がブンブン走ってくるね…




あ母さん、まだまだ渡れないの?

でも、仲間が増えてきたから、

ちょっと心強いかも…





そろそろ、渡れるかな?




…と思ったら、すごいスピードで、

車がきたよ〜(怖)





あ、今こそチャンスかも?









あ、親切な車が止まってくれた♪




さ、みんな行きましょう〜















無事、横断成功。

ヨカッタ♪




公園周辺の道路は、鹿たちも横断します。

そして、鹿さんたちは、決して、

いつもこんなに冷静なわけではなく、

ときに、何かに驚いたときなど、

車の前に無防備に飛び出してくることも、

珍しくありません。


奈良公園界隈では、

鹿のために、いつでも、

車をとめることができるよう、

心の余裕をもって、

運転することが大事♪



詳しくは、
奈良の鹿愛護会のサイト
「緊急情報!交通事故が急増しています」

事故多発地帯マップをご覧ください。

奈良の鹿愛護会のサイト









バンビ事件簿 続報


先日のバンビ事件簿 バケツが胴体にはさまったバンビの続報です。

現在も、鹿の愛護会のスタッフの方々がパトロールを強化して捜索中です。

バケツバンビを目撃された方はスグ下記へご連絡を!

鹿の愛護会 0742・22・2388

クリックで奈良 鹿の愛護会公式サイトへ↓↓↓




朝日新聞 朝刊でも報道されています。

クリックでサイトへ↓↓↓

-----------------------------
災難と鹿言えない
2010年01月08日
◎体にバケツの取っ手すっぽり
奈良市の若草山付近で昨年末から、赤いバケツを胴体にはめた若い雌鹿の目撃情報が相次いでいる。屋外に整備されている消火用バケツの取っ手部分がはまったらしく、奈良の鹿愛護会で行方を探している。

asahi.com災難と鹿言えない-マイタウン奈良より引用転載
-----------------------------



今回、画像データをご提供させていただくにあたり、
鹿の愛護会の皆さんや、
朝日新聞の記者の方と、
メールや電話で何度かお話する機会があったのですが、
迅速なご対応と、真摯で熱心なそのお仕事の姿勢に、
深く心打たれた私であります。

一刻も早く災難の鹿が保護されますように…。







バンビ事件簿


先日、春日山原始林をトコトコ散歩してますと、

バンビが、目の前数十メートル先の道を横切りました。

あれ?

今、なんかかった…?

私、視力があまり良くないので、詳細を確認できなかったのですが、

なんだか胴体のあたりに赤いものがくっついてた?

それで、後を追うようにどんどん近づいてみると…、

判明しました。

なんと、鹿の胴体に防火用の赤いバケツが、すっぽりはまっているのです。



運悪く、防火バケツの柄の部分に、首と前肢がはまってしまい、
そのまま抜けなくなってしまっているみたい。おそらく↓↓↓これと同じバケツですね。



しかも、バケツはかなりボコボコになってましたので、
すでに、結構月日が経過している模様…。

いそいで104で奈良の鹿愛護会の電話番号を調べて通報しました。

奈良の鹿愛護会とは、怪我をしたシカを救助し、治療をしてくださる財団法人です。

電話で、状況と場所を告げると、
スタッフの方が、鮮やかな緑の車で、
すぐに現場にかけつけてくださいました。

この仔鹿の目撃情報は、
すでに、年末から何件かあったそうなのですが、
春日山原始林に生息している鹿だけあって野生の警戒気質が強く、
保護が難航していたとのこと。

でも、今回は、他の仲間が数匹周囲にいたので、
比較的安心している雰囲気です。


あとは、スタッフの方にすべてお任せして
私は、その場を去りました。

しかし、
危険な目に遭っている鹿に遭遇したときに、
こうして助けを呼べる団体がいてくださるって非常に心強いですね。

奈良の鹿愛護会に心から感謝です。

財団法人 奈良の鹿愛護会HP

コチラで、公式サイトの普段の救助活動の様子がご覧になれます。







鹿寄せの謎?!






14日は、年内の鹿寄せ最終日ということで、
朝9時半の飛火野の鹿寄せ見学を目的に、
高畑界隈から、とことこ1時間ほど歩いてきたのですが、
今日の発見!
鹿寄せ行くなら、数日経過後がいいかも?

今回、最終日(実施後14日目)に、
行ったわけなんですが、
過去に見た中で、一番、鹿の頭数が多かったんです。

思うに、
鹿寄せがスタートしてからの数日は、鹿さんたち全体に、
鹿寄せが始まっているってこと、
情報が行きわたってない…というか、
浸透してないんじゃないかと…?(笑)

鹿寄せは、断続的に実施されているので、
初日あたりは、鹿たちにとっても、
まだ「あのホルンの音、聞き覚えあるけど何だったっけ?」
…みたいな、(笑)

だから初日にホルンの音に敏感に反応して駆けてくるコは、
かなり感度の良い部類の鹿たちに限られているのかもしれないなぁと、
勝手な推測が頭をよぎりました。

回を重ねるごとに、
鹿同士の噂が広まって(?)、
どんどんホルンの演奏に反応する鹿の頭数が、
増えてるんじゃないでしょうか?

そんなわけで、鹿寄せは、
多くの鹿さんたちに、鹿寄せの学習効果が高まった頃を見計らって、
行くのがいいのかなぁと感じました。
連日、飛火野へ行って、
頭数を調査したわけではないので、
いい加減な憶測ですけど。

そんなこんなの 鹿寄せは、奈良公園の冬の風物詩。
来年も、また始まります♪
1月28日からですよ〜
------------------------
主催: 奈良市・(社)奈良市観光協会
日時: 平成22年1月28日(木)〜同年3月6日(土) 午前10時
詳しくは、公式サイトへ
------------------------










動画 飛火野の鹿親子 まさかの悲劇…


今年の1月、春日大社参道横の飛火野で出会った親子鹿とのひととき…。

以前、ブログ内だけで公開していたフラッシュ動画を、
YouTubeにアップしました。
過去記事からの再掲ですが、
ぎこちなくお辞儀するバンビ何度みてもかわいいです♪
よろしければご覧ください〜。

昨年春に誕生したばかりの仔鹿(生後約6ヶ月)が、
覚えたてのおじぎを披露しています。
しかし、そのあと襲ったバンビの悲劇。
壮絶な親子バトル!
巻き込まれていく私…(泣)
(43秒)



【関連過去記事】
鹿に学ぶ恋愛術
木漏れ日の鹿親子
2009年鹿寄せ
初おじぎバンビ

※鹿親子(イラストバージョン)が登場している過去記事
謎の鹿せんべい現象
「鹿せんべいの売店」仮説
さらに続編…
鹿親子ついに…
白瑠璃碗【1】 第60回正倉院展



撮りだめしてる紅葉画像の動画、早く作らなくては…。
季節外れになっていまいますね。(汗)






鹿に学ぶ恋愛術




草食系の動物らしく、
普段はいたって、
温厚な鹿さんたちですが、

狂おしい恋の季節、
つまり今の時期の彼らは、
ちょっと、

いえ、

かなり様子が違います。

日頃、ほとんど鳴くこともない無口な鹿が、
この時期だけ、
雄たけびを発します。

(書籍等では、その声を、
 「フィーョー」と表現されることが多いですが、
 わたしには「キャー」と聞こえます。)


木立の間に響き渡る、
この哀しみを帯びたかん高い叫び声は、
何かしら、グッと胸に迫ってくるものがあり、
すっかり忘れ去っていた切ない恋心なんぞを、
呼び覚まされる人も多いかも?(笑)


そして、
オス鹿たちは、
鳴き声だけでなく、
多くのメス鹿がいるハーレムの王の座を射止めるべく、
奈良公園のいたるところで、
縄張り争奪戦を繰り広げるのです。

実際、
互角のオス鹿同士の場合などは、
緊張ムード高まり、
命をかけた闘いに発展してしまうこともあるのだとか。



激しい頭突きバトル。

角を切っていなければ、
生々しい流血騒ぎが勃発しているところです。





というわけで、

鹿に学ぶ恋愛術は、

見かけによらず非常にワイルド

力ずく & 命がけ ってことで…


くれぐれも、今の時期、
彼らに不用意に近づいてはなりません。



あ、



万葉集にも詠まれてきた雅なシカの鳴き声のイメージを、

ぶち壊すつもりは毛頭ないのですよ…。(^_^;)

最後、お口直しに、

大伴家持が万葉集で、
鹿の鳴き声を詠んだ一句 さがしてきました。


山彦(やまびこ)の

相(あい)とよむまで

妻恋ひに

鹿鳴(かな)く山辺に

ひとりのみして


ひとり奈良の都を離れた家持が、
妻を想いその恋しい気持ちを、
鹿の鳴き声にたくしたものだそうです。



参考図書
天然記念物 奈良のシカ(小学館)

【関連過去記事】
鹿かわらばん2009年 秋号
妊娠中!
木漏れ日の鹿親子
2009年 鹿の赤ちゃん誕生






木漏れ日の鹿親子


どこからか金木犀の香り漂う

春日大社参道のわき道で、

かわいい鹿親子に出会いました。



そろそろ、鹿さんたちも、

冬毛へと衣替えが進行中。





バンビのほうは、
まだくっきり鹿の子模様が残っていますが、
でも、しっとりツヤツヤの夏の毛にくらべて、
フワフワ、そしてやがてボサボサ(笑)の、
冬仕様の毛質へと変化しています。

この先、冬に向かうにつれ、
スリムな体型も、若干ふっくらしてきて、
性格のほうも、
好奇心旺盛になってくるようですよ。

お辞儀の練習も、すでに始まっているかもしれません。
(母鹿から教えてもらうという噂です。)
ますます可愛らしい姿でなごませてくれます。

【関連過去記事】
2009年鹿寄せ
親子鹿 まさかのバトル
初おじぎバンビ

※鹿親子(イラストバージョン)が登場している過去記事
謎の鹿せんべい現象
「鹿せんべいの売店」仮説
さらに続編…
鹿親子ついに…
白瑠璃碗【1】 第60回正倉院展




キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM