Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



2008年、奈良の夏イベント情報


2008年、奈良の夏イベント情報


=======================================

ライトアッププロムナードなら2008

場所 奈良公園周辺(奈良市)
時期 7月1日〜10月31日

【動画】ライトアッププロムナード・なら(5分00秒)


=======================================

なら燈花会

場所 奈良公園周辺(奈良市)
時期 8月5日〜14日

10日間にわたり、奈良公園一帯に2万のろうそくがともる幻想的なイベント。

【動画】なら燈花会(2分20秒)



=======================================

春日大社 中元万燈籠

時期 8月14日(木)・15(金)19:00〜21:30

春日大社の境内3000基にも及ぶ燈籠に、2月の節分と8月14・15両日の夜、これら全てに火が入れられます。


=======================================

大文字送り火

時期 8月15日20:00〜

戦没者慰霊と世界平和を祈る火の祭典。
「大」の大きさは、第一画目が109m,
第二画目が164m,
第三画目が128mあり、
日本最大級を誇ります。


=======================================

東大寺 万燈供養会

時期 8月15日

大仏殿のまわりに2500基にのぼる灯籠が並べられます。
灯籠1基の中に4つの明かりを入れるので、灯明の数は約1万になります。
そして、
大仏殿正面の観相窓(かんそうまど)が開いて、大仏さまのお顔が灯火に浮かび上がるさまを参道から拝むことができます。

いつもの見上げる大仏様とは、また違った雰囲気のお顔ですよ。


=======================================

元興寺 地蔵会万燈供養

時期 8月23日・24日 18:00〜21:00

お皿の上に油と灯芯となる縄に火がつけられ石仏の前に並べられます。


=======================================

バサラ祭り

時期 8月30日(土)・31日(日)

高知市の「よさこい祭り」や北海道の「よさこい・ソーラン祭り」をモデルとした「STREETで踊る」祭です。




【関連過去記事】
奈良 プール情報







三枝祭(ゆりまつり) 率川神社


曇り空の日曜日の午後、
トラちゃん再会を願って猿沢池まで、
テクテクお散歩。

でも、
トラちゃんとは会えず終い…(涙)



途中、やすらぎの道沿いの率川神社(いさがわじんじゃ)の前を、
通りかかると、
17日に行われる三枝祭(さいくさのまつり)の準備が整っていました。





三枝祭(さいくさのまつり)の、三枝とはユリの古名で、
三輪山に自生する笹ユリを酒樽に飾り、
4人の巫女がユリの花をかざして舞を奉納する神事です。

午後からは、
七媛女(ななおとめ)ゆり姫や稚児の行列が都大路を練り歩きますが、
お天気が心配…。晴れるといいですね。

------------------------------
正式名称は率川坐大神御子神社である。別名子守明神とも呼ばれている。
古来より安産・育児の神、または主祭神が姫神さまであることから女性の守護神として、
信仰を集めている神社である。
奈良市内で一番古い歴史を持ち、併せて奈良市で一番古いとされる恵比須様もまつられている。
(Yahoo地域情報より)
------------------------------

大きな地図で見る






夏の準備


奈良の夏の大イベント「なら燈花会(とうかえ)」の、
案内チラシを、最近あちこちで、
見かけるようになりました。



なんと今年で10年目を迎えるのだとか!
早いものですね。
当初は、こんなに大盛況なものになるとは、
正直予想していませんでしたが…、
今では、夏の奈良にはなくてはならない素晴らしく幻想的な行事となりました。

事務局では、6月1日よりサポーター募集受付中だそうですよ。
ご興味お持ちの方はぜひ♪
↓↓↓
なら燈花会の会事務局



ところで、毎年8月の奈良は、
前述のなら燈花会をはじめ、
ほかにも、

ライトアッププロムナードなら
春日大社 中元万燈籠
大文字送り火
東大寺 万燈供養会
元興寺 地蔵会万燈供養
バサラ祭り

…と、夏イベントが目白押しですが、

今から準備しておくと素敵な良いこと♪

を、見つけたので転載します〜。

それは、

特等席から大文字送り火を鑑賞できる特権
↓↓↓
===========================================
奈良県庁舎屋上での奈良大文字送り火鑑賞

8月15日(金)20時〜
入場時間 19時〜19時40分
終了時間 21時(20時30分以降は一般開放)
300人。抽選。応募者全員に結果を通知。
申込方法
往復ハガキで、住所・氏名・電話番号・カメラ用三脚持ち込みの有無を記載し、
返信用の表に郵便番号・住所・氏名を明記。
7/11必着
応募は1人1通限り。
ハガキ1通につき2名まで入場可。
往復ハガキ以外での申込、
締切日以降に到着したハガキは無効。
問い合わせ:奈良県管財課 TEL 0742-27-8406
〒630-8501 奈良市登大路町30番地
(県民だより奈良 2008年6月号より転載)
===========================================








秘密の塗料


すでにかなり前になりますが、

春日大社の「一の鳥居」の前を通りかかりましたら、
ようやく修理のための足場も取り払われ、
すっかり鮮やかな朱色の姿が、夕暮れの参道に、
神秘的に輝いていました。



先月4月に修理が完了し、
立柱上棟祭が行われたものの、
その後も、依然、足場が組まれたまま、
しばらくは、作業が続いているようでしたが、
ようやく正真正銘完成したのですね。


そして、こちらは、秘密の塗料です。




実は、
職人さんが
この美しい朱色を鳥居に塗る作業をされていたところに、
偶然、通りがかったことがあります。

こちらの朱色は、数日をかけて、
何度も重ね塗りをされているご様子でした。

で、この塗料に以前より興味津々だった私は、
お邪魔とは知りつつも、
つい好奇心をおさえることができず、
突撃インタビューを試みたのであります。(笑)








「あの…、お忙しいところ、すいません。


この朱の塗料は、ペンキと同じような塗料なんでしょうか?」








職人さんは、

苦笑いしながら、

というか、

呆れ顔で、

たった一言シンプルにご返答くださいました。










「違う」









「そ、そうですよね〜」(^_^;)



お仕事中に、
アホな質問をしてしまったことに恥じ入りつつ、
その場を足早に、逃げるように、立ち去った私でした。C= C= C= ┌(;・_・)┘トコトコ

まるで先生に怒られた小学生の気分。

知ってどうこうするっ…てこともないんですけど、
ただただ、とっても知りたかったんです。(ーー;)

でも、神聖なお仕事の最中に、ごめなさいィ〜。



朱 (cinnabar,vermilion)
赤色の中で特筆すべきなのは、朱色([英]vermilion,vermillion)である。朱色の顕色は、辰砂(しんしゃ)、朱砂(しゅしゃ、すさ)、辰朱(しんしゅ)、丹砂(たんさ)と呼ばれる硫化第二水銀(硫化水銀)を用いる。赭土(丹、焼成土、弁柄。合成弁柄、三酸化二鉄)、鉛丹(光明丹、四酸化三鉛)、鶏冠石(リサージ、硫化砒素)を用いるか、或いはそれ以外の顔料や染料単独によって若しくはこれらの混合に基づいて、或いは他の朱色の発光物によっても、実現できる。

辰砂による朱(≠朱色)は壮美な発色をするので、紀元前から利用された。人工的に合成したものは銀朱とも呼ばれ、現在の朱(≠朱色)の多くをまかなう。現在でも朱砂は山口県萩などで採掘される。赤の色料の中でも、太古から使われている朱砂は、東洋では寿(ほぎ)の色材、呪術的な意味を付与された色材として重用されていた。例えば朱漆として用いられた。これは朱砂が持っている色彩自体の印象以外に、硫化水銀や水銀そのものの毒性に依存・依拠するものとも考えられている。そして、乾性油で練り上げられた朱は、今日台頭しているカドミウム赤や縮合アゾ系を以ってしても代替不可能な、油絵具の内で最高の不透明性を誇る類例のない色材である。ただし、色材としての硫化水銀の運用にあっては、硫化水銀の黒変を回避しつつ目的の色彩を定着させる高次の技術が要請される。
Wikipediaより


⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら

応援してね♪










トラちゃんと薪御能






本日、夕刻、薪御能(たきぎおのう)が執り行われている興福寺へお散歩。

薪御能の詳細⇒過去記事薪御能(たきぎおのう)








今夜は肌寒かったせいか、

例年より、人が少なめ(?)のように、

感じられましたが、

興福寺、猿沢池周辺に響き渡る幽玄な雰囲気だけを、

しっかり堪能してきました。








帰りは、ダメもとで、

猿沢池周辺をぐるっと回って、お決まりの、

トラちゃんエリアへ…。










なんと…、トラちゃん居ました!

しかも、

トラちゃんは、いつもより北寄り(興福寺側)の場所で、

猿沢池周辺にも響き渡る薪御能の雅楽に、

すっかり聴き入っている様子(?)




トラちゃんて、やっぱりスゴイ猫かも…




⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら

応援してね♪



【関連過去記事】
「秘すれば花 」薪御能(たきぎおのう)
雨→晴→晴→雨 薪御能
薪御能 無料で楽しむ♪







「秘すれば花 」薪御能(たきぎおのう)


今年の薪御能(たきぎおのう)は、
日曜日ということで、
例年より拝観される方も多いのではないでしょうか?

薪御能は、
興福寺修二会の、
薪迎えの行事に行われた舞楽から発生した野外能で、
能楽発祥の地である奈良に脈々と息づく伝統行事です。
はじまりは869年。1000年以上です。びっくり

たっぷり雨が降り続いた昨日でしたが、
今日は、お天気も持ち直しそうな気配…。

雨天の場合は、興福寺境内で行われるか、
あるいは奈良県文化会館に移動するかどうかが、
今日の正午に、発表されると記されています。

↓奈良市観光センターに貼られていたポスター


----------------------------------
平成20年度 薪御能実施要領
11日(日)
春日大社舞殿 11:00〜12:15
興福寺南大門跡 17:30〜20:30
12日(日)
春日若宮拝の舎 11:00〜12:15
興福寺南大門跡 17:30〜20:30

※ 雨天の場合(決定は当日の正午)、春日大社は決行、興福寺は奈良県文化会館に移動します。
拝観席 春日大社 協賛席のみ(自由席)

薪御能 案内HP
----------------------------------


話は少し、飛びますが、

「秘すれば花」(秘すれば花なり秘せずは花なるべからず)

この名言で知られる能の大成者世阿弥(ぜあみ)。
その父 観阿弥の一座も、
この興福寺の庇護を受けていたのだそうです。

のちに、観阿弥は京都へ進出し、
醍醐寺の7日間興行などで名をとどろかせましたが、
世阿弥は幼少のころから父の一座に出演していました。

その 世阿弥の書き残した『風姿花伝

観客に感動を与える力を「花」として表現している。
少年は美しい声と姿をもつが、それは「時分の花」に過ぎない。
能の奥義である「まことの花」は心の工夫公案から生まれると説く。

Wikipedia

風姿花伝』には、
観客に驚きと感動を与え、さらにまた再び観に来たいと思わせる秘訣が、
記されており、内容は長らく秘伝とされてきました。

私はこの風姿花伝に関する書籍を何種か読み、
もちろん、その真髄を読み取ることはできていないでしょうが…、
私なりに、
その研ぎ澄まされた感性にとても感動しました。

そして、また、自分が日本人であることに、
誇りを抱くことができるような…そんな気持ちになれました。(*^_^*)

と、言いつつも、
今年も薪御能(たきぎおのう)は参拝しませんが…。
もう少し違いがわかるオトナになってからの、
人生のお楽しみに取っておきたいと思います。(笑)




⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら

応援してね♪



【関連過去記事】
雨→晴→晴→雨 薪御能
薪御能 無料で楽しむ♪









献氷祭と聖武天皇祭


今日は、5年分の画像データ整理に没頭してます。

未整理のまま放置状態で、なんとかしなければ…と、
ずっと気になっていたのですが、
ようやく、ここにきて重いを腰を上げました。

近日中に、私のパソコンも、
きれいさっぱりバックアップして!
初期化して!
まるで木立の木漏れ日のように(意味不明)
すっきり気分爽快の予定。楽しい


そのついでと言ってはなんですが、
ちょうど今の季節柄の二つの伝統行事の画像データを
テンコ盛り発見!しましたので、(^_^;)
その一部をアップしてみたいと思います〜。


3年前氷室神社 献氷祭(毎年5月1日)と、
同じく
3年前東大寺 聖武天皇祭(毎年5月2日)の、
画像データからご紹介♪




まず、

■氷室神社 献氷祭

氷室神社とは、言うまでもなく、
あの枝垂れ桜で有名な氷室神社です。
毎年、5月1日に献氷祭が行われます。

残念ながら今年は、参拝してませんが…、

全国の氷業者が集まり、
商売繁盛を祈願し、
海の幸「鯛」と
川の幸「鯉」を、
氷詰めにした1メートル程の氷柱が奉納されます
また、午後からは神社伝来の舞楽も奉納されます。

3年前に、
参拝したときは、生憎の雨でしたが、
美しい鯉と鯛の氷柱や数々の舞楽に心底感動しました。

とくに、真近で見た立派な氷柱はたいそう美しく、
まるで芸術品でした。
しかも、氷の中の鯛からほんのわずかに流血したまま凍っていた有様が、
ちょっとシュールで…なおグッドでした。(^_^;)

画像は、
見事にピンボケばかりですが…雰囲気が伝わればいいなぁと思います。

伝統ある行事なのに、境内は、
決して固苦しくなく、
なんというか、アットホームな雰囲気!に包まれていて、
ついつい長居してしまいました。(笑)









お花の氷柱もいたるところに、
配置されていました。









そして、

毎年5月2日(明日)行われるのが、

■東大寺の聖武天皇祭

------------------------------
東大寺 聖武天皇祭(しょうむてんのうさい)
5月2日
8:00頃〜17:00頃
------------------------------

この法要は、 天平勝宝 8年(756) 五十六歳で崩御された聖武天皇の御忌法要で、
午前8時から、聖武天皇をおまつりしている天皇殿で論議法要が行われます(午前11:30頃まで)。
東大寺 HP 聖武天皇祭より引用


下の画像は、
午後1時から行われる練り行列の様子です。
行列は奈良県新公会堂を出発し、
南大門を経て大仏殿へと向かいます。

現時点の明日のお天気は、
雨模様ですが、
どうか晴れます様に…。















⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら

応援してね♪






春日大社 朱塗り完了


長い間、修理で姿を消していた春日大社 「一の鳥居」
3月梅の開花時には、
ようやく鳥居が、復活していたものの、
まだ朱塗り前でした。



でも、
数日前に前を通りかかった折には、
すっかりキレイな朱塗りが施されていました。





そして、
昨日、ついに一の鳥居の修理が完了し、
立柱上棟祭が営まれたそうです。

------------------------------------------------
鮮やか朱色、修理完了-春日大社、一の鳥居
奈良市春日野町の春日大社(花山院弘匡宮司)で16日、
一の鳥居(重要文化財)の解体修理が終わり、
古式にのっとって立柱上棟祭が営まれた。
(奈良新聞より転載)
------------------------------------------------


そもそも、鳥居とは、
神域と人間界の境界を区画するためにのものだそうですが、
この鮮やかな朱色が、
なおいっそう、神聖な場所への入り口としての優美と重厚さを、
感じさせます。

-----------------------------------------------

重要文化財 
一の鳥居 一棟
平安時代 創建
平安初期の創建と伝え、康平六年(1063)の記録に初見する。
現在の形式は明神形で桶側式に檜厚板十六枚を貼り立てて円柱としている。

-----------------------------------------------

これからの季節、
この一の鳥居をくぐりぬけて、
春日大社は、砂ずり藤の花や、能と狂言が演じられる「薪御能」など、
美しい季節のお花や、厳かな行事が目白押しです〜。


【関連過去記事】
何の柱でしょう?
春日大社 砂ずりの藤 神苑 情報(2007)
藤の花(興福寺) 続報 と 甲羅干し争い(2007)
今年は121cmでした。春日大社の砂ずりの藤(2007)
雨→晴→晴→雨 薪御能(2007)
12月31日朝の春日大社(2007)
おん祭り 動画 お渡り式(2007)
本日の空と、「馬ご注意」看板(2007)

↓クリックでグーグルの地図に飛びます。



⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら

応援してね♪





=======================================================


どしゃぶりの雨です。
きっとトラちゃんたちは、どこかで雨宿り…
=======================================================






何の柱でしょう?


突然ですが、ここで問題です。



これは、いったい何の柱でしょうか?








答え















春日大社「一の鳥居」朱塗り前のヒノキ製 柱でございます。


昨年の夏の終わりごろから長らく不在だった「一の鳥居」の復活が、
ようやく真近の模様?

でも以前ここにあった立て札には完工予定6月との記載でしたので、
実はまだまだ先かもしれませんが…。

-------------------------------------------------------
春日大社一の鳥居解体修理 (産経新聞2007/7/12 より転載)

奈良市、春日大社の玄関ともいえる、木造朱塗りの
「一の鳥居」(重要文化財)が約45年ぶりに解体修理されることになった。
県教委によると「一の鳥居」の2本の柱の根元には10センチ大の穴が開き内部も
腐食しつつあるという。修理は今年9月にも着手する予定で、約1年をかけて修理をする。
部材などは出来るだけ現存のものを修理して利用し、
色あせの目立つ朱も塗り替えをしていき、美しくよみがえる予定である。
なお、この修理は平成27年に実施される20年に1度本殿修理
「第60次式年造替」に向けた一連の修理事業の“事始め”になる。

-------------------------------------------------------


たしかに、修復前の鳥居は、
かなり色褪せも目立ち、
ちょっと、迫力にかけるお疲れモードな風情でした。(笑)



その後、
半年以上もの長期にわたり、
一の鳥居は姿を消したまま月日は流れ…、

先日の祝日20日に、前を通りがかったときに、
足場が組まれている途中だったので、
ああそろそろ鳥居が復活するのかなぁ〜なんて思っていたところ…、




昨日、前を通りかかったら、

ついに、

まだ途中経過ではあるものの、
囲いの中には、

立派な鳥居が出現していました!






迫力の存在感。









仕上げに、

朱塗りされる ところをぜひ見学したい。ウハッ♪(゚∀゚ )o

【関連過去記事】
12月31日朝の春日大社
おん祭り 動画 お渡り式
本日の空と、「馬ご注意」看板

↓クリックでグーグルの地図に飛びます。



⇒ 近畿の面白情報満載のブログランキングはこちら

応援してね♪






おみくじの結果


昨日、家族が春日大社に初詣に出かけて、
おみくじを引いてきました。

「大吉」でした。



実は私は、
某お寺で、3回連続
「凶」を引いたという稀有な経験の持ち主です。

どうして「連続」なのかと言いますと、

凶を引いてしまったあと、
絶対、凶のまま終わりたくない!と、
すがるように、
即座に次を引いたら、次も凶が出て、
さらにその次も出たというわけです。


まぁ、早いものであれから2年以上経ちますが、
凶を引いたって、
べつに、どうってことないです。

3回引いたって、
今こうして、
健康に生きてるんですから。

ただ、

その年は車の事故に遭いました。(笑)←笑いごとではない(^_^;)
私のかわいい愛車は100万円以上の修理費がかかるほど、
ひどい状態になりました。
(関連過去記事⇒ひと夏の体験

相手の車は、さらにひどい有様でした。

でも、両方の運転手は、
車の破損の割には、
たいした怪我もなく、
もちろん、
後遺症が残ったわけでもなく、
いたって元気です。

これは、考えようによっては、
凶どころか、

不幸中の幸いだったと、
感謝したいくらいです。

まぁ、事故原因はほぼ100%相手の不注意でしたが。
(ホントです…とムキになるのも変ですけど。過失割合は1:9ということでしたけど、実質、修理費用は100%相手側の負担となりました。)

ただ、
やはりというべきか、
それ以来、私は、
おみくじを引くことをためらうようになりました。




で、このように、
おみくじに対して、多少ナーバスな私に対して、

そんな私の心情をおもんばかることなく
私の家族は、
無邪気に、
毎回、
こうして、おみくじを引いて見せてくれます。




しかし、とりあえず、2008年は、

大吉 です。

よかった♪(*^_^*)/





よろしかったら、運だめしをどうぞ!


↓↓↓

大・中・小 三つのバナーのうち、

リンクハズレ2つ

当り1つです。


  



================================
本日のトラちゃん情報


本日も会えず。
明日・あさっても猿沢池周辺は、
多くの人出が予想されるので、
多分、会えないでしょう…。

少し昔の画像を引っ張り出してきました。
トラちゃん元気かな…。

================================





キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM