Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



鹿かわらばん2009年 秋号


朝晩は、めっきり秋の気配ただよう今日この頃…
牡鹿の角も、
袋角から、鋭い枯角へと変化してきました。
覆っている表皮が剥けて、
先端から白くて鋭い角が少しづつ見えてきています。
鹿さんたちの恋の季節到来です。
発情期の牡鹿の鳴き声は秋の風物として歌の題材にもよく登場しますね。

秋さらば今も見るごと妻恋ひに鹿鳴かむ山ぞ高野原の上 


ちなみに、
私がはじめて、牡鹿の鳴き声を耳にしたときは、
女性の悲鳴かと思って警察に通報しそうになりました…。(・.・;)

やっぱり角が立派な鹿さんは、
モテモテなんでしょうね?!(笑)
いずれにせよ、これからの時期、牡鹿は気性が荒くなり、
奈良公園で、牡鹿同士の決闘場面に出くわしたりすることも珍しくありません。
むやみに近づくと危険です。



財団法人 奈良の鹿愛護会から、

鹿かわらばん2009年 秋号 も届きました。



かわいいイラストとともに、
秋の鹿ならではの情報が、
とてもわかりやすく説明されています。


★「奈良の鹿」頭数調査結果 ⇒公式サイトでも発表されています。
★秋は、シカたちの恋の季節(発情期)です!
★「奈良のシカ」の生息環境をまもろう!
★鹿の角きり

鹿の角きり」のお知らせや、
第6回 クリーンキャンペーン「奈良のシカ」生息環境保全運動」のお知らせも同封されていました。


こちらの「鹿かわらばん」は、
奈良の鹿愛護会の会員になれば郵送で届きます。
公式HP

会員には、ほかにもお得な特典いろいろあります♪

会員特典
■鹿の角きり行事を無料で観覧。(毎年10月実施)〔同伴1名様まで無料〕
■特典対象施設を割引料金でご利用可能。
 【対象施設】
  ・奈良県立美術館 
  ・シルクロード交流館 
  ・吉城園 
  ・奈良市写真美術館 
  ・なら奈良館
  ・杉岡華邨書道美術館
  ・春日大社宝物殿 
  ・春日大社神苑 
  ・今西家書院 
  (対象施設は一部変更になる場合があります。)
■抽選により「奈良のシカ」の角が当たります。

さらに、継続加入の会員は、オリジナルグッズが頂けます。

年会費 個人一口 3,000円〜

詳しくはコチラ↓↓↓
奈良の鹿愛護会 入会申し込み


【関連過去記事】
鹿かわらばん2009年 夏号
鹿さんの毛並みと袋角と藤と桜
袋角の季節







鹿かわらばん2009年 夏号


財団法人 奈良の鹿愛護会から、

鹿かわらばん2009年 夏号 が届いてます。



ヘッドラインは、
★シカの赤ちゃん、公園デビュー
★袋角(ふくろづの)に、ご注意!
★平成21年度「鹿の角きり」について


オス鹿の立派な角。
とりわけ今の時期の角は、
「袋角」と呼ばれます。
やわらかい袋角は、現在どんどん成長中。
袋角は傷つくと大量に出血してしまうそうです。
ぜったい、さわってはダメ…とのことですよ〜。注意しましょう!

ポスターコンクールの作品も募集中とのことです。

こちらの「鹿かわらばん」は、
奈良の鹿愛護会の会員になれば郵送で届きます。
公式HP

会員には、ほかにもお得な特典いろいろあります♪

会員特典
■鹿の角きり行事を無料で観覧。(毎年10月実施)〔同伴1名様まで無料〕
■特典対象施設を割引料金でご利用可能。
 【対象施設】
  ・奈良県立美術館 
  ・シルクロード交流館 
  ・吉城園 
  ・奈良市写真美術館 
  ・なら奈良館
  ・杉岡華邨書道美術館
  ・春日大社宝物殿 
  ・春日大社神苑 
  ・今西家書院 
  (対象施設は一部変更になる場合があります。)
■抽選により「奈良のシカ」の角が当たります。

さらに、継続加入の会員は、オリジナルグッズが頂けます。

年会費 個人一口 3,000円〜

詳しくはコチラ↓↓↓
奈良の鹿愛護会 入会申し込み




【関連過去記事】
鹿さんの毛並みと袋角と藤と桜
袋角の季節






かわいい仔鹿


朝靄の浮見堂。








かわいいバンビ発見!


芝を、はみながらも、

うつらうつら、

まどろんでるところが、いかにも赤ちゃんですねぇ〜(笑)






お母さんと並ぶ姿が、またかわいい。






一方、興福寺のほうでは、

立派な角を持つ貫禄の鹿たちがたくさん!









ところで、今朝、

以前から抱いていた疑問を、

興福寺にぶつけてみました。


「秋に、阿修羅さまが帰って来られたら、

奈良でも、もちろん360度グルグル観えるように、

してくださるんですよね?!」




すると、



「まだ、未定です。」


ショック (T▽T;)


お話によると、中金堂 仮金堂での特別展示は確実なんだそうですが、

それ以上の詳細は、

まだ決まっていないそうです。(涙)


とても、気さくな方だったので、

つい調子に乗って、

「東京と福岡で360度観ることができて、

奈良では、正面だけなんて、

ひどいじゃないですか〜」

言っちゃいました。(>_<)

苦笑いされてました…。






お持ち帰り鹿せんべい


多分、ご存知ない方が多いと思いますが、

鹿せんべいお持ち帰りできます。
(売店により違うかもしれませんが、)

「あのぅ、家まで持って帰りたいんです。」
と、申し出ると、

「あっ、はい、はい。じゃぁ袋に入れよか。」

と、白い袋に、
実に手際よく包んでくださったりします。

さらに、

鹿せんべい売店周辺にたむろする鹿達に、

包囲されてしまう前に、

「はやく、はやく、知らんふりしてカバンに入れて!」

と、アドバイスまでしてくださいました。



一束10枚で150円。

今、部屋に鹿せんべいの、

香ばしいにおいが漂っています。

意外に匂いキツイです。


で、この鹿せんべいをどうするのか?


いえ、いえ、私は食べませんよ〜。(笑)

今、お腹すいてないですし。



明日につづく…。






2009年 鹿の赤ちゃん誕生


今年初めてのシカの赤ちゃん誕生の報道を目にしました。

かわいい〜(^−^)

シカ 奈良公園で今年最初の赤ちゃん


鹿愛護会のサイトでもお知らせが掲載されています。
-----------------
子鹿 第1号誕生
平成21年5月10日(日) 午後3時ごろ  
子鹿第1号が鹿苑(ろくえん)で誕生しました。

-----------------



生まれたばかりのバンビには、
くっきり鹿の子模様があります。

それは、この白い斑点が、
春日山山道の木漏れ日の中では、
最高の迷彩模様となって、
小鹿を守っているからだそうです。

なるほど!

あの模様は、
木漏れ日模様だったのですね〜。

実際、奈良公園の春日山遊歩道で、
知らぬうち隠れたバンビに近づいてしまい、
警戒した母シカに襲われた人がいるそうです。

ほとんどの母鹿とその小鹿たちは、
鹿苑(ろくえん)に保護されているようですが、
元来、奈良公園の鹿は野生です。
もしかしたら、
春日山のどこかで人知れず出産している鹿もいるかもしれない…。
鹿苑(ろくえん)の中、外、
どちらの場合も、
子鹿を守るために母鹿は、
たいへんナーバスになっているそうなので、
静かにそっと、
成長ぶりを見守りたいですね。

木漏れ日にご注意ラブ



【鹿カテゴリー過去記事より適当に抜粋】
妊娠中!
2009年鹿寄せ
親子鹿 まさかのバトル
初おじぎバンビ
ああ、喉がかわく!
今日のバンビ
夕暮れバンビ
子鹿バンビ 公園デビューのその後
バンビ 公園デビュー

※鹿親子(イラストバージョン)が登場している過去記事
謎の鹿せんべい現象
「鹿せんべいの売店」仮説
さらに続編…
鹿親子ついに…
白瑠璃碗【1】 第60回正倉院展






妊娠中!


気がつけば、
「鹿寄せ」が終わってました。
もう一回ぐらい行きたかったのですが…

ところで、
今の時期の鹿さんたちは、
換毛期のため毛並みボサボサです。(笑)

さらに、

「あれっ、この鹿、足が短い?!」

って感じるコと、ときどきすれ違ったりします。






聴くところによりますと、

妊娠中なんだそうです。

鹿の妊娠期間は半年。

秋に発情期を迎え、春(5月中旬〜6月上・中旬)に出産ですので、

今、ちょうどお腹が目立ってくる頃なんですね〜ニコニコ


なので、

胴長の鹿さんを見つけたら、

やさしく見守って、

鹿せんべい、あげましょう♪



【関連過去記事】
2009年鹿寄せ
親子鹿 まさかのバトル
初おじぎバンビ
ああ、喉がかわく!
今日のバンビ
夕暮れバンビ
子鹿バンビ 公園デビューのその後
バンビ 公園デビュー

※鹿親子(イラストバージョン)が登場している過去記事
謎の鹿せんべい現象
「鹿せんべいの売店」仮説
さらに続編…
鹿親子ついに…
白瑠璃碗【1】 第60回正倉院展






ああ、喉がかわく!


興福寺境内…。

目の前を、3頭のオス鹿が、

我が物顔で通り過ぎていきます。



あっ、ちょっと待てよ!

まったく、喉がかわいたぜっ!


って、言ったかどうかは不明ですが、



いきなり方向転換して、

お供えのお水を次々、美味しそうに飲んでました。(^_^;)



生意気盛りの象徴のようなミニ角が、

ちょっとかわいい。





【関連過去記事】
2009年鹿寄せ
親子鹿 まさかのバトル
初おじぎバンビ

※鹿親子(イラストバージョン)が登場している過去記事
謎の鹿せんべい現象
「鹿せんべいの売店」仮説
さらに続編…
鹿親子ついに…
白瑠璃碗【1】 第60回正倉院展






2009年鹿寄せ


2月1日から鹿寄せがはじまっています。

----------------------------------
2009年2月1日〜3月15日
開催時間 10:00〜10:15頃 雨天決行
見物無料
問い合わせ先 奈良の鹿愛護会
概要 ナチュラルホルンの音色に誘われて、鹿の群れが集まってくる恒例の観光行事。期間中は連日10:00からの1回のみホルンが吹かれ、10分程度で鹿が集まります。

----------------------------------

私は、2月1日の初日に行ってきました。
でも、飛火野に到着した頃には、
すでに鹿の群れが走って集まったあとで、
鹿団子状態だったんです。(涙)

鹿寄せの醍醐味は、

鹿の群れがホルンの音で、

木々の中からドドド〜っと走ってくる姿ですから、

それを見逃すなんて、行った意味があったのかどうか…。(>_<)

鹿寄せは、遅刻厳禁。

楽しみ半減しますからね。




しかも、初日というだけあって、
人も、たいそう多かったです。




テレビのニュースのカメラ(?)も回ってました。






こんなときも、なぜか、群れから外れて、

オロオロうろたえてる鹿さんがいます。

こういうコを見ると、やけに感情移入してしまう私です。(^_^;)




ところで、

ホルンを吹いていたのは、
鹿愛護会のスタッフのとても若そうなお兄さん。
(↓イラストぜんぜん似てないです。しかも顔色悪いし…ごめんなさい。(>_<)
もっと血色良くて、ジャニーズ系(?)のお兄さんでした。笑)

鹿達はみんな、
もらったどんぐりの実(?)を、
必死で、拾っています。

鹿団子状態!




少し前、「練習を重ねる新人4人」ということで、
ニュース記事になっていました。
↓↓↓
かくかくしかじか鹿草紙:シカ寄せ/下 演奏は交響曲第6番 /奈良
 シカ寄せでホルンを演奏するのは、奈良の鹿(しか)愛護会のスタッフたち。気持ち良さそうに吹いているように見えるが、実は苦労も多い。この冬、初めて演奏に参加したルーキーに、本音を語ってもらった。

毎日新聞 2009年1月21日 地方版

女性奏者のご活躍も楽しみですね。

応援してますよ〜、頑張ってくださいね。
拍手

【関連過去記事】
親子鹿 まさかのバトル







芸は身を助ける?!


先日、夕暮れの春日大社参道をお散歩。

その時に出合った器用に二本足で立って木の葉を食する鹿さんを動画にしました。

この鹿さんについては、以前、イラストつきで記事にしましたが、
厳しい世の中、人間同様、鹿も生き抜くのに必死なんだぁとシンパシー抱きまして…(笑)
ひつこく、
今度は、動画つきで再掲です。

冬は、鹿たちにとって食料が不足気味。
そんな中、こんな特技を持つ鹿さんは、だんぜん有利です。
希少性が価値を持つのは、人間社会でも同じこと?
とはいえ、鹿さんは群れの生き物なので、
協調性ももちろん大切なんでしょうね?
あ、でも雄はハーレムの習性があるらしいので、
「力」がすべてでしょうか?

ま、どうでもいいことを、
いろいろグダグダ考える冬の奈良散歩です…。





動画は、たった16秒ですが、

くれぐれもお忙しい方は、

見ないでください。
(いろんな意味で…^_^;)


ご注意:
※音が出ます 
※アクセスが重なったりのタイミングにより、
 動画が途切れる場合があります。



↓↓↓

別ウィンドウで開きます。
二足歩行も夢じゃない?!奇跡(おおげさっ!)の瞬間。




【動画過去記事】
チャレンジャー亀くんの軌跡

親子鹿 まさかのバトル(←BGM変えてみました♪)











親子鹿 まさかのバトル


昨日、夕暮れに飛火野までお散歩。

その時に出合った親子鹿とのひとときを動画にしました。

昨年春に誕生したばかりのかわいらしいバンビが、

覚えたてのお辞儀を披露してくれました。

しかし、その後、突然、私をおそった悲劇…


43秒、よろしければ、ご覧くださいませ〜


ご注意:
※音が出ます
※ご覧の環境により動画表示に少々時間がかかる場合があります。
 (あるいは稀に動画をご覧いただけないケースがあります。)  
※アクセスが重なったりのタイミングにより、
 動画が途切れる場合があります。
 時間をおいて再度ご覧いただけると嬉しいです。



↓↓↓

別ウィンドウで開きます。
おじぎバンビ、かわいいです♪








キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM