Yahoo!検索

  • なら散策日記【鹿と亀と猫と犬の日々】内を検索
  •  ウェブ全体を検索



鹿の角きり


本日も、晴天なり。
奈良公園も、たくさんの観光客でにぎわっていました。
今日と明日も、鹿の角きり実施されています。
案内はコチラ→奈良の鹿愛護会

下の写真は、一昨年に行った時のものです。


はっぴ姿の勢子(せこ)と呼ばれる人たちに、
追い詰められて逃げまどう鹿の必死の様子が、かなり迫力で、
その足の速さは時速40キロにも及ぶとアナウンスの説明がありました。



捕らえられた鹿は、神官が、鹿の気を静めるため水を含ませ、
のこぎりで角を素早く切ります。

素人の目には、必死で逃げる鹿が、気の毒に見えるし、
鹿を捕らえ、角を切らなければならない人間のほうも、
かなりの危険にさらされるように見受けられます。

ですが、角を切らないと、
秋になり、固く鋭くなった角を持つ鹿たちが発情期を迎え、
お互いに突きあって死んだり、人も怪我をしたりして、
角を放置しておくほうが、よほど危ないらしいです。

今年で330余年続いてきた大切な行事です。

応援してね♪人気blogランキング参加中!近畿の面白ブログ満載です。
じわじわ順位上昇中!ありがとうございます。






興福寺 北円堂秋の特別開扉




普段は、入ることができない北円堂の特別開扉期間です。

手入れの行き届いた美しい塀の中には、普段は、ニャンコしか
入ることができません。


でも、ときどき、不思議なことに鹿も入ってます。
どうやって入ってるのか謎です…

八角形の堂内には、
運慶一門の手による本尊の木造弥勒如来坐像(国宝)、
木造無著・世親菩薩立像(国宝)、四天王立像(国宝)が安置されており、
運慶ワールドが広がっています。

仏像がお好きな方、必見です。
======
◎国宝特別公開−2006−
 午前9時から午後5時
 北円堂・仮金堂・三重塔・国宝館(板彫十二神将展)
 一般共通券 1,300円・興福寺友の会員 450円

======



本日、快晴の奈良は、たくさんの観光客でした。
そして、秋らしい夕焼け空でしめくくりです。
うろこ雲、すじ雲、いわし雲、

本当に、秋の空は「天が高い」です。

友人曰く、
「秋は高気圧がやってきて、雲の位置がいつもより高いから、
 だから空の高さも、実際にいつもより高いねん。」

ホントかな〜
半信半疑だったけど、調べたら本当でした。(笑)
地上から約5000m〜13000mくらいのところだそうです。

ちなみに、雨雲は、低くて約2000m以下にできるそうです。

そういえば、天気の悪い日など、春日山や生駒山の山頂すれすれの
ところに暗雲が乗っかってますね。

応援してね♪人気blogランキング参加中!近畿の面白ブログ満載です。
じわじわ順位上昇中!ありがとうございます。






「采女祭」準備の模様




今朝いつものように猿沢池を通りかかると、
明日開催予定の、
采女祭(うねめまつり)準備が行われていました。
毎年、中秋の名月の日に行われる祭りで、
その昔、猿沢池に身を投げて自らの命を絶った采女の霊を慰めるためと言われています。
明日はあいにくのお天気のようですが…

応援してね♪人気blogランキング参加中!近畿の面白ブログ満載です。
じわじわ順位上昇中!ありがとうございます。






若草山 山開き




昨日9月9日から若草山で、山開きが行われました。
遠くから毎日眺める若草山ですが、
近いうちにまた登りに行きたいものです。

342メートル、頂上からの眺めは素晴らしい。

応援してね♪人気blogランキング参加中!






鹿の角きり




鹿の角きりまで、あと一ヶ月ちょっと。
立派に伸びてます!

手前の貫禄鹿は、5歳…
後ろの鹿は、4歳…かな?

鹿の角きり行事日程はコチラでご覧になれます。
財団法人 奈良の鹿愛護会






元興寺地蔵会万燈供養




いつも前を通る世界遺産の元興寺が、昨晩は「地蔵会万燈供養」で
たいそう賑わってました。
フラッシュで撮ると、幻想的な雰囲気がすっかり失われてしまってちょっと残念です。
(しかも、奥のほうにポワポワした何か白いモノが写ってます…)

夜9時の終わり間際にほんの数分、境内に入って、雰囲気だけ楽しみました。
二日目の今日は、奈良の料理人の屋台料理があったり、奉納演奏などの多彩な催しものが行われるそうです。

これで、そろそろ夏の行事もほぼ終了で、
小学生の頃の、夏休みの宿題に焦りまくりのいやな気分がよみがえってくる時期です。
当時仲良しだったマキちゃんは、いっつも7月中にすべての宿題を終わらせてしまうスゴイ人でした。
「私、きっちり者やから」というのが彼女の口癖でしたが、もちろん
私を含む他の仲良しグループの誰もが、それに異論を唱えるものもいない自他ともに認める「きっちりフリーク」!「きっちりマニア」!?。
彼女は、その後、どんな人生を送っているのかな〜。

などと、とめどもなく想いは巡りつつも、
まだまだ酷暑は続くのでありました。








なら燈花会



今年も始まりました、なら燈花会。
だんだん規模も大きくなり、評判も高まっているようで、
今年は、初日から猿沢池の辺りもにぎわってました。






第57回正倉院展



正倉院展行ってきました。
朝から雨降りだったので、少しは人も少ないかと思いきや、
入場制限!長蛇の列の混雑ぶりに、酸欠で倒れそうでした。
よく考えてみればツアーで奈良へお越しの皆様には、
天気は関係ありませんよね。
しかも、今年はテロが心配の海外よりは、国内旅行が人気ということで、
結果、例年より多く人が集まっている模様です。

一番、印象に残っているのは、
「北倉 紺牙撥鏤棊子(こんげばちるのきし)」
現代で言うところの碁石だと思うのですが、
直径1〜2cm程度の丸い象牙を赤と黒に染め、
ひとつひとつの裏表に、鳥の彫り物が施されたもので、
とにかく、優雅でかわいい。

黄色みを帯びた優しい赤は、インド茜の染料だそうです。
聖武天皇と光明皇后が、手に取った天平の赤と黒の碁石が、
そのまま色褪ることなく
1300年後の私の目の前に存在していることの不思議に感動です。

帰りは、定番の志津香の釜飯で締めくくり。今日も美味しかった!

奈良国立博物館へは、興福寺境内の徒歩(15分程度)コースがおすすめです。
興福寺 北円堂も特別開中。





キラキラ奈良市観光協会公式HP
キラキラ奈良県 観光情報
キラキラNara City Sightseeing
・奈良県復興ポータルサイト
・NPOセンター 奈良災害支援ネット

緊急災害時動物救援本部
被災犬&被災猫レスキュー 東北地震犬猫レスキュー.com





profile



↓↓↓なら散策日記チャンネル


奈良市在住10年目の一般奈良市民が、何気ない普段の奈良の日々をつづった趣味ブログです。
美しい自然と、奈良公園の鹿・猿沢池の亀・奈良町ニャンコ達に挨拶する毎日に感謝。
素敵な奈良の素顔が、伝わればいいなぁ…(*^_^*)




selected entries

mobile

qrcode

里親募集

categories

奈良の書籍コーナーはこちらです。

archives

links

calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


--------------------

ごゆっくりどうぞ♪(*^_^*)
--------------------


others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM